スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
サイトの幅とかちょっといじってるので反映されない場合、キャッシュ削除とか更新とか試してみてください。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
2/18
slip back (k)not
2/14
できない夫達は、愛を探すようです。
1/11
やる夫たちは怪奇現象から街を護るようです!
12/29
やる夫は量産型のようです
不良娘と生徒会長
12/25
暗殺JK ルビー・ローズ 今日も憑かれてます!!
12/20
やる夫は真実を書かない
12/19
JKと呪いと時々オタク
12/7
ゼンイツは七つの宝石を取り戻すようです
12/3
スタンド使いやる夫の社会人生活
11/28
トラブルバスター キョウコ
11/25
さやかの愉快な日常生活
11/23
あんこ時々安価で無人島生活
11/11
山賊王女 第1話
11/3
理想郷の魔女たち ~賢者からの手紙~
11/2
奇跡の東堂
10/31
教えます。恋愛小説の書き方
10/22
勇気とはつまり、10円ぐらいのアレ



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)

Firefox(※AAの表示は大丈夫だと思いますが、あまり確認できていません。)

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
スポンサーリンク
PR
アニメ化決定おめでとうございます!
カテゴリ
カウンター

PV


UA



Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

読者投稿:ふわっとシステム業界 ~企画立案~

目次 国際的な小咄 1~5000 国際的な小咄 5001~

3985 : 提督 ◆YS5GWdOgOw : 2023/12/26(火) 20:46:15 ID:ZSG2.sME




                . <  ̄¨> .
            / γヽ     }
            \.r={≦=二}}三},
              /::::::::::::::::::イr'.提}
                ー──イ   レメ督j
               ∧ム     /圦                 提督です
               ∧`=- ,'  Ⅳ
                 ー‐イ  _ イ;ハ                   予告したシリーズもの
                  r 'tイ=イ ,=三三三≧
              .≦ハ ,' ロ/√  ./  ̄` ≦             「ふわっとシステム業界 ~企画立案~」
            .≦イ ¨ √       /  /   `〉
            ,〈 /    /  エエエエエ.'  ´ ____ヽ         を書いてみました
         {トv二==.'    ¨¨¨¨¨{ ニ二_   ̄|
         トイ /   /}         ,: : ,    ̄ ̄,
         人’v.__,.イ         ∧: : ;      ∧
          ≧yハijij!          ; : : :∧: ;//     ∧        .シリーズ全体の注意書きとして
           <≧イ  | O       ;: : : : ∧: :/       ,
              |   .l          ; : : : : : |: :' , : :,‐--__〉         .・発注元企業は一般的なシステム系以外の企業を指します
              |    .         ;: : : : : : ヽ: : :/: : > ´  ̄ ¨¨ヽ
              |   |      ,. : : : : : : /: : : : _/  ーヽ二_ イ   .・PJ(プロジェクト)規模によって話が変わるところがあります
            /.!    l O    ,.': : : : : : : ≧一 ¨  .≦./  .〉        そういうところでは都度説明を入れていきます
.            / |   |       ` : : : : :.!: :「__ ノ__l三人__/〉
           /  .|    ;          ` : : :!: : :|    マヘ=〈 / !      ・SIerは「エスアイアー」、ベンダーはシステムベンダーの略です
         '  ..|    |        ,.: : : : : |    `=二イ /
         /    .|    i O      ,: : : : :., ' ,       `      思いつくのはこのくらいですが、先に進むにつれて増えるかもしれません
       ./     !   .| 、     ,: : : : : : : ., ∨
        '     ./    |  、   ,: : : : : : : : : :., ,
      /    /     .!   、 ,: : : : : : : : : : : :., .∨
      ` ≦≧,'      ;    、: : : : : : : : : : : : :.,ノ,
      / ヽ≦ミト.   |       、: : : : : : : .<
      ,' , ! .|-., ` <__|        >: : : .<: Ⅵヘ
.    ∧ .ト .し不  |    ̄ ¨., ̄ ̄     ; : :Ⅵ!
      ヾⅣ¨´  .|    /∧  \    ; : : : ::|

.





3986 : 提督 ◆YS5GWdOgOw : 2023/12/26(火) 20:46:25 ID:ZSG2.sME




  . '       . -==={       /
/    ィi〔//////∧      /           :
   ィi〔////////////\ __ /          :
ィi〔///////。o≦ニニニニニニ|     な    ‐┐
}///。o≦ニニニニニニニニニ|     ん    開
}//〈-=ニニニニニニニニニニ|     だ
}ァァ≧s。-=ニニニニニニニニ|     ね    発
{芹ミ彡i  ̄ -=ニニニニニニニ|     ?   └‐      .さて、システム開発PJの企画立案だが
笊ミ彡l        ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ |          と
从ミ彡|              |           は      色々な説明があるが単純化すると
仆ミ彡|      ┃      ∨
Y⌒^ミ|      ┃        V                   ・システム開発の目的を決める
i{ 〈{:.ミ|      ┃       V
乂, } V|               }/\      __ ノ     ・システム開発の責任者を決める
 从乂|                          ̄ ̄|从{
  ^ヾミ|                       |ハ{"     .これだけを確実に決めればよい
   Ⅵ        |           |        |/"
.   `|       乂         ノ       |
     |            ̄ ̄ ̄            |
     |                       |
     |                       |
.    乂                      /
      ` r ───‐‐ ===== ‐──  ---〈
        }::::....    ̄ ¨T¨T           {
    ___  ィi}:::::::...        } {           {、
r‐r'¨i { ¨ 八:::::::::...     } {          八 ≧s。 __
{ { {  >   \::::::....     } {       イ   {
Vィ ⌒´        :....  r─┴┘ ¨  ̄        =--
              }










        _r-、-‐=‐- j[j[j
     ァア´/          `く⌒司
     ./ / ∧     }\   ヽ≦弋_
    / /__/{/ \___ト、__{-‐|   ∨{ ̄
   ./ /==、ヾ     ´ ,ィ==、L____ \      .提督さん
  ,イi ,i{ |ミ|         |ミ| }i| /¨`Y \_
/ イ{   Li       Li  i} /,ィ ノ1、{ ̄   ..この頃、乱暴な導入ばかりじゃありませんか?
   圦⊂⊃      ⊂⊃i |ーイ 《{
     ≧‐-  `_-_'  -‐≦/..|{≫≪}
    ノミ{ r=7ヾy/≧y ノ___|{><}       .説明を求めます
        弋[_]つ ト、}    {><ソ
       ノ   厶ノト、   {><ソ
      /`7:::i:::t:::i:::f:ヾ:ゝ}≧0≦{
      ` T.._f--f.._T ´   弋ゝ
        |::¨| ..|::¨|
         ー'   ー'











                   ̄ ̄   .
              ´           \
          /     。o≦  ̄ ヽ     丶
          '     /-=ニ{     }=-、   \      .知らない人向けには、このくらい端的な導入が良いと思うんだがなぁ……
        /     イ-=ニニ乂 __ノニニ>、__  /
        〈    /-=ニニニニニニニニニ=-X
        ` 7 r<ニ=-¨¨¨  ̄ ̄ ̄ ̄ ¨ 丶ニニ}       .さておき、開発したシステムが動いて「やったー!」でお終い
          ノィ从''|    ∩   ∩   |>´
        '⌒Y^ミ |    ∪   ∪   |            .そんなわけはない
            {〈iミ |              |
          从_  |     l      l     |            .「何か」を達成する為にシステムを開発して運用するものだ
          ^7ィ{ |     |      |     |
         ノィ从 |    ` --- ´     |               .「何か」こそがシステム開発の目的
          ノ¨Ⅵ            /
____,r‐ュ _ 。o≦´{  └ ── …ァァ…─‐ '≧s。r‐ュ __ ___.  だね
////V/∧//////>、      //    /{////{/{/{/{////{
////∧/∧////  \     {_{   イ ` </V∧V∧//'}\
 ̄  ̄ ¨¨¨¨¨ ´       --  { ̄  ´        ̄ ̄  ̄ ̄  ヽ

.


3987 : 提督 ◆YS5GWdOgOw : 2023/12/26(火) 20:46:41 ID:ZSG2.sME




                  〈∨〉.||||
           ´ ̄` ∨'´|||| ̄¨¨7丶、
        /       、\\圭]__///三丶、
       ′ /  \_ 丶\`丶‐/// ̄   厶
        / / { _   '´八ハ V、Ⅵ⌒\    ///ヽ
     / ′ ´V\ノィf衍'| V)/     }三三///‐三\
      ⌒l \}ィ衍   "´| {'′    `\///      ム
        | Ⅳ 、  ' _ ,  イ /=ー 、    〈//      }ハ
        ||  `  -イ:::」/- 、::::::\    `\     //ハ          では、責任者を決めるというのは?
.      -‐丶\    {/ ム   \::::::>..┐  〈三‐三三三}
    //////\>   〉 { 〉   V ⌒\;;ノ   ヽ ノ/// ‘,        ……まさか、PJ失敗時に生贄にするひとを?!
    ∨ V/「\〈\ /  ∨   \  Vハ     ∨/   }〉
      〉  ̄  }∧ノ `T::::::::‐- ...イ´   } イ      }    /{
      ヽ、   \〉\ L_:::::::::::::::::|    }ノ     ∨三‐三}
      `ー-、  `  ー{  ̄「 ̄´   ` ー- ..-‐…¬三‐-::_::::¬
          丶      |       /::_::: ̄::`::::::::::::::::::::::::`/|_
            `   _八     /_:::::::::::`\:::::::::::`丶、:::/、:::::::{
                    、 ∧:::::::::\:::::::::::\::::::::::::::::`{ 、::\:〉
                     \{::::`/:::::::::‘,::::::::::::::\:::::::::::/  ::::/
                      \/::::j{:::::::‘,::::::::::::::::::ヽ/   :〈
                          イ:::::j{::::::::::‘,::::::: -‐ ´}     !/
                     /:/::::::j{:::::-‐¬/    .′    }
                   /::::ん、::/'´          ′     ′
                   ⌒ヽ::::/         /      .′













              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ヽ
       ´                   }
    /                 ____     '
.  /               ィ〔    }>、/
/           。o≦ニニ乂  ノニ/
   '      。o≦ニニニニニニニニ<_        そんなわけはない(結果的に「そう」なることもあるが)
  /  。o≦ニニニニニニニニニニニニ=-__
。o≦ニニニニニニ=-¨¨  ̄ ̄ ̄ ̄ ¨ヽニニニ〉
.アア彡彡ミミア'"|        ┃  ┃|  ̄ ̄´    .システム開発の責任者を企画立案の段階で決める意味は
ノィ/ミミY^ミミ/  |        ┃  ┃|
. Ⅳ}iミ{ 〈 ミ{   |              |            「システム開発PJ発足に不可欠」
 V从ミV; ゙    |       {     |
 ノィ 彳{i:`    |         乂 ___.ノ |          というのが最大の理由だ
  } ィハⅥ    |              |
  ノィ从}/込、  |              |
    7: : : : > \__ > ‐─── 、 |
   __{ ___ __ : : : : : : : : : :>─ ¨
  「         ̄ 7ァ、´
.   }i           }{ {
ィi〔八            }{  >、









          ,>セニァ '''' ≦。,    _  _
        ,. '"  , ' i  .ヽ ヽ...\マ|llll|'"   ヽ
        ,.' /   ,      ハ ム  .\lll|    ム
       ./ ./   ,        ハ  ハN  v  ハ
       f f{    j        ハ  ハ \  V  .ハ
      .l.!ィ笊`  ハ-‐‐<.i     }   l..l  入 .ハ      .そうですよね、そんな非道な事はしませんよね……
      .| \,ィミヾ f. }_/j .メ! .l  .j   !.|、ィ/!.V l
      j .リf;リ   "て沁vj/li  ム   j jz㌦ } \ .}
      /''f.r.::    込少メ' ム   {、  .{/  ㌦! .} ム    .PJを通して「責任者に確認する」時の確認先が明確なのは
       `     ,,,,,  メ_,.ィ.从ル  .l    》′j/
       ハ ゝ -      ̄ ./  }イ .ゝ.,_ヽ  ./ ノ     ..とても重要ですよね
       ハ      __  ./ /リ/  |  ̄ /./
        `FT " ~ヽ メ./ jj{    |   .f
         j |   ォ/_,,斗└-ミ .|V  ,!           責任者が明確になっていれば問題が起きても
        f ハ|  /,z≦== <:::::::::l ト、㌦イ!
         { { }} .〃ニニニニニY\:::ヘ F'^ヾ{          すぐに対応できますし……
       .八 \} ./ニニニニニニニ\ニム::::ヽ  {
         ハ j/ユユL_ニニニニニ.lニニハ::::::ヽ V
          /"/////\ニニニjニニニ',::::::::ヽ .V
        ∠ィ''''' <///∧ニニムニニニ.!:::::::::ム \
       /メ    .ヽ//.ハニ/ニニニニ.}:::::::::::ハ≧ミ\
      /      v\//j./ニニニニニj::::::::::::::}// ㌦.Y

.


3988 : 提督 ◆YS5GWdOgOw : 2023/12/26(火) 20:46:55 ID:ZSG2.sME




               ̄ ̄ ヽ
     /      ____ }
    /    ィi〔/(__)/{´
   く   /-=ニニニニ>、                    さて、責任者責任者と言っているが
    >ァチア|¨-=ニニニニニ>
    ノィY'^ミ |   ┃ ┃|                        この工程に関わる人達に触れておこう
    ノハ:{  |        |
    从ト、 |   乂_.ノ |                         <発注元企業>
      _}:::`|        |
     { ≧sニ=---rァ‐'                       ・経営層
__ ,. ィi〔`      __} ト-- __
  。o≦      { o   ̄ ¨¨≧s。__              ・システムへの関与が強い部署の長
 ̄         ',        } j{ >、
           V       j /  L_            .<その他>
∧                       ,     }
  ',             vo      {      ¨ヽ          ・コンサルタント
  〉          i       } --    }
,.イ/                  : ' ¨¨  ̄  丶
ハ///             }       jト .        \
 V//          } o          \ _ .ィ^::..  }  ..……非常にシンプルだ、何せこの工程の開始時点では
  V/             }       i      〉' ¨¨    ′
  v/            {      l    ′    /   ...システムの影も形も存在しないのだから
   }           {      |    /     /
  ,           { o         '     /
  /          {      { /       /









                 v∧
           / ̄ ̄` ̄\キ=
          /  人  lヽ| ヽ)V|
        ∠/(_(- (__/|__)|___\|
         || !●  ● || ノX|  | |          経営層からシステム開発PJの責任者が決まると
         || 〈  ワ   ||ノ X|___廿
         j  `ーゥ  t--'j__ |X|┐|         .何か問題が起きてもすぐに対応できそうで頼もしそうですね、ね
           /^、∀ , ^ー〈_|X| | |
          / 〈 ・   j  \」 |┌┬┬┐
        ―/ー、 {  ・ /┴、  \| ̄ ̄ ̄| ̄|












                __
                〈 __ 〕iト.
                {ニニ>、  〕iト            由良が言うように経営層、社長が就くことは少ないと感じるが
           __}ニニニ>、  \
          └‐┬‐‐‐ 、ニ>、 __〉        取締役が責任者となるケースが多いように思う
                | ┃  |ミミ^Y从{
                |     | 〉ノ从{       ……だが、経営層と中間管理職と現場の乖離は
                |- '   |ノ从从ハ
                └ ‐<    }リハ{      ..どんな企業にも大なり小なり存在する
                r}ィi〔 /^\
                〉、 イ//{   丶
                / ィi〔 ̄       \  . 良い例が先日のダイハツの不祥事だろう
                〈  /
                ノ 〈              スレでも紹介した記事だが、経営層が現場の現状を理解していないのが
                {  }    /   ,...
                / rく  <__ .... ィ´       .ダイハツの不祥事の原因の一つだった
                ' /      /
          /../       /          ttps://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1556735.html
          /../     ィi〔

.


3989 : 提督 ◆YS5GWdOgOw : 2023/12/26(火) 20:47:08 ID:ZSG2.sME




               ィi〔   ィi〔ニ∧
              〈__。o≦ニニニニ>
                从ィ" | ̄ ┃「
                  ノ从{  |    |
            ___「¨\_  L. `ー 」                 また、PJの規模(=システム開発の目的)が小さいと
.          。o≦//// \  }: /≧s。
.         /⌒ヽ´  ̄    >r'   ̄ >、           企画立案と一緒に要件定義までやってしまうことがある
.       {             |    { ハ
.      }     ',     { o   V                特にシンプルな目的とシンプルなシステムだと、そうなりやすい
.        j            、    }   ',
.      〈      } . . . .     〉   ,
.         〉 /     {      { o   {
.         V     V / :/ /    }   }           逆にPJの規模が大きい場合には
.         V /  =-v : : /  {     { -- v
.         iV /   }: :/   }o  ',/     ,           .企画立案の後で「要求定義(ビジネスがシステムに求めるものを定義する)」を
        j: V    V: .  <    〉
.       /: :∧     、:   〉。 /     /            .行ってから要件定義(この場合、要求定義からシステム的な要件を定義する)を
.       V: : : ヽ     \ 〈 V
.       /: : : >┴ 、    >‐<_    /_ _  __    ...行うことが多い
.       { /      ', /  ト、\ /. . .       ヽ
.       レ         V〈    `¨〉 }/: /        V
._____〈     i: .    }ゞ ヾ ノ イア: :/. . /      v __
三三三三 }    l: : : .  ア≧=-=≦三三V          V三三
三三三ニ ノ    : : : : : {三三三三三三∧          V三三









                             _,L、
                  「~"''~、、 ,.+''’   \
                 八_,斗≧-ミzx,>-‐‐-ミ\
                ,>''"        `*、 ̄ ~''>).ヽ
               / ,            \彡    ヽ
                ,.'   /  /         V .ヽ     ヽ
            /  /   f          |  V  ムヽ    .ヽ
            ,'  .f  ..{          j   .V  .ム .\    ヽ
               ,   .l   l        ハ   l   ハ  .\   .ヘ
           l   !   ハ ,.斗   </ V  |   .ハ、  .\  ヘ        .工程が増えるのは面倒ではないのでしょうか?
             j   .N .テ''"ヽヽ   // `` ト /|     ヘsミ'' <入 .ム
          ,.L/    .l V___  ヽ.// ___ !/ !   v...ヘ<`* ミ:ヽ .V
       .γニ|:/   v  !伝灯 `     忙了㍉j  ./   ヽ ≧v ハ.vV
        ./ニ / ,,/:ゝ ハ ゞ゚'’         ゞ゚'’  l  ./:::`ァ-ミ\ニ.V.∧ ㌦
       /ニ _彡---===}>ゝ    ..:i        /./|:::::/ニニニニニニニ\ .V .}!
     /z≦       .}  .}>。.,_         7  j::::/ニニニニニ_LL,,_v..V i!
     v'〈 / _      .}  .|    >。.,_   ,.イ|  f::::fVz:≦":::::::::::::::~V.Vi!
    /_,././:::`≧==-- }  .jミ      `''< l   !:::j..V:::::::::::::::::::::::::::::V,V
   Y,ィ`''''"  ̄`ヽ、::〃>!  j::::::>s、      `!  .|<ニ.V:::,> ''' """iミ:V.}
―‐f::/      /)/fニニ.!  {<:::::::::::ミh、    .{   |   ``'~。.,_    .lイ――‐
i:i:i:i:i\     =---―┴ -->-斥=≦二二,,`:.、..二V .V=.L_    `ヽ、  Vi:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:/           γ  /            V V   ̄ """ '''' x .Vi:i:i:i:i:i:
i:i:i:if           f  f             .}  }      `ヽj.i ヽ.}i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i:V            {  .!       _,Lユ斗≧''''"}  j< --zrォ //j.\\i:i:i:i:i
i:i:i:i:i:i>s。..,,____,,.Lム  V= '' "  ̄i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ノ .ノi:i:i:i ̄~ゝ=彡ィミ_Y:\)i:i:i:i
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ノ  .ルi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Y  {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:








       ----
    ´         ヽ
/              .
               }
            /{___
           //////〉
          //////   ..確かに面倒ではあるが必要なことだよ
        / ,.r<´
       ,.ィ//,イ|  |       大きな目的だと、システム開発の規模も大きくなる
     ,.ィ//ィ〔彡|  |
─‐‐<ィi〔ア{v'^ |  |       多数の機能を作る必要が出てくるが
--r<笊从Vハl i |  |
ハ}Ⅳハ{Vハi从l 〉|  |       これを一気に決められるほど人間は賢くない……というのが一般的だ
从iハ }i∧Vハミ乂 |  |
从Ⅳ从VハW}ィi{ |  |
ハV}ハV}ィ}/ハア}i:ハ |  |
Ⅵ从ハv彡ィ/ノ^ >、__|
从ハ}ィ}ィ彡≧s。{
 ̄_二二ニ=-   >、
      -=ニ二  ̄ \

.


3990 : 提督 ◆YS5GWdOgOw : 2023/12/26(火) 20:47:21 ID:ZSG2.sME




             ___ -=ニニニニニニニニニニ=-  __
             Ⅵニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
                  Ⅵニニニニニニニニニニニニニニ=‐/__
                  ⅥZZZZZZZZZZZZZZZZ{)ニニニ)
               /:::::::{:::::{:::/⌒\:::::::/^\::::::\ ̄    .ざっくりと「企画立案」についてでありました
                ,.::::::::::{:::::{/iii!   }:/ iii! ',::::::::::
                 {:::::::::::{:::::l ||        |||  }:::::::::|    .最近、出番が少ないので捻じ込んでみたのでありますが……
                 |:::::::::::{:::::{          }:::::::::|
                 |:::::::::::{:::::{  {  ̄ ̄ _ノ   イ::::::::::l
                  ИハN从_{≧=―。‐‐=≦ニ从ハlИ、   ..目的がはっきりしていないシステム開発はほぼ失敗するのであります
              /   /{ニニニVニ〃ニニニニニニニニ{__ ノ
               〈 /ニ\ニニ^\ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   〃
              Yニニニ=‐\ニニ=\                例外的に「新技術を使って何か作って」というのは失敗しないのであります
           ((   /\ニニニ/Ol\ニニ=\    彡
            く   / ⌒ ̄ 〈   、ニ/^)            何故なら、作るのが目的で運用できるかどうかは関係ないからでありますな
                 \ _ハ   〉   乂__ノ
                  〉  〉 ̄ 〉
                    /ー‐/ー /
                /__rv'_ rv'
                  {__)_)


おしまい


3991 : 提督 ◆YS5GWdOgOw : 2023/12/26(火) 20:48:07 ID:ZSG2.sME

以上、ありがとうございました

やはり関わる機会が少ない工程は難しい……
最後のあきつ丸のコマは……かなりホンネですw


3992 : 尋常な名無しさん : 2023/12/26(火) 20:49:02 ID:ajy8yZ5g

投稿乙


3993 : 尋常な名無しさん : 2023/12/26(火) 20:50:21 ID:FfTJQYGg

投稿乙

>目的がはっきりしていないシステム開発はほぼ失敗するのであります
わかる

だが、私の立場は
「失敗するとはっきりしている企画をブッコむ奴は、俺に迷惑がかからないうちに3回ぐらい地面を舐めればいい」だ


3995 : 尋常な名無しさん : 2023/12/26(火) 20:51:38 ID:PiZRuPFI

乙でしたー


3998 : 尋常な名無しさん : 2023/12/26(火) 20:53:52 ID:GhhWzPrs



見てくれよこの納期だけ決まっていて予算も内容も決まってないプロジェクト!(世にも奇妙な実話


関連記事
[ 2024/01/02 15:37 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(1)
185609 :日常の名無しさん:2024/01/02(火) 21:44:23 ID:-[ ]
工程が増えると面倒だけど、工程ごとの成果物(納品物)にハンコ押してもらえれば後で要件ひっくり返されそうになった時に
この時点ではこれでOK貰えたと反論できるし、それでも変えてくれと言われたら費用や期間が増えることもある。
気休めだけどセーブポイント。社内開発だと気休めにもならないけど

>目的がはっきりしていないシステム開発はほぼ失敗するのであります
これは本当にそう
機能の優先順位が決まらないし、発注元の意見が対立した時に誰の意見を通すかも決まらない。何をもって要件を満たしたかも決まらない。
偉い人の気分でゴールが動く。
柔らか銀行系の見切り発車案件で自分の意見が通らないと拗ねる担当者が居てヤバいと聞いた案件があったけど案の定炎上した
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • やる夫たちでソードワールド チョッパーの布教旅! 28 (02/21)
  • やる夫たちでソードワールド チョッパーの布教旅! 27 (02/21)
  • やる夫たちでソードワールド 海賊PT 12 (02/21)
  • やる夫たちでソードワールド 卑劣PT! 21 (02/21)
  • やる夫たちでソードワールド 魔女ルサルカと真面目な騎士 27 (02/21)
  • やる夫たちでソードワールド やる太の冒険! 18 (02/21)
  • 目次 やる夫は好敵手達と戦い抜くようです (02/21)
  • やる夫は好敵手達と戦い抜くようです 第3話 (02/21)
  • やる夫は好敵手達と戦い抜くようです 第2話 (02/21)
  • やる夫は好敵手達と戦い抜くようです 第1話 (02/21)
  • やる夫は好敵手達と戦い抜くようです プロローグ (02/21)
  • 国際的な小咄 おまけ そもそも史記くんは…… (02/21)
  • 国際的な小咄 おまけ 中のメンバーの料理の腕(評価した人:イッチーズ+ピカニキ兄弟) (02/21)
  • 国際的な小咄 おまけ どっちも間違ってはいない (02/21)
  • 国際的な小咄 おまけ 自爆営業でもここまでひどくないぞ (02/21)
  • 国際的な小咄 おまけ これはやばい…… (02/21)
  • 国際的な小咄 おまけ なんで??? (02/21)
  • やる夫たちは怪奇現象から街を護るようです! エピローグ (02/21)
  • やる夫たちは怪奇現象から街を護るようです! 最終話 やる夫たちと怪奇現象たちは街を護るようです!!! その5 (02/21)
  • やる夫たちは怪奇現象から街を護るようです! 最終話 やる夫たちと怪奇現象たちは街を護るようです!!! その4 (02/21)
  • やる夫たちは怪奇現象から街を護るようです! 最終話 やる夫たちと怪奇現象たちは街を護るようです!!! その3 (02/21)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 第百十二話:星を追う_その② (02/21)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ ホッグズヘッド店長が教える!! 魔法の覚醒講座 (02/21)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 第百十一話:星を追う_その① (02/21)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 第百話(その二):HOPE JOESTAR_後編 (02/21)
  • クランリーダーとして求められる、たった一つの大きな資質 第74話 (02/21)
  • ハルヒはツンネコのようです 第74回 (02/21)
  • やらない夫千年紀 第七四話 (02/21)
  • ぼっちやる夫君 その37 (02/20)
  • ぼっちやる夫君 その36 (02/20)
  • SaGa3の世界に転生してしまった件 (02/20)
  • 国内的な小咄 おまけ 絶対に牛! (02/20)
  • 国内的な小咄 おまけ でかすぎるターニングポイント (02/20)
  • 国内的な小咄 おまけ クイズ (02/20)
  • 国内的な小咄 おまけ 〇K (02/20)
  • 国内的な小咄 おまけ がんばて考えた結果 (02/20)
  • 国内的な小咄 おまけ ないんだな、これが (02/20)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 第百話:HOPE JOESTAR_前編 (02/20)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 第九十九話:夏休み_拓屋_その② (02/20)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 第九十八話:夏休み_拓屋_その① (02/20)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 第九十七話:夏休み_古代魔術_その① (02/20)
  • やる夫たちでソードワールド ソシャゲPT! 3 (02/19)
  • やる夫たちでソードワールド ミアキスPT! 5 (02/19)
  • やる夫たちでソードワールド 壁PT! 9 (02/19)
  • やる夫たちでソードワールド 海賊PT 11 (02/19)
  • やる夫たちでソードワールド ソードワールド小話 〇〇だらけPT (02/19)
  • やる夫たちでソードワールド 新魔剣考案 ~ 人妻冒険者 ~ 露払いアーチャーを作ってみた (02/19)
  • やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです 第56話【ピンクと契約】 (02/19)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 - 第四拾五話 告白 (02/19)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 - 本編とは直接関係のない埋めネタ 1 (02/19)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    代替手段模索中