スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
出張につき更新が減っております。更新リストやコメントの反映は遅れてしまいますので、ご了承をお願い致します。

サイトの幅とかちょっといじってるので反映されない場合、キャッシュ削除とか更新とか試してみてください。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
2/22
クワトロが天使と交渉するようです
2/21
やる夫は好敵手達と戦い抜くようです
2/18
slip back (k)not
2/14
できない夫達は、愛を探すようです。
1/11
やる夫たちは怪奇現象から街を護るようです!
12/29
やる夫は量産型のようです
不良娘と生徒会長
12/25
暗殺JK ルビー・ローズ 今日も憑かれてます!!
12/20
やる夫は真実を書かない
12/19
JKと呪いと時々オタク
12/7
ゼンイツは七つの宝石を取り戻すようです
12/3
スタンド使いやる夫の社会人生活
11/28
トラブルバスター キョウコ
11/25
さやかの愉快な日常生活
11/23
あんこ時々安価で無人島生活
11/11
山賊王女 第1話
11/3
理想郷の魔女たち ~賢者からの手紙~
11/2
奇跡の東堂
10/31
教えます。恋愛小説の書き方
10/22
勇気とはつまり、10円ぐらいのアレ



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)

Firefox(※AAの表示は大丈夫だと思いますが、あまり確認できていません。)

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
スポンサーリンク
カテゴリ
カウンター

PV


UA



Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

たっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっくさん召喚されてきたお話 その2

小話目次

その1


3322 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:03:55 ID:a72c3m32





.        ト..             _
.        |//,>‐…   ‐<///|
   o    |/        \/|、
    ゚。 ,   __ ト、 }j__   ` ‘,
      ノイ ´j/ノ ∨ハト、 i,   i
.      八 /    /`    Ⅵ   |i
      i  Ⅵ ==  ==  厶ィ  !|
.     八   {           ぅ}  j八               体調が良くならない・・・・みなさんこんばんはです、
        Ⅵ >  _。_  イ¨´/}/
        ⌒^  r{v_y_ }/                  寒暖差と雨は辛いですね、今日も投下を頑張りますね、お暇な方はどうぞです。
                {//ハ ‘,
              〈///∧‘,                  すみませんが今日も短いのになります。
             xく=<ミxヘ_xヘ
            {:::/::|:::i::ヽ:人ノ   /7
            TT:|_:jイ::}====彡'
               レ |:|:::ト、|
             |:|:::|
             ヒヒリ





3335 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:17:54 ID:a72c3m32



―たっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっくさん召喚されてきたお話




   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |                ―葛葉の落ちこぼれ それが俺に付けられた烙印だ。
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |



3336 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 21:18:52 ID:O9nFqEYy

四天王候補とかではなかったのね。



3338 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:19:35 ID:a72c3m32





   / ̄ ̄\
  /ヽ、_    \
. ((● )     |
. (ノ、__)      |
 .|⌒´       |               俺には両親や兄のような葛葉としての力を持たなかった。
.  |        |
.  ヽ      /                いや、寧ろ全く才能がなかった。
   ヽ     /
   .>    <                 デビルバスターとしての才能も デビルサマナーとしての才能もない
   |     |
    |     |                 得意とする物もなにもなく、漸く魔界魔法が使える様になった時には、全てにおいて抜かれていた。



3342 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:21:11 ID:a72c3m32





   / ̄ ̄\
  /ヽ、_    \
. ((● )     |
. (ノ、__)      |
 .|⌒´       |                いっぱしの葛葉なら10歳前後にはレベル5に到達している
.  |        |
.  ヽ      /                だが、俺は何の才能もなく、レベルは1のままだった。
   ヽ     /
   .>    <                  家族は見限り、俺は普通の人間として社会に生きる事になった。
   |     |
    |     |



3343 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:23:03 ID:a72c3m32





   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |
.  |           |               俺と同期の人間は、あっという間にレベル20を超え、葛葉四天王になれる才覚を持っていた
.  ヽ       /
   ヽ      /                妹はそこまでの実力はなくても、レベル8という驚異的な実力を持っていた。
   >     <
   |      |                 レベル1ですら、人間にとっては超人だ。 俺ですら全力で走れば100メートルを8秒で走れる
    |      |
                          だが、所詮その程度だ。



3345 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:24:27 ID:a72c3m32





   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │            妹には落胆され、家族には見放され・・・俺は諦めた。
  |   `⌒ ´   |
.  |           |             普通の一般人として、中学生になり、友人に出会えた。
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |



3346 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:25:36 ID:a72c3m32



  やる夫は俺に初めてできた友人だった。

  どこにでも居るちょっと小太りな中学生

  ゲームが好きで、ちょっとエロくて、ふたりでよく遊んでいた。




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  ヽ   .____
 |   ( ⌒)(⌒)/⌒  ⌒\
. |     (__人__) .(●) ( ●)\
  |     ` ⌒ノ ⌒(__人__)⌒:::::\
.  ヽ       } .   |r┬-|    . |
   .ゝ_,.   ノ____`ー'´___./
 -(___.)-(__)___.)─(___)─



3347 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 21:26:01 ID:O9nFqEYy

まだ召喚される前の頃か。



3348 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:27:44 ID:a72c3m32





     / ̄ ̄\
   /  ー  ‐\
   |   ( ●) ( ●)     ___
   |     (__人__)    / ー  ー\       ηノノ
   |      `i  i´ノ  / ( ●) ( ●)      ノ, ∃
   |   .   `⌒ }  ./     (__人__) ヽ   ./ ./´
   ヽ       .}  |      `i  i´  | ./  /              中学の3年になる頃には、もう家族への未練も、強さへの未練もなくなった。
    ヽ     ノ    \ _    `⌒  /  ./
   /      ヽ   /      ⌒    /                 やる夫のお陰で、世界には戦い以外の幸せがある事に気付いたのだ
  /         ヽ, ./  .        /
  /  /      }  | .|  |        |                    俺は一応レベル1、その力でちょっとずるして社会を生きようなんて考えてた
 .|  .{.      .|  | ヽ、 \       |
 .|  .|.      .|  |   |\ ヽ     .ノ                    やる夫は、ゲームキャラと結婚するにはどうしたらいいですかと相談してきた

                                             諦めろと言うしか出来なかった。



3352 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:29:10 ID:a72c3m32





     / ̄ ̄\
   /  ー  ‐\
   |   ( ●) ( ●)___                         二人仲良く、そこそこの高校に入り、
   |     (__人__)´ ー  ー\
   |      `i  i´ノ( ●) ( ●)                      勉強したり、遊んだりしながら、日々を謳歌する。
   |   .   `⌒ }   (__人__) ヽ
   ヽ       .}    `i  i´  |                     その頃には俺はバイトなどで一人暮らしをしてたので
    ヽ     ノ、_    `⌒_/
    /⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ⌒ `i                      家族の事はもう片隅にも残っていない。 彼等は彼等で
    /    r―――――――‐‐'
    l      ( ̄レワ   /  |                       裏から世界を守ってくれればいいだろう。 寧ろ俺達の平和のためにお願いします
    |       \ \/ /  |
    |       | \_/   |



3353 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:31:06 ID:a72c3m32





                                 ,ィ  ̄ ̄`ヽ
             ___            / ー、_     \
              /     \         l, (● )       |
            /  ⌒   ⌒\          i,!、_)       .|              高校生活は楽しく、そしてやる夫のお陰で
          /   ( ●) ( <)ヽ         1⌒       l
    , ―-、 l     ⌒(__人__)⌒ |          l          /              俺は、考えてもいなかった、彼女が出来た。 裏の世界でそんなものは無理だ
    | -⊂)\    ` ⌒´   /         ヽ      /
     |  |_ /           、 \         .ノ    .く                特に葛葉は優秀なら優秀なほど、嫁などは、上から押し付けられる
     ヽ  ` ,.|        |  |           |      |
       `- ´ |        .|   |           |       |                そこに恋だの愛だのはなく、偏に世界の為に、強い子供を・・・だ
.          |         (t  )          |       |



3354 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:32:39 ID:a72c3m32





       / ̄ ̄\
.     /         \
     |.   /     \l
     |.   ( へ)(へ)|
     l    U(_人__)|   / ̄ ̄ ̄\
     |     ヽ、_/ |  //   \  \                     時には喧嘩したり、仲直りしたり、色々と
     |         |/ (へ )  (へ )   .\
     ヽ.         /|  (_人_)U    |                   楽しい高校生活だった。 俺が今の様にいられるのもやる夫のお陰だ。
       >      イ  \  ヽ___/     /
      /       |⌒ヽ-i              i                    だからこそ・・・・あいつが、この時期から少しずつ変わっていったのが
      |  ───┴―‐⌒ヽ ̄ ̄ ̄ ̄    i
      |  ________ノ───―‐   |                    とても辛かった。



3356 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 21:33:33 ID:O9nFqEYy

召喚され始めたのね・・・。



3357 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:34:27 ID:a72c3m32





                    ,  -―  ―- 、
                 /            \
           /              \
              /                  ヽ
          /                    、
           /             ー―'      |
        /          rc、、   、     、  |
        |            ヽ\\  丶     ヽ. |
        |            l//|.\ン        |                   ある日、やる夫が数日休んだ。 あいつはずる休みとかする奴じゃあない
        |             .! j     /、─   /
      _ . イ三三ニ=、     ノ/´゜    \\ /                    もしかしたら何かがあったのかと、俺はあいつに会いに行った。
    ∠三三三三三三ハ:    /。゚        !ヽJ
  /三三三三三三三ニ| \ノ/ ヽ__,ノ、__j   し'                      そこには、今まで見た事がないほどに泣きじゃくっているやる夫の姿があった。
. /三三三三三三三三ニ|\ゝ'、         ノ
. /三三三三、三三三三ニ|  \/|`ー―― '
/三三三三三、三三三三jレ‐´ ̄ヽ三ヽ
三三三三三三',三三三=|´三ニ=、 `}三ニ、



3358 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:35:54 ID:a72c3m32





                 _______ ____
                /         (__ ゝ
              /           (___ヽ_
             /   ──     ──  (__ _ ヽ_             その日からやる夫は少しずつ変わった。
           /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈
          /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \            普段のやる夫の様にもみえ、だがそれは演技だと言うのを理解できた
          |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )
          |       (    i    )       |三三)           まるで、長い間戦ってきたかのような・・・そう、それは目の前にライドウがいるのではないかと
          \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
            \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|           錯覚するほどに。
             〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|



3359 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:37:24 ID:a72c3m32





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ               ライドウは一度だけ見た事がある。
.  |         }
.  ヽ        }                葛葉の切り札、14代目ライドウ。 レベルはこの世界の人間、悪魔含めて最大と言われる
   ヽ     ノ
   .>    <                  レベル50。 それ以上の存在は余程の儀式を行わねば召喚出来ないし、どれだけの生贄が必要になるか
   |     |
    |     |                  俺には遠い世界だ。



3361 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 21:38:44 ID:O9nFqEYy

そりゃ70のアーリマンとかヤバいなんてレベルじゃないな。



3360 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:38:39 ID:a72c3m32





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ            いや、そんなものはどうだっていい。
.  |         }
.  ヽ        }             友達が、親友と言っていいほどの親友が、あんな表情をしているのが辛かった。
   ヽ     ノ
   .>    <               そして・・・俺には相談出来ないのかと・・・それが悔しかった。
   |     |
    |     |



3363 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:39:56 ID:a72c3m32





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ              そして、それは日がたつにつれ・・・顕著になる。
.  |         }
.  ヽ        }               高校1年の時は、それだけだった。 しかし高校2年の時に、やる夫はまた数日居なくなった
   ヽ     ノ
   .>    <                 そして戻ってきた時・・・・あれほど荒れ狂ったやる夫を見たのは最初で最後だ。
   |     |
    |     |



3366 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:42:33 ID:a72c3m32





          ( ⌒ ヽ
    , ─ 、   (    )
  (_l_l_l_ j    ///
  ヽ ⊂ノ,.-―‐-、            ⌒ヽ
    |  ./      \    /^)、. (    )                          それでも俺の前ではあいつは普段通りだった。
    |  |  ノ    ヽ |     /⊃ヽ_)  ー \\   ____
    |  |   (>)(<)|  / __ノ           /      \                それが俺にとってはとてもつらく・・・・
    |  |   ,.-(_人_)|./ ./           /  \     \
    |  |. /    / .|  /               ' (<)         \             だが、俺程度では何もできない・・・・そこからやる夫の行き成りの休みは
   |  l ヽ.__/  |/               (人__)-、        |
.   |  \____/               _  ⊂ノ         /             何回も起き・・・俺はついに、我慢できずに追及した。
    /        /               (  \ ̄           l
.   /         /                \  \          |



3367 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:44:06 ID:a72c3m32





                 _______ ____
                /         (__ ゝ
              /           (___ヽ_
             /   ──     ──  (__ _ ヽ_
           /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈
          /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \                 【異世界に召喚されてたって言ったら、おまいは信じるかお?】
          |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )
          |       (    i    )       |三三)
          \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
            \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
             〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|





                 / ̄ ̄\
                /   _,ノ `ヽ
                |    ( ●)(●)
               |    (___人__)
                   |        ノ
                |        |
                人         |
              _,,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノゝ
           _, -'":::l:::::::\,、ー―‐ヽノ:::::'
          /:::::::::::::::|::::::::::ヽ、     ヽ:::',.、_                   【信じる】
          { :::::::::::.:::::|::.:::/:::`、    .{ヽ|:....`ヽ
          | :::::::::::.:::::|/:.::::::::::`、    .i.::リ:::::::::ヽ
             | ::::::::::::::::::::::::::::i_.::::::|     i::::::::::ヽ::ゝ
           ト、:::/ / ̄`` ハ.:::::::|     i::::::::::::!::::.ヽ
             `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ.:::::::|     i::::::::::::|:_,rー'、
           }:,∨ :::::::::::::::::: ト、.::::|     i:.>< ̄\.\
            .}:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム::ヽ
             l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::ヽ}
            {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::ノ



3368 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 21:44:34 ID:XMTVS1n+

大根はそっち系の裏社会の人間だもんな


3369 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 21:45:00 ID:O9nFqEYy

意外とそういう話は他にもあったのかな。



3370 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:46:07 ID:a72c3m32





                  _____
                /         \
               / .,.、_    __ ,- .ヽ\
             /  | | | |  : | | | `l   \
            /  ,,,==、、| | .|  ! !=,,,|     \
          /    .ll、 )ll|  !. | |l  ll|l  |    \
          |     ゙゙==''      ゙゙=''゙゙      .|
   ___.      |        (__人__)            |                【はやくね!?】
   \,      \       |::::::::::::::::::|        /
   /         \       |::::::::::::::::::|       /
    ̄ ̄        〉三三三》     《三三三〈






                 / ̄ ̄ \
              ⌒´ ヽ、,_  \
             (●).(● )    |
             (__人___)     .|
                  '、           |
                 |        |
             ,.-ー/i-、_     /l、
         /.../:{. i_ {_γ、__ ∠'、!\ 、_
.           /:::::<:::::{. i_ l_ i_ {  _/i:::::::゙、::::::::..\                【お前は知らないかもしれんが、意外とこの世界は漫画やアニメの世界に似通ってるんだ
          /.::::::::::\} .i _i l_ {_ニ゙/!:::::/::::::::::::..ヽ
       /.:::::::::ノ/r "~'ヽj_ {    |:::::\:::::::::::::::::. ',               転生者もそれなりにいるし、悪魔や天使だって実は存在してるだろ
      /.:::::::::::>ー、j.‐-  / {    |::::::::::ヽ:::::::::::::::::: }
     /.::::::::::::::トヽ、⌒ γ  i   |:::::::::::/,':::::::::::::::::: i              異世界云々は初めて聞くが、お前はそう言ったくだらない嘘はつかない。
    /.::::::::::::::::::l::::'、ゝ、 {   ソヽ、|::::::::/::::} :::::::::::::::::: i
   /.::::::::::::::::::::::l:::::::゙、::|`ト、__/::/:::.\::/:::::::i ::::::::::::::::::  i             こういう真面目なと時にはな・・・どれだけ友達やってると思ってる】
.  /`-::::::::::::::::::/l:::::::::゙、|  `,ー::::::::::::::::::::..ヽ::::::i ::::::::::::::::: i
  / .::::::::::::::::::::/ l::::::::::::|   ヽ:::::::::::::::::::::::::::..、::::::::::::::::::::: i



3373 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:47:57 ID:a72c3m32





             r‐、____
.             ノ「`| }    \
         r‐{ | | {  / ) u \
          | {| ∨ し' / _,ハ
.         /| ヽ      /  ( ○〈\
        {│        {    (  ) \
.         ヽ       } し  >=f    \__
.            \    /    {┬{   /二=-_
         ___|____|__     `⌒} /二二ニニ=-_                   そして教えてもらったやる夫の運命・・・・
.       =ニ二二|二二二二|      「〈二二二二二ニ=-_
.   _=ニニ二二|二二二二|≧=‐┬'_\二二二二二ニニ=-__              たった一度の召喚だけだった筈が、2回目も呼ばれ、その2回目にして
   |ニニ二二二|二二二二|_____」__\二\二二二二二ニニ=_
   |ニニニ二二|二二二二|\     |ニ二\二二二二二二二_            やる夫はどうしようもない呪いを受けた。本来なら英雄と呼ばれて当たり前の存在に
   |ニニニニ二|二二二二|ニ|       |ニ二二ヽ二二二二二二二_
   |ニニニニニ|二二二二|ニ|      |ニニ二二ト、二二二二二ニ=            やっていい仕打ちではなかった。
   |ニニニ=- /ニニニ二|ニ|       |二二ニ{二二二二二二=-
   \ニニ=/ニニニニニ|二|      |ニニ二レ'´ ̄`¨¨¨¨¨´
      }\ニ二二二二二|二|        |ニニニ|
     |二\ニニニニニ/二|      |ニニニ|
..    |二二\三三/二二|      |ニニ二|
.      |ニニ二二二二二二|         |ニニニ|



3375 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:49:33 ID:a72c3m32





             r‐、____
.             ノ「`| }    \
         r‐{ | | {  / ) u \
          | {| ∨ し' / _,ハ
.         /| ヽ      /  ( ○〈\
        {│        {    (  ) \
.         ヽ       } し  >=f    \__
.            \    /    {┬{   /二=-_
         ___|____|__     `⌒} /二二ニニ=-_                    高校2年の後半になるまでに、すでに10回以上も召喚されては
.       =ニ二二|二二二二|      「〈二二二二二ニ=-_
.   _=ニニ二二|二二二二|≧=‐┬'_\二二二二二ニニ=-__                世界を救ったり、世界の敵になったり、神を殺していたりしたやる夫
   |ニニ二二二|二二二二|_____」__\二\二二二二二ニニ=_
   |ニニニ二二|二二二二|\     |ニ二\二二二二二二二_              もう二度と、普通の生活を送る事が出来ないと、涙を流す親友に
   |ニニニニ二|二二二二|ニ|       |ニ二二ヽ二二二二二二二_
   |ニニニニニ|二二二二|ニ|      |ニニ二二ト、二二二二二ニ=             俺は、強く抱きしめてやる事しかできなかった。
   |ニニニ=- /ニニニ二|ニ|       |二二ニ{二二二二二二=-
   \ニニ=/ニニニニニ|二|      |ニニ二レ'´ ̄`¨¨¨¨¨´
      }\ニ二二二二二|二|        |ニニニ|
     |二\ニニニニニ/二|      |ニニニ|
..    |二二\三三/二二|      |ニニ二|
.      |ニニ二二二二二二|         |ニニニ|



3377 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:51:26 ID:a72c3m32





            _                         / ̄ ̄\
        '´ \                   / _ノ  ヽ、_ \
         {     \               | ( ●)(● ) |
        ∧      \               |  (__人__)  │
          ヽ      \             |   `⌒ ´   |
            \.     \.             |           |
             ` 、._,   \._______  ヽ       /                このままではやる夫は地球での立ち位置がなくなってしまう。
                 ノ \.    \::::::::::\:::::: \ ̄ ̄!   /
__   --─‐  ¨´  ,.、-―'     `丶、::::::::::::::::::ヽ::::::|ー─<:Τ ̄ ̄ア            俺は覚悟を決めた。 そしてそのためには強くなるしかなかった。
             /    /     `` ー──x :L.   `|:::::::::/
、___  -‐≠¬  |      /             ノ::::::  ̄| {:::::/-、_            諦めていたこの弱さを、どうにかして、この地球での立場を作らなくてはと思ったのだ。
        ,. '′           |     >───一'′:::::::::::|  |:::::`ー、::`-、
    ,.  ´  /j   ん    ,/─ァ一'′:/:::::::/:::::::::::::::::::: !   |:::::::::/:::::/ !         恐らくやる夫は地球で一般人のような生活は送る事が出来なくなるだろう
_,.  ´     / /  /\`ー‐'´~/::::_,.r<__/:::/::::::::::::::::::|  │:::/:::::/::::|
、     /   /  /    ̄ ̄ ̄ ̄´    V:::::::/:::::::::::::::::::::: !    ∨:::::::!::r'          普通に働いて、普通に生きる・・・俺ですら出来ていた事が出来なくなる。
  ー一'´  ,ノ  ,/             ∨::::::::::::::::::::::::::::::∧   ∨:::::!/
       (__/                    ∨:::::::::::::::::::::::::::::∧.   ∨::|
                              \/:::::::::::::::::::::::::∧    ∨!



3378 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 21:52:18 ID:O9nFqEYy

やらない夫が強くなれた理由が分かった。


3379 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 21:52:48 ID:K7GBE9hO

いい漢すぎる・・・(涙



3380 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:53:13 ID:a72c3m32





            _                         / ̄ ̄\
        '´ \                   / _ノ  ヽ、_ \
         {     \               | ( ●)(● ) |
        ∧      \               |  (__人__)  │
          ヽ      \             |   `⌒ ´   |
            \.     \.             |           |
             ` 、._,   \._______  ヽ       /
                 ノ \.    \::::::::::\:::::: \ ̄ ̄!   /                       強くなれば裏の世界で立場が作れる。
__   --─‐  ¨´  ,.、-―'     `丶、::::::::::::::::::ヽ::::::|ー─<:Τ ̄ ̄ア
             /    /     `` ー──x :L.   `|:::::::::/                   そうして、やる夫の為に、せめて戻ってきた時にやる夫が少しでも
、___  -‐≠¬  |      /             ノ::::::  ̄| {:::::/-、_
        ,. '′           |     >───一'′:::::::::::|  |:::::`ー、::`-、                安心できる様に、その為の場所を作ってやりたい
    ,.  ´  /j   ん    ,/─ァ一'′:/:::::::/:::::::::::::::::::: !   |:::::::::/:::::/ !
_,.  ´     / /  /\`ー‐'´~/::::_,.r<__/:::/::::::::::::::::::|  │:::/:::::/::::|                やる夫は腐っていた俺を立ち直らせてくれた親友なのだ。
、     /   /  /    ̄ ̄ ̄ ̄´    V:::::::/:::::::::::::::::::::: !    ∨:::::::!::r'
  ー一'´  ,ノ  ,/             ∨::::::::::::::::::::::::::::::∧   ∨:::::!/                 ならば今度は俺の番だ。  今のやる夫を放置なんて出来ないし
       (__/                    ∨:::::::::::::::::::::::::::::∧.   ∨::|
                              \/:::::::::::::::::::::::::∧    ∨!                  彼女にも怒られるだろう。



3381 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:55:18 ID:a72c3m32





                 / ̄ ̄\
               /   _ノ  \
               |   ( ●)(●)
            |    (__人__)
                |     ` ⌒´ノ
             |         }
             「 ̄~7       }                            俺はやる夫に頼み込み、修行を付けてもらった。
          __  V::::::ト、_   _ノ          ,/\
.       /:::::::::`ヾ\└‐ァ`T::::::>       / _ /                  そのおかげで、俺は異世界の魔法と技術を手に入れ
       {::::::::::::::::::i::::::::::/、 l::<.         \//〉
       ヽ::::::::::::::::〉 ::::::}   ヽ/ ゙̄i      ,///)                   眠っていたデビルサマナーとしての力も手に入れた。
.          ∨::::::::::∧::::::l    !::::::::ハ.    / '/
.         ∨:::::::::┴‐┴─‐┴┬┬┐、ノ  / っ                    はっきり言ってこの世界では過剰な力だが、やる夫の前では
          ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::|::::l ̄  ,/ィ´
.           ∨______j__,|__,!二二)、`ヽ. r‐                  ラスボスの前の村人Aだ。 それに俺は強くなって何かしたい訳でもない
           ∨:::::::::;r'´ ̄\{ ((___)) ̄/ /    ____
─- __    /`丶、V::::::::|_〉、   ヾ、 〉───'´ /,/   ,」  r―‐/         あいつの居場所を作るために、力が欲しかっただけだ。
::::::::::::::::`丶∠_:::::::::::::`/〉、:::::ト-ヘ__ノ::`rr┬‐┬rx|/_,. -‐ ´    l /7
.::::::::::::::::::::::::::::::: ̄:::ー/ /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| {i⌒i} | ̄           |//



3382 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 21:55:32 ID:XMTVS1n+

これが本当の友情だ



3385 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:57:46 ID:a72c3m32





             / ̄ ̄\
           / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |
          . |   (__人__)  |
            |   ` ⌒´  |                      そして、気が付けばこの世界の最高峰でもあるライドウすら超え
          .  |         }
          .  ヽ        }                       大天使や魔王、魔神、邪神よりも強くなっていた。
               ,、ヽ     ノ-、
             /;;;i/      '、!\                     ある意味じゃシンデレラストーリーみたいなもんか。
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,              急遽手のひらを返してきた両親には絶縁状叩きつけてきた。
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|              今はフリーのサマナーとして生活している。
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;; |             苗字も捨てたかったんだが、何故か妹に死ぬほど反対されて、とりあえずは使ってる



3386 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 21:58:54 ID:/b2Hiws+

妹が香ばしくなってるなぁw



3387 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 21:59:07 ID:a72c3m32





             / ̄ ̄\
           / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |
          . |   (__人__)  |
            |   ` ⌒´  |
          .  |         }
          .  ヽ        }                   ヤタガラスや葛葉がしょっちゅう勧誘に来るがスルー。 15代目ライドウになれ?
               ,、ヽ     ノ-、
             /;;;i/      '、!\                 ばかじゃねぇの? 俺が使える技術に、葛葉の技術なんてほとんどないよ
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,          使える魔界魔法なんて、アギとパトラだけよ??
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|



3388 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 21:59:13 ID:O9nFqEYy

葛葉の名前がいざって時に役立つ時もあろうさ。



3391 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 22:00:58 ID:a72c3m32





          / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    ( ●)(●
           |      (__人__)
          |,      ` ⌒´ノ
         │         }
          ヽ、      ソ
         イ斗┴r┐` .;
   / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、                      手に入れた仲魔も、基本的にやる夫が見つけて来てくれた奴を貰ってるしな・・
  /     \ ∨\  |,ベ._ / |
  {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_                     一応戦って倒すか認められて仲間になってる。
  |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
  :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,                  一部の仲間は俺より強いしな・・・・うん。 制御? ただの信頼関係です
   ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
   `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_                一応デビルサマナーって名乗ってるけど、悪魔なんて数体しかいねぇや
    }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
     }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
      〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
    {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



3393 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 22:02:41 ID:a72c3m32





                      -―     ―-
                    ´                `  .
               /     「 ̄               、
              /       .∧                  \
                        ∧   、     ヽ         ヘ
            ./    ′     小   ,、     ∨  ‘,      ∧
               ′   /i  l ヽ  ‘,\   ∨.  ‘,     ‘,
            ′  .′  /_,L 十 \. ‘,. \  ヽ\. ‘,       ',
              .     ィ´ ,  !   \‘,  \.  \\ヘ      i
          .′   | i   :|: ‘, :ト、     \.  |\.  \\    i |
          /    |∧  |  ‘,| ヽ    | ‘,!  ヘ斗、. \   :| |
         ./ イ / |  | ヘ x笊芋ミx、  \  :| 斗笊ミx、| :|  ̄   :| 小
        / ´:|/ /! ヘ.  〈:f  ィ’ :il     \|  ィ’ :}iヾ∨ /   l  | '
       / ./ィ |  ∧  ヾ ゞ ___リ         {i  ,リ }/ /   l  ハ |
         /小 |  ∧ !: : : :¨´            ゞ=≦ / /    l  ' ヘ|
           iヘ. l   .∧:i: : : : : :     ′    : : : : /イ     l .′
           | ヘ l   .ハ| 、            : : : : :/1     リ ′
          .八 ハ l    l  \    `    ´      .ィ l    /|: ′
             \ l   ハ  {: O。.        . .イ /:l    / :| ′                      あ、ちなみに嫁さんです(惚気
              l   i ∧| 7 >   . < 「^:| ∧l   /  |:′
             ∧  :| /ヘ.| ヽ   ≧`´=≦ .ノ  / l   /_  :|′
             レヘ |′ ヽ  ≧ .,_,. ≦  /.  ! ./ \≧ー ‐ 、                    若く見えるだろ? 勿論若いんだなこれが、年齢は同じだけど
          ,.  ≦   ヘ |    \     }: 〈 Yヾ ) l /.   \ニ=- ヽ
       r≦   -=ニ=-ハ|:       \    :{ ∧人. ヾ/}      >、 `ヾ、                   やる夫から教えてもらった魔法で、若返ってるんだ。
       .′ ハ=- ´   ハ.        \  :}./ / f^ヽ" .イ     >´
      .′ ハ'     L          .>/ / 人. `<| rォ ´
      .′ ハ'  ヘ    ` <          i } f  ゝ / .ノ     ∨
       i  ハ'    ヘ      ` <    /f^}: ′′ レ /、      ∨
       | :|:f     ヘ           ̄/ V    /  /  「 ̄ 、    ‘,
       | :|:|       ヘ        />"´{      1   } [__} ∨
       | :|:|              f´[__]  :!       i  |[__]  ∨
       | ハ'         ヘ |       :| :[__]  :|       }  |     ∨
      ./i |:{       ヘ|       :|    ,. へ       .′  L- _   ∨
     / :| }:ト、        :|       :|,. <   .∧    /    }  斗 .〔_
    ./ / //  >      /|    ,. <   ∨   ∧   ,/     :|    }  } 「
   / / //        i’:| ,. <  Vハ.   ∨   ∧/ゝ.,     |    |  ||



3394 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 22:03:19 ID:O9/X84ic

やはりシャルか


3395 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 22:03:26 ID:O9nFqEYy

納得のお嫁さん。



3398 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 22:04:35 ID:a72c3m32





                     ,.-''"  ̄ "''‐、
                   /   ...........   ヽ
                 ′ u::::::::::::::::::..  i
                ′  :::::::::::::::::::::   |
               ′二ニ_-::::::::::__,,.イ !
                   ′ 、__ゝ'_`:::::::'´_0_j '                 んで、高校卒業した後も、色々手伝ったり、やる夫が望むんで出来る限り
           ___/: ′ ´{   :::::::::::ヽ '
        /: : : : /: : 「i.   ヽ-<::::>-' ′                 普通の仕事をあっせんしたりもしてたんだが・・・・・まぁね・・・
.     ,イ: : : : : /: : : | |    、__ , u ∧
    f´__l: : : : : : : : : | ._,.-―-、     /: : ヽ_                あんだけ呼ばれてたらね。帰ってこない時は半年とか普通に過ぎてたから・・・
.   /|: |: :\: : : : : : __/:__: :\-‐'‐-..,,_/: : : : ヽ:ヽ
  _/:/: |: : : :.\ : : /: : : : :! : : \ )__ ノ : : : : : : : i、              やはり一般の生活は送れなかったよ
.  l//: : : : : : :ヽ/: : : : : : : : : : :l  .}|: : : : : :/ : l: !
./ー: : :_:_:_:_: : __/: : : : : : : : : : : :l  i´;|: : : : :/: :./: :ヽ
.〉: : : : : : : : : !:/: : : : : : : : : / : : : l_ノ;;;;;|: : : : : /: :ヽ: i



3399 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 22:05:13 ID:O9nFqEYy

召喚体質(呪い)に日常生活は難しい。



3400 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 22:06:26 ID:a72c3m32





              / ̄ ̄\
            /       \
            | _ノ  ヽ、   |
            | (ー)(ー)  |
            |  (__人__)   |
               l  `⌒ ´   }                    一応、やる夫が手に入れてきた力で、異世界に居ても連絡は取れる様になってるので
             ヽ      ./
            /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、                 それを覚えてからは心配する事はなくなった・・・というか、今のやる夫に勝てる奴って
        ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
         //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.              この世界とか含めているのかね? 悪魔の本体とか出て来ても秒殺されるだろ多分
      ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
     /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,             だって、異世界の神様とか締めあげてるし・・・・
     |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、
     l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,
     i::::/,': :  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}
     〉/,': :  :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ.::::::::::::::::ゞイ
    /::/ト: : : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、ヽ::::::::イ::::::|
    .',::::゙、ヾ: :  :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:ヾ::::l::::::|
    ',:::::l /: : :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: :ヽ:::::|
      ',:://: : .ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : \
     }/ }: : /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : : 〉



3401 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 22:07:20 ID:O9nFqEYy

いるとすれば、別のやる夫とかかな・・・。



3402 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 22:08:01 ID:a72c3m32





              / ̄ ̄\
            /       \
            | _ノ  ヽ、   |
            | (ー)(ー)  |
            |  (__人__)   |
               l  `⌒ ´   }
             ヽ      ./
            /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
        ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.                ちなみに、召喚中に召喚はされないらしい。 あくまでも地球に居る時にだけ呼ばれるそうだ。
         //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
      ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i               その異世界に骨を埋めれば、二度と召喚されなくなるんじゃないかとも思ったが
     /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,
     |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、              やる夫は【ダチのいない世界に残ってもなぁ】と、必ず帰ってくる。
     l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,
     i::::/,': :  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}
     〉/,': :  :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ.::::::::::::::::ゞイ             ・・・・・あいつはほんと。 嬉しい事を言ってくれるよな。
    /::/ト: : : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、ヽ::::::::イ::::::|
    .',::::゙、ヾ: :  :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:ヾ::::l::::::|
    ',:::::l /: : :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: :ヽ:::::|
      ',:://: : .ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : \
     }/ }: : /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : : 〉



3403 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 22:09:27 ID:a72c3m32





              -  - _
           ,. ´       `\
         /           ヽ
.          ,'            |
            ! -‐"  `‐- 、       |
           |(●) (● )      !
          |              !
          | (__人_)       !
         |  `⌒ ´      │
           .|           '
            、          ル、
          ヽ          /V:ーi`ー.、
          /:.:ヽ __ ._,.イ:::/:.:.:.:.j:.:.:.:.:.゙ヽ、
         /:.:.:.:.:.:.|゙ー-- '´::::/:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ,.イ_,.ィー-.、:.l:::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:\                    ちなみに、今はあのアーリマンをどうにかしてから2週間目だ。
       /:.:.:.:.:.:./:.゙|::::::::::::::/__:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:\
       /:.:.:.:.:.:/:.:.:.l::::::::::::::l:.ヽ`゙:.、/:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ                 先週やる夫はまた召喚された。
        /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.j::::::::::::::!:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::,.'´:.:.::.:.:.:.:.i
.      /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:リ:::::::::::::j:.:.:.:.:.:.:\:.:..:.::.:.:.:.::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:l                今回はどうやら、困ってる人達らしいので全力で救ってくるらしい。
     l:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:.|::::::::::::::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
     l:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.!:::::::::::::j:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:/:.::.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.!                あいつは、こんなに駒みたいに扱われてるのに本当に人がいい・・・
     j:.:.:.!:.:.:.::.::.:.:.゙l:::::::::::::l:.:.:.:.:.,.':.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
.       〉:.::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:::::::::::::|:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
     i:.:.:.j:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:::::::::::::i:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::l
     |:.:.:.i:..:.:.:.:.:.:.:.:j:::::::::::::!.:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
     |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:..:.:l:::::::::::::i:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
     |.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:::::::::::,':/:.:.:.:.:..:.:.::.:.:.:.::.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
     |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:::::::::::!´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
     |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.!::::::::::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
     |:.:.:.l:.:.:..:.:.:.:.:.:!::::::::::!:.:.:.:.:..:..:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i



3405 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 22:10:54 ID:a72c3m32





              / ̄ ̄\
            /       \
            | _ノ  ヽ、   |
            | (ー)(ー)  |
            |  (__人__)   |
               l  `⌒ ´   }
             ヽ      ./
            /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
        ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.                     なら、俺にできるのは・・・あいつが帰ってくるこの地球を守る事だ。
         //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
      ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i                    あいつの居場所を、残す事だ。
     /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,
     |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、                   その為になら、どこまで強くなってやる。
     l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,
     i::::/,': :  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}                  最近少し修行をしてもらってちょっとだが強くなれた。 今ならアーリマンも秒殺できる。
     〉/,': :  :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ.::::::::::::::::ゞイ
    /::/ト: : : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、ヽ::::::::イ::::::|
    .',::::゙、ヾ: :  :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:ヾ::::l::::::|                   本当に、いろんな面であいつには頭があがらねぇ。
    ',:::::l /: : :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: :ヽ:::::|
      ',:://: : .ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : \
     }/ }: : /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : : 〉



3407 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 22:11:42 ID:a72c3m32





              / ̄ ̄\
            /       \
            | _ノ  ヽ、   |
            | (ー)(ー)  |
            |  (__人__)   |
               l  `⌒ ´   }
             ヽ      ./
            /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
        ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
         //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
      ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
     /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,            ・・・・・あと、嫁さんとか探してやりたいな・・・・やる夫君、画面の向こうにヒロインは出てこないんだよ??
     |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、
     l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,
     i::::/,': :  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}
     〉/,': :  :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ.::::::::::::::::ゞイ
    /::/ト: : : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、ヽ::::::::イ::::::|
    .',::::゙、ヾ: :  :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:ヾ::::l::::::|
    ',:::::l /: : :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: :ヽ:::::|
      ',:://: : .ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : \
     }/ }: : /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : : 〉



3409 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 22:12:53 ID:a72c3m32





          / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    ( ●)(●
           |      (__人__)
          |,      ` ⌒´ノ
         │         }
          ヽ、      ソ
         イ斗┴r┐` .;
   / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
  /     \ ∨\  |,ベ._ / |                       やる夫は地球でもそれなりに俺に手を貸してくれてるので、裏ではそこそこ知名度がある。
  {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
  |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
  :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,                   何故か大体において【俺の懐刀】扱いだが、違うんだな、逆だよそれ。
   ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
   `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
    }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
     }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
      〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
    {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



3412 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 22:14:01 ID:O9nFqEYy

やる夫のこの世界での厄介事の防波堤になってる感じよね。



3414 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 22:20:31 ID:a72c3m32





             / ̄ ̄\
           / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |
          . |   (__人__)  |
            |   ` ⌒´  |                      気が付けば、俺は葛葉の宿命の様に裏の世界に足を踏み入れている。
          .  |         }
          .  ヽ        }                       だが、それは俺が考え、俺が望み、俺自身で決めた事だ。
               ,、ヽ     ノ-、
             /;;;i/      '、!\
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_                  あの、お人好しの為に、俺の親友の為に、あいつが少しでも気楽に過ごせる場所を
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!              今度は俺が作ってやる番なのだ。
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|



3415 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 22:21:38 ID:a72c3m32





                          ___
                ,,.-''"´        ` .、
                /               ヽ
               ./                   ',
              l                    l
             /                   l
             〈`ヽ、              |
             |ミ=-    ̄ ̄`ヽ       /                      あいつがまた帰ってきたら、あいつの土産話を肴に、
                 l     ミ=-‐       .′
               l/    ヽ          ,'                       楽しませてもらう事にしよう。
               ( __ 人    )         {
             / // )ニ=''´      ./ .|
        ツ二二二/ ./__        ./  |
             / / /''"__,ノ        ′ .|
          / / / /,.-''")_ _,,-''´ /    ヽ__
            ,'       /'´,,..-''´|     /   _ \/`ヽ、
       _  ´l      / ./  |      ´    /  / \
   ,,..-''"    |      .l ./  /   イ         /  /    \



3417 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 22:22:54 ID:a72c3m32





                      ___                      __
                , ,.ノ  、               /- - \
                   l (● ●                   /(● ●) \
                  |  (__人)             (   (_人_)    )
                _ヽ、__ノ_              >―‐、__,r―‐<
                   /::::::::::V:::::::::::',                /:::::::::::::V::::::::::::::',
              |:::::l_::::o:::::_l:::::|            |::::::::l_::::o:::::_l::::::::|
              {:::::::(_ξ_)::::::::}            {::::::::::(_ξ_):::::::::::}
            |三三三三三三三三|        |三三三三三三三三|
            | ________|        | ________|
            | l :/⌒ヽ::::/⌒ヽ: | |         | l:/⌒:ヽ::人::/:⌒ヽ:| |
            | | |::::::l:::::::::::::l::::::| | |         | ||:::::::::::::l:::::::|::::::::::::|| |
            | | |::::::|二二 |::::::| | |         | ||:::::::::::::|ニニ|::::::::::::|| |
            | | |::::::|     |::::::| | |         | ||:::::::::::::l   |::::::::::::|| |
            | | |::::::|     |::::::| | |         | ||:::::::::::::l   |::::::::::::|| |
            | | |::::::|     |::::::| | |         | |(二二_) (二二_)| |
            |三|(二_)   (_二)|三|         |三|             |三|




―おしまい



3418 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 22:23:12 ID:O9nFqEYy

投下乙でしたー。友情は永遠に。


3419 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 22:23:46 ID:uW83ilsC

お疲れさまです


3420 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 22:23:48 ID:sieSQsbd

覚悟決まってるなぁ、地球での地固めを自らの務めとした以上異世界に行くって選択は選ばないだろうなぁ……



3421 : あさねこ ◆RWqNwf0x9I : 2024/03/31(日) 22:24:14 ID:a72c3m32





.        ト..             _
.        |//,>‐…   ‐<///|
   o    |/        \/|、
    ゚。 ,   __ ト、 }j__   ` ‘,
      ノイ ´j/ノ ∨ハト、 i,   i
.      八 /    /`    Ⅵ   |i
      i  Ⅵ ==  ==  厶ィ  !|                 短いですが今日の投下は以上になります、
.     八   {           ぅ}  j八
        Ⅵ >  _。_  イ¨´/}/                  皆さん閲覧ありがとうございました。
        ⌒^  r{v_y_ }/
                {//ハ ‘,                     お薬飲んでお布団で身体を休めます、寝ると呼吸がつらいのです・・・
              〈///∧‘,
             xく=<ミxヘ_xヘ
            {:::/::|:::i::ヽ:人ノ   /7
            TT:|_:jイ::}====彡'
               レ |:|:::ト、|
             |:|:::|
             ヒヒリ



3422 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 22:24:51 ID:zEav2hE1


こう言う役割をやってくれる友人は、本当にありがたい。


3423 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 22:25:07 ID:s7mUdBn3

乙でしたー


3424 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 22:25:10 ID:lnojuATU

乙でしたー


3425 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 22:25:37 ID:6D6KNn8f

乙です


3427 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 22:25:51 ID:RANO3tCR

乙でした
互いに良い縁だった


3428 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 22:25:54 ID:XMTVS1n+

乙でした


3429 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 22:26:10 ID:ZHYLE7fm

乙でしたー。


3430 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 22:26:14 ID:O9/X84ic

乙でした


3431 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 22:26:30 ID:sieSQsbd


3432 : 名も無き星人 : 2024/03/31(日) 22:26:40 ID:rpXkq8TE

乙でした







その3


関連記事
[ 2024/04/05 22:50 ] あさねこの小話空間 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • 国際的な小咄 おまけ PCに注意 (05/18)
  • 国際的な小咄 おまけ 広い (05/18)
  • 国際的な小咄 おまけ おおいぞ (05/18)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百八十話 第一試合:ノンナVS沖田総司 (05/18)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百七十九話 余興、されど (05/18)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百七十八話 師は弟子から学ぶ (05/18)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百七十七話 闇の魔法使い論 (05/18)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百七十六話 あなたの方がイカれていると思うわ (05/18)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百七十五話 中華魔法族の憂鬱 (05/18)
  • 劣等生やる夫くんのお話 その3 (05/17)
  • ガチャれ! やる夫さん その48 (05/17)
  • ガチャれ! やる夫さん その47 (05/17)
  • だーくねすふぁんたじあ 第31話 (05/15)
  • だーくねすふぁんたじあ 第30話 (05/15)
  • 読者投稿:小ネタ ハンムラビ法典を投げ捨てろ (05/14)
  • 読者投稿:小ネタ 情報の比べ方 (05/14)
  • 読者投稿:単発ネタ:北条司展 鑑賞レポート (05/14)
  • 読者投稿:単発ネタ:仕立て屋でオーダースーツを注文してみました (05/14)
  • 読者投稿:虎やんのスイッチオン!そのご「FateSamurai Remnant」 (05/14)
  • 読者投稿:「すごい空想を考察するぞ!」議題その七「ガリアンソード(蛇腹剣)はどこまで再現可能か」 (05/14)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百七十四話 準備は死ねるんだよぉおお! (05/13)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百七十三話 実に面倒なんだよな (05/13)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百七十二話 赤い彗星拗ねる (05/13)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百七十一話 さっさときめぇや! (05/13)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百七十話 ホグワーツ生から見たタンジェロポッター (05/13)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百六十九話 禁じられた森調査 (05/13)
  • 暗殺JK ルビー・ローズ 今日も憑かれてます!! 第7話 I don't care about any job as long as I can sing. Vol.3 (05/13)
  • やるテトは、とりあえず結婚しました 第48話 「ましろ色カンパニー」 (05/13)
  • 目次 桃太郎やる夫の冒険 (05/12)
  • 桃太郎やる夫の冒険 第4話 「桃太郎やる夫と孫悟空(前編)」 (05/12)
  • 桃太郎やる夫の冒険 第3話 「桃太郎やる夫と柿の木」 (05/12)
  • 桃太郎やる夫の冒険 第2話 「桃太郎やる夫と花咲か爺さん」 (05/12)
  • 桃太郎やる夫の冒険 第1話 「桃太郎やる夫誕生!」 (05/12)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 百四十六話:プライド (05/12)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 百四十五話:永遠の闘争 (05/12)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 百四十四話:闘いの始まり (05/12)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 百四十三話:決闘の始まり (05/12)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 唐突に思いついた小ネタ (05/12)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 百四十二話:未決着_後編& (05/12)
  • 読書的な小咄 327 コルバート 脊椎動物の進化 (05/12)
  • 読書的な小咄 326 オルクセン王国史 (05/12)
  • あんこ時々安価で無人島生活 最終話 (05/12)
  • あんこ時々安価で無人島生活 30 (05/12)
  • あんこ時々安価で無人島生活 29 (05/12)
  • あんこ時々安価で無人島生活 28 (05/12)
  • ギャラナイ夫は大海原へ旅立つようです 第百二十七話「光に挑む」 (05/12)
  • 国内的な小咄 おまけ このスレではいじられているが (05/12)
  • 国内的な小咄 おまけ 地方はいいらしいですね (05/12)
  • 国内的な小咄 おまけ 立地が…… (05/12)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百六十八話 S.P.E.W. (05/12)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    代替手段模索中