スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
出張につき更新が減っております。更新リストやコメントの反映は遅れてしまいますので、ご了承をお願い致します。

サイトの幅とかちょっといじってるので反映されない場合、キャッシュ削除とか更新とか試してみてください。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
2/22
クワトロが天使と交渉するようです
2/21
やる夫は好敵手達と戦い抜くようです
2/18
slip back (k)not
2/14
できない夫達は、愛を探すようです。
1/11
やる夫たちは怪奇現象から街を護るようです!
12/29
やる夫は量産型のようです
不良娘と生徒会長
12/25
暗殺JK ルビー・ローズ 今日も憑かれてます!!
12/20
やる夫は真実を書かない
12/19
JKと呪いと時々オタク
12/7
ゼンイツは七つの宝石を取り戻すようです
12/3
スタンド使いやる夫の社会人生活
11/28
トラブルバスター キョウコ
11/25
さやかの愉快な日常生活
11/23
あんこ時々安価で無人島生活
11/11
山賊王女 第1話
11/3
理想郷の魔女たち ~賢者からの手紙~
11/2
奇跡の東堂
10/31
教えます。恋愛小説の書き方
10/22
勇気とはつまり、10円ぐらいのアレ



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)

Firefox(※AAの表示は大丈夫だと思いますが、あまり確認できていません。)

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
スポンサーリンク
カテゴリ
カウンター

PV


UA



Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

読者投稿:軍事知識から解説・推測するOODAループとIDAサイクル

目次 国際的な小咄 1~5000 国際的な小咄 5001~

9262 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 22:57:22 ID:dMwsn9jI




                                                   ___
   よーやく就活が終わったらイッチからこんな救援要請があった          /: : : :>
                                                 .;′: : :./       _,,.. -‐――- ..._
   3512 2023/10/01(日) 09:36:56                            .|: : : : :{  _,.。 *''": : : : : : : : : : : : : : ~"''~、、
    語り人 ◆MlbFIuQyJ6[] 25PbOFHs                        八___:.У: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : :`x'⌒
   >>3479                                            ./: : :.:.:/: : : : :.:∧: : : : : :.|: : : : : : : : :ヽ'´  _
   OODA学ぶのにいい本ありますかね?                        /:/:.:.:.:/: : : : : :/ ∨: : : :八: : : :.∧: : : ハ/: :
   一度講習受けたことあるんだけどわかりにくかった(´・ω・`)         .   /:/:.:.:.;/|: : : : :.:;' ,ィf三三三ミヽ: : :.:ハ: : : ハ: : : :
                                                 /:/: : :,仁ミ|: : : : :|彡',.笊 ミx⌒ヾ〉: : : |: : : 人: : :
                                               . /八: :./ , -!: : : : : |  ん   ハ   .!\/: : : : : :.>:
                                               /: : : ∨ ./::::::∨: :.:.:.|  | ::::・::::  }   |: : :.:`ト==彳: :
                                               `¨¨|: :| ; :・:: 圦: : : |  | :::::::::  /  |: : : : |⌒Y: : :
   私の出番だな                                     .   |: ;゙ !   / \__|  乂__./    |: : : : |   !: : :
                                                 Ⅳ  ゝ ' `           ⊂⊃ |: : : : | ./: : :
   端的に言えば、コンサルなんかが出す本じゃなくて                 .i{ ⊂⊃   _, -‐ヘ         ;': : : :厶イ\|ヽ
                                                 人      マ:::::::::}         /: : : /: : : : : : :
   OODAの本家本元であるジョン・ボイドの著作に                   个o。.    \:::ノ     _,. .イ: :.:/: : : : : : : :
   国内外の軍事系シンクタンク関係者が出してる                    ∧: :|: : ≧=‐----‐=≦  /厶イ7: :人: : ∧: :
   OODA本を探して読めば?って回答になる                      .厶斗;レヘ;从从//-┴――┴、  ⌒ヽ ∨ 从/
                                                         / ,' ̄ | ̄ ̄ |¨´ ∨ .∧
   まぁそれだけだと不親切すぎるから読者投稿しよう                       ./ ,_..|___|_   Ⅳ  ∧
                                                       ./  ,----|-----.P   |.∨  ∧
   読者投稿:軍事知識から解説・推測するOODAループとIDAサイクル

   制作期間まる1ヶ月、以下29レス()





9263 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 22:57:43 ID:dMwsn9jI




               __         ト、
           . . : : :´: : : : : ` : : . . __ __ } : Y
          /: : : : : : : : : : : : : : : : \Y: ノ: : }
         .': : : : : : : : : : : }: : : : V: : : : ヽ-<{
        / : : /: : : ハ: : 、ハ: : : : V/:}: : V: :{
        .′: : {: : :/.≦∨、\V: : ´}_ヽ八: }:∨乂_
        {-=≦V:/´ ' ⌒ ヽ  .} : : :'‐- 、Y八: >ノ
        |Y  {: /{ l{ :::・:: }  }: : /:::。:: }V: :}:人
        |八 !: : !. ゝ __ ノ  .}/ゝ __.ノ ': : }、:_ノ、
        .从个:V从     ___ ′     }://_ノ
      /: : : : : ∨{.、   V: : : У    .ノ/´__) )
     <:_:_:_ イ:、:{ヾ ≧=- ー   --=≦イ<^¨´
          }/ /   _        } -=≦:_:_:>
            / / }          |
         / /  l         |
          ( 、)  ;     {!   .}    まず、イッチでは、『戦国時代など中世・近世の軍事系知識』であるならばともかく
               {-=ニニニニニ=-_}
             '〈  `ヽ=-<.′   この問題を論じられるレベルの『近代以降の軍事系知識が不足』していると
              \.   \./    類推しているので、OODAループの原点と近代以降の軍事系基礎知識を遡りますか

                        その性質上、イッチの求める方向から脱線するかもだけど許してね(´・ω・`)

.


9265 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 22:58:04 ID:dMwsn9jI




                                               .ィ
                                        .     //
  OODAループそれは、人の意思決定と行動に関する理論であり     /  {   _.  -= ニ二 ̄¨> .
  Observe(観察)、Orient(状況判断)、Decide(意思決定)、Act(行動)    、  ヽ '´          \ >''⌒i
  という各段階の頭文字から命名されている理論                ア   / ,              `{ / ̄`ヽ
                                              / / .:/ ;         ト、 、 Ⅴ`ヾ  ∧
  この理論は、陸戦とかビジネスとかにも               .     / / .: /|: /|:   : :./\: : :}_\. } :.、    }
  流用されるようになっているけど                    .  _/ .:{ : /ィ==={ :   :.;' ィル'ヽ/¨¨`Ⅵ; :\   ;
                                          `ー-イ ヽ{'゙,ィ ==ム: : :{  ,ィ==、 }/: :ト、...>::{
  元々は『航空戦に臨む1人のパイロットの意思決定』から     .    |: : :} { 1: :}ム  :.、 {1:: :::} } |: : :|^ Ⅵ ! \
  導き出された理論なのよ                       .    | Ⅳ ヾ 二 .ノ `ー┘ ヾ 二..ノ : : ;′ ':、 { ̄
                                             Ⅵ!      '___     .' :./-イ :.{ ̄
  そこが肝であり、そこを勘案しないとダメよ                   圦       V::::::::::::}    .'.ル'  } :∧
                                        .     ノヾ}≧=-,---`ァ- '--=≦'ィ゙リ /\_\
                                             ̄  \/ \/i======i Ⅵ ー''´ ̄
                                                    / {__|__ }:、∧
                                                   / | ┬--- | マ.ム
                                                  /\j-┴---∧ ノ--}
                                                   ヽ/--^----‐\- ′
                                                    ̄「:::7-ャ:::T´
                                        .               |-,′  マ-|
                                        .             __レ____ヽj_
                                                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.


9266 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 22:58:25 ID:dMwsn9jI




 . /l
  l  l    /                ヽ、/ヽ
 . 、 ヽ  /      /        、     ヽ ⌒ ヽ
   ー- 'l    l  /     /\  ∧  l   l    l
      l l  ∧ リ  l  l  ヽ_ L__∨ l  l l    l      さて、OODAループを語る上で
     / l /≡乍l.  l  l 彡≡≡≡∨ l l   l   l      この2つの解説は無くてはなりません
   _/  l /´,-二ヽ l  .l ' /二ミヽlソ l   l   し
   ー┤ y l .:::,:ヽ l  l  l  ::::,::: レ l    lゝ--'
     l l ソ  l ::::::: ヽミ__l  ヽ ::::::: ソ l l))  l
     l l l   ゙ --- ' 、       -- ' l l lソ   l
       ヽ      __,,.. .-‐{    l ソ  /ソ \_,
        l_   __r-ヾ,:::::::::::::λ __ リ ソr-く_/ ゙ --ソ
          l ~""/ )=,>l----'゙ ゙゙゙̄ )イl r ' ヽゝ--'
        l レ┤'´,┴, l ヽソ--┴, l  ヽr、゙ー'丿
        -' rl   ⊃_ '┬---l l  /、ー--<
          人ヽ___)====l====b l、/ ゙===/
         'ヾ、二-'──┴──┤、    /


 ttps://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/df/North_American_F-86_Sabre_%2819456158153%29.jpg

 ttps://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/73/MIG_15_NASW_3.jpg


9267 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 22:58:46 ID:dMwsn9jI




                                          .      /⌒   _______   /⌒\   つ
  上にある2つのAAの飛行機、                           |.:.|  /´: : : : : : : : : : :<⌒L: : : : : :\ っ
  上は、アメリカの戦闘機で下が、ソ連の戦闘機なんだけど           |_:\ : : : : : : : : : : : : : : \⌒L: : : : : :',
  すっごく似てると思わない?                        .      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\⌒}: : : : ::',
                                               | :/: : : : : ::/|: : : : : : : : : : : : : ∨: : : : : : :',
  実は、この2つの戦闘機の設計の源流は、                    |/: : : : : :| |: : : :、__|: : : : : : : : \: : : : : : :\
  どちらもナチス・ドイツで計画中だった同じ戦闘機なの            /: : : : : : : |_ノ: : : : :.|∨\ : : 厂:「:\ : : : |⌒\
                                             /⌒|: : : : :.|V|   |/\: : |三三|/.: :..|: : : : : : :|
  ソ連の戦闘機の方のエンジンもイギリスから技術導入()で           |: : : : :.|三三    \|    '''|: : : :|: : : : : : :|
  アメリカと同等品を積んでいたり、生産効率を削る代わりに           |: : : : :.|''     丶      |: : Λ: : : : :.|
                                                |八: : :.| U    ―┐   (\ / ∨⌒\|
  機体の性能向上に重点をおいた為に概ね性能も同じか、             |\ |〉    ∨   ノ  . : :\\     ノ
  ソ連の方が当時のカタログ上の性能では、ソ連の方が上              | : |: :.个: .  _    イ : : : 厂  \
                                          .         ノ/\ |\|\|\_/\ノ〈     ヽ
                                                      /  /ニ\   /\___,/ ̄ ̄ ̄|
  注                                        .            /\/(ニ⌒ニ)\/  /     ――┤
  >イギリスから技術導入()                                ┌<   /  \/  \   ',// ̄ ̄|
  ビリヤードの勝負に勝った褒美として購入許可を得た上、             |    /    }{     \  ',     |
  使用する合金は、切削くずを靴底に吸着させるやり方で入手され        |   ∨=ニニニニニニニニニニニニ=∨ ',      |
  合金の組成を分析された()                               |  //       }{         \}      |

.


9268 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 22:59:07 ID:dMwsn9jI




                                                                   __
                                                . . : .: ‐‐‐: .: . . .       .: .: .: .: ⌒ヽ
                                             . .: ´.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .、  _/.: ( __   __
                                       :.     /⌒.: .: .: .: .: .:へ.: .: .: .: .: ,ィ/ア.: .: .: .: .: .: :⌒\
                                       {乂 _ /.: .: .: .: .: .: .:、.: .: .: .:\.: .: :///.: .: .: .: .: .: .: ⌒\.: \
                                       ⌒ア.: :/..: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: :',.:{//{: .: .: .: .: .: .: .: .: .: 〈 ¨⌒
                                        '.: /.: .: ./.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: :Vハ/乂.: .: .: .: .: .: .: .: .: .:',
                                     __/.: .:'.: .:/.: :′.: .: .: .: }.: .: .: .: .: .: .: .v乂//ア⌒.:<\ .: .: .: .: :.
                                     ⌒7.: /.: .: :'.: .: .: .: ./.: .: 人.: .: .: .: .: .: .:.i.: .: .: .: .: .: .{   ',:i.: .: .:
                                      '.: イ.: .: .:.i.:、i.: .: :/.: :/⌒',.: .: .: .: .i.: }.: .: .: :}: .: .: ',  }八.: :'
                                      }' {.: .: :/{ぇ{.: .:/}/¨ ─ -v.: .: .: .: }.:八.: .: .: .: .: .: .:\ ⌒)/
                                       八.: :' .: :八.:(   '^¨灯:(_}.: .: : /⌒Y.: .: '.: .: .: .: .: .: \
                                   ___/.: .:ヽ{.: 「⌒ ヽ    乂ツ .: :/ ,.: }/.: :/.: .: .: .: 、.: .: .: :\ __ ,
                                  ⌒7.: .: .: .: .: :圦      .:.:.:⌒¨¨´  __/.: :/.: .: .: .: .: .:\.: .:<_¨¨⌒
                                   , .: .: .: .: :/.:.ハ` 一     ,.  /.: .: .: :/.: .: .: .: .: .: .: .:.\(¨¨⌒
                                    {.: .: .: .:. '.: .:/ ∧ __  ...... ィ//.: .: .: .: .:'.: .: .: .: .:、.: .: .: .: .: \
                                   八.: .: ./{.: .:, /.: .: .: .:_ハ_ハ⌒ /.: .: .: .: .人.: .: .: .: .: .\.: .: .: .: .: \_
                                   ⌒ヽ( 八.:.{ /.: .: '.: /{ 「/∧ /.: .: .: :/   \.: .: .: .: .:} ⌒¨ ¨¨¨ ⌒
                                        ⌒).: /).:.:{ i /^7{⌒).: .: /  __---\.: .: .:..|
                                        ⌒¨´_ノ:/{ V // ノ八(⌒ /⌒\{⌒ ヽ.: .:.|
  >アメリカと同等品を積んでいる影響で概ね性能も同じか、     ⌒¨´ 人ニ=-_   ', /    . . : : : : V八
  ソ連の方が当時のカタログ上の性能では、ソ連の方が上        / .: \ニ=-_ /}/{    . . : : : : : :} ⌒
                                          /  // 丶ニニ〉 /: .    . . : : :V/: :i
  その筈だったんだけど、この2機が、激突した朝鮮戦争では、   ':.   /     \{ 〈 ',   . : : : : :V/.:
  『アメリカ機の方が強い』という結果が、明らかになったわ     {: : . . ′       V∧ :.   . . : : : ::V{
                                          ',: : {: : : : : . .     V∧ :.   . . : : : : : ',
                                          、: :',: : : : : :, ----} ∧ :.   . . : : : : : :.
                                            \:.、 : : : /: : .  / /∧ :、: : : : : : : : : :.

.


9271 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 22:59:27 ID:dMwsn9jI




           _
         <(⌒        r‐<~ ̄~^''
          >― : : : ̄ ̄~^''<⌒): : :\
  .      /: /: : : : :/: : : : : : : :`''< ) : :|      この結果だけだとアメリカ機のパイロットの方が、
  .     /: /: : : : : :/.:.|: : : : : : |: : : : \: :|      ソ連機のパイロットよりも優秀だったという結論に
  .    . : : : : : : : : : ::/ |: |: : : : : : |: : : : : : ∨
      /: : : : /: : : __ 斗 |: |: : : : : :/\: : : : : |      『安易に導きたくなる誘惑』が、あるけれども
  .   |: : : :./:/: : : :xF灯⌒∨: /r冗^Y : : :|
  .   |.:. .:./| : : : {《 Vヅ  /}/ Vり ノ:人八      カタログ性能には表れない部分にも着目されるようになったわ
  .   /.:. :. .:.八: : : { ,,.        ′,,イ: : : :|
    /: : : : : : :.{\: {__       ┐  : : : :|
  . /.: : : : : : :.人__      〈::::::::∨  八:|Λ|
  /.: : : : : : : : : :. :. :.}: : : .       : :|: :.|  |
  _;,:/| : : : : : : : : : }   >   __/:::Λ: |
  .   {Λ: : Λ : : : } ̄ ̄|\./{∨}:/  V
    /⌒\{ ̄\::乂__ | Λ{ ノ/
  . /           \| 〈〈〉〉\
  /        \    〈∨〉  \

.


9272 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 22:59:48 ID:dMwsn9jI




                                                      ,. .‐ァ
                                                   /: /
それは、『視界』と『操縦しやすさ』よ                                i: : :/     ,... .---. . . .、
                                                  ヘ: :.{  ,.<: : ,: : : :- : :_: : :.\ __.,ィ :丶、
アメリカ機が、360度の視界(注1)を確保できていて敵と状態と味方の状態を        >ヾ、: : : : : : : : : : : : : :`: : :.f   ./: : : : : :ヽ
自分の経験、知識、想像力を基に正確に分析しやすいうえに              , '.: : :, :': : : : : : : : : : : : :,: : : : : ヘ   .{: : : : : : : :ヘ
油圧アシスト付で操縦しやすいので素早く反応が、出来ていたのに対し、     / : : ;.': : : : : :___,,,... zzzi: ':,: : : : : ヽ  !: : : : : : : ; ヘ
                                                  /,: : : :_,.z|!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!|: : ',: : : : : ヘ ,': : : : : : : :i',: ヘ
ソ連機の後方視界は悪く(注1)敵と状態と味方の状態を      .        ,'_;.<i!i!i!i!i|i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!iァi!| : : ',: : : : : : {、 : : : : : : !ヘ: ヘ
自分の経験、知識、想像力を基に正確に分析しにくい(注1)うえに          ,'マi!i!iマi!ij!>'ム     / :}!|',-:一: : : : : :.ヘ : : : : : : ! ノ: :ノ
油圧アシストが無くて素早い反応が、困難だった事が明らかになったの    ノ'./マ>マ、.   lム    / .ムi| ___: : :、: :ヘ : : : : : イ:/
                                             ' .i: :Ⅳ、. マx  Wム / ./i!i!l ̄{じリ} `: ,'l N ヘ: : : .:/
(注1)                                             |: :/:マi\マi\ Wi!i!7  i!i!i!i!i|  ゞ彳 : ,' |イ: :`: , イ
車庫入れの際にサイドミラーだけを見える場合と                  ヽ: :i .マi!i!ilマ!i!|.Wi7   iー─┘   /!: :ハ!: : : /
サイドミラーもバックカメラも見える場合を比較すれば分かりやすいと思う      i: :! lマ=7'マi|  7  l        ,| ,' : i : : 人
                                                '; |. !l /  l .,'   |──ァ  ./.:,': : Ν、: :',
                                                 ':l .l|        !  ̄ ,.-→/ : : ',: ', ⌒
                                       .            ハ           ト-イ  //: i: : :Ν:',
                                                   /: : i              /イ|: : :.!: l: ',
                                                イ : : : i          /'  N ヽ:、:! : ',           ,,,、
                                                 ノ: : イi:}       /     /  ヾ¨¨¨''''''' ─- 、ィi!i!i!i\
                                                ̄_...‐ !      /__l_    ,:'              ,/}i7.寸i!i!i!i!i\
                                             ,r ''"  ,.=┴---   ...L. イ7 , :'             ,ィi' |′ .寸!i!i!i!i!\
                                       .     /   <            ,'            ,ィi!i!i|. |    寸i!i!i!>'

.


9273 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 23:00:09 ID:dMwsn9jI




         ___
        /: : : :>
       .;′: : :./       _,,.. -‐――- ..._
       .|: : : : :{  _,.。 *''": : : : : : : : : : : : : : ~"''~、、
      八___:.У: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : :`x'⌒
         ./: : :.:.:/: : : : :.:∧: : : : : :.|: : : : : : : : :ヽ'´  _
         /:/:.:.:.:/: : : : : :/ ∨: : : :八: : : :.∧: : : ハ/: :
     .   /:/:.:.:.;/|: : : : :.:;' ,ィf三三三ミヽ: : :.:ハ: : : ハ: : : :
       /:/: : :,仁ミ|: : : : :|彡',.笊 ミx⌒ヾ〉: : : |: : : 人: : :
     . /八: :./ , -!: : : : : |  ん   ハ   .!\/: : : : : :.>:
     /: : : ∨ ./::::::∨: :.:.:.|  | ::::・::::  }   |: : :.:`ト==彳: :
     `¨¨|: :| ; :・:: 圦: : : |  | :::::::::  /  |: : : : |⌒Y: : :
     .   |: ;゙ !   / \__|  乂__./    |: : : : |   !: : :
       Ⅳ  ゝ ' `           ⊂⊃ |: : : : | ./: : :
       .i{ ⊂⊃   _, -‐ヘ         ;': : : :厶イ\|ヽ
       人      マ:::::::::}         /: : : /: : : : : : :
         个o。.    \:::ノ     _,. .イ: :.:/: : : : : : : :
         ∧: :|: : ≧=‐----‐=≦  /厶イ7: :人: : ∧: :
       .厶斗;レヘ;从从//-┴――┴、  ⌒ヽ ∨ 从/
               / ,' ̄ | ̄ ̄ |¨´ ∨ .∧
              ./ ,_..|___|_   Ⅳ  ∧
             ./  ,----|-----.P   |.∨  ∧


 このような違いにより、アメリカ機の方が、
 意思決定速度の点で優位に立っており

 アメリカ機の方が優秀な成績を示したという
 事実から発展・理論化したのが、

 米空軍の天才ジョン・ボイドが
 理論化したOODAループです

 簡略版の模式図↓

 (遺伝的性質、以前の経験、文化的伝統、新しい情報による)
               ☟
 Observe(観察)→Orient(状況判断)
 ↑                 ↓
 Act(行動)←←←Decide(意思決定、仮説)


 このループを高速回転させ、我が方が、更なる行動を繰り出すことで、
 敵が、我が方の行動に対して対応しきる時間を奪い、

 敵のミスを誘発させる事で、我が方を有利にする事が出来るとされているわ。


9274 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 23:00:31 ID:dMwsn9jI




     |三三三三三三三三三三三三三三::::}__
     |三三三三三三三三三三三三三三:::ハ:.:ヽ
     |三三三三三三三三三三三三三三:}......i:.:.:.∨  ちょっと脱線
     |三三三三三三三三三三三三三三:{.  l:.:.:.:.:
     |三>―――――――<三/ ̄ ̄ } ,:.:.:.:.:.:'  (注2)
     //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`マヽ:.:.:.:.| /:.:.:.:.:/  飛行機による空中戦において
    l/':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\)__/_/   全方位を確認できる事と周辺警戒の重要性、
    l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ「      操縦し易さによる素早い反応のありがたみを実体感したい人は、
    |:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
    {:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.|      DMMゲームズの基本無料PCゲームWar Thunderで
   ノ:.: . |:.:.:.:.:.:.:./ヽ:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:}:.:.|
  ..{:.:.:.: ∧:.:.:.:.:/.. ∨:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.|:.:.∧:.:.:.:.:.:l:.:.|       空ABを初期機体で飛んでみれば
   ヽ:./ ∨:./   ∨:.:. |:.:.:.:.:. |:./  \:.:.ハ:.:|
    l:|x≠∨===x. Ⅶ:.:.:.:.:.:.:.:.l/x≠=∨xⅥ      初心者狩りの洗礼をボコスカ受けて
    幺  -―-  ミ':.:.:.:.:.:.:.:.:/'  ― 、   |      『全方位を確認できる事と周辺警戒の重要性』を実感できて
    | /.      ヽ.Ⅵ:.:.:.:.:./. /     , |
  ... ハ i.    ・   l Ⅵ:.:.:./. l   ’.  l |       そのまま数時間耐え続けて
   _.:.:八         '  }:.:/  乂    ノ . l
   {:.:.l   ー‐     ´  ,    ̄           研究ポイント(RP)を貯めて
  ......〕:|                           Ⅵ
    |:.、      Γ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.マ         八     エンジンが2つ付いている飛行機を使えるようにして
    |:.:.:、      :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     , イ      空AB対戦中に地面近くを飛んで、敵からの攻撃を回避し続ければ
    ト、 {≧z    丶:.:.:__:.:.:.:./  ,  イ:.:.|       『操縦し易さによる素早い反応のありがたみ』が、分かるよ()
  ......八\{::::.マ三≧=========≦ ヽ::::://|
    ト、:∨::::::,:::::::}::::::::::::::::::i:::::::::::::{::  ∨´ヽ/
    【::/:::::::/ rf三三三三三三三) 、..∨ |
    |′:::/...... l      |    l  :. .∨ {
    |.:::::/.   /.       |    |   :. ∨
    |::::,   rf三三三三三三三三)  ’ ノ、
    |:::i          │       l{.. |

.


9275 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 23:00:52 ID:dMwsn9jI



>>3480
提督 ◆YS5GWdOgOw[sage] SUYUlVXo

>OODAのwikipediaのページにこんな注釈が

> 陸上自衛隊への導入に関わった三原光明 元陸将補は、経験的に本モデルがうまく機能するのは小隊程度までであり、
> 師団ではまず無理であると指摘するとともに、OODAは機動戦、逆に従来から知られているPDCAサイクルは消耗戦など、
> それぞれの得意な分野で適用すべきであると指摘している

>陸自では「OO」を「I(information)」に置き換えたIDAにしているとのこと

>2つ目のOが状況判断なので極めて属人的だなと思っていたらやっぱりだったというオチ


                                         _     . - ‐━‐- .
                                       /:Y⌒  . : :´: : : : : : : : : : : :\
元々、『航空戦に臨む1人パイロットの意思決定』を        .{: : :{ ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ /⌒ヽ
対象としていた理論であり                       ゝ、:∨: : : :/: : : : : : : {: : : :V: : :∨∧: : : : : '.
                                        ./: :/: :/{: :/: : : : :ハ: : : :ト : : :V:∧: : : : : }
1人のパイロットの思考サイクルを体系化、              /: :/: :/ 乂{: : : : : | x≦三\: :}: : 乂: : : :|
一般化させた理論なんだから                      .′:l{::/≦三': : : : : ! ./ ⌒ヽ }V : ト彡': : 八
属人的と言われるならばそこは否定しきれません         ノ:_:.ィV{ ./´   ヽ: : : { { :::・::: }|: : : |Y: : : {ーゝ
                                       ̄ {: :.| { ::::・::: }丶、{ 乂 __ ノ !: : :.}ノ≧=-
ただ、アメリカ海兵隊という軍組織において               | : | .ゝ __ ノ 、        .|: : :八: : {
OODAループによる意思決定サイクルが、                .从:{      r : : :]    .人:./: :{: : 乂
実用化されているとする話が、                       /∧ゝ . _ __  ー  -=≦  }/、:八 ̄ ̄
                                       ./: : 人:ト、:/ / ./三三三三()!  V
提督さんのOODAループによる意思決定サイクルは、          ̄     .′l{__ __{_/^>‐く{_  .}
属人的であるとの言葉に対する反証となります。                 {  ̄ { ;;;;{;; {    } ` |
                                              ゝ _乂_;};;{ゝ-<__.ノ
                                              「ニニ「__|   }二」
                                              ノ ̄ ̄/ ゝr<   >

.


9276 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 23:01:13 ID:dMwsn9jI




  . /l                               また、陸軍の各レベルの指揮システムと
   l  l    /                ヽ、/ヽ      パイロットの意思決定の違いに関する
  . 、 ヽ  /      /        、     ヽ ⌒ ヽ    前提知識が、無いせいだけど
    ー- 'l    l  /     /\  ∧  l   l    l
       l l  ∧ リ  l  l  ヽ_ L__∨ l  l l    l     提督さんは、『航空戦に臨む1人パイロットの意思決定』
      / l /≡乍l.  l  l 彡≡≡≡∨ l l   l   l     を対象としていた理論を一般化したOODAループの誤用事例から
    _/  l /´,-二ヽ l  .l ' /二ミヽlソ l   l   し    帰納法的に考えたせいで誤解してる
    ー┤ y l .:::,:ヽ l  l  l  ::::,::: レ l    lゝ--'
      l l ソ  l ::::::: ヽミ__l  ヽ ::::::: ソ l l))  l       OODAループは、あくまでも1人の人間の意思決定プロセスを
      l l l   ゙ --- ' 、       -- ' l l lソ   l       体系化、一般化させた理論で
        ヽ      __,,.. .-‐{    l ソ  /ソ \_,
         l_   __r-ヾ,:::::::::::::λ __ リ ソr-く_/ ゙ --ソ    IDAも旧来の陸上自衛隊の部隊が行動する際の
           l ~""/ )=,>l----'゙ ゙゙゙̄ )イl r ' ヽゝ--'     業務手順をモデル化しただけなんだ
         l レ┤'´,┴, l ヽソ--┴, l  ヽr、゙ー'丿
         -' rl   ⊃_ '┬---l l  /、ー--<
           人ヽ___)====l====b l、/ ゙===/
          'ヾ、二-'──┴──┤、    /

.


9277 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 23:01:35 ID:dMwsn9jI




                                                 {:.:{
 はい、お勉強のお時間です                                 \_/´ ̄ ̄`二ミ 、/7^ヽ
                                                   /: : :.⌒⌒ヽ: : :.\ヒ7.: : : :.\
 陸軍の部隊と言うのは、下から順に以下の様になっていて              /: : :./ : : : : : : : \: : ヽ ∧: : : : :.ヽ
                                                  /: : : {.: : : : : : : :: :: :.}: : :.∨∧: : : : :.}
 概ね同じ規模の3、4個の部隊+αを纏めると          .             {: : : : |: :{.: : :.i: :i: : : :|.: :: ::.}:\}.:. :. .:.|
 1つ上の部隊にクラスアップします。                           i|: : :i─-、: : :.|: :|: : : :|.: :. .:.|: : ∧: : :.`\
 なお、この人数は、時代が変わっても人数は大きく変わりません   r-、     ノ:{: : :|芹示  ト、´ ̄`}: : :.乂.:: :.∧: : :.\ ̄´
                                           ∨ヘ  /∧: :| じ} \{芹示//: :.∧.: : : :.∧\_\
 1、分隊(10人ぐらい)                               } }/{/{/: :.ヽ{ "" /   じ} イ}: :厶イ.: : :. :. :.\_
                                          r<_{八 |: :i: : :.ト、  、__,  ""/../: : :.|: : :.| .人_
 2、小隊(40人ぐらい)                             / ─`Y i从{\ .{乂ヽ _  イ/: :/イ: : /: : 人\ト、
                                          〈 二ュ} } / ̄{⌒ン、_/`\-ノ/彡イ\≧=-
 3、中隊(平均150名、ダンパー数(*注)と同じぐらい)          ∧  Y  /イ  _}//个}}    // ̄ ̄\
                                      .    ∧ } /   L二二//二ユ´ ̄      \
 4、大隊(500人ぐらい)                              /  {     / /∧\ \         ≧┐
                                      .    /   .ト、  / .//二ヘ ∨  \      / //
 5、連隊                                    /   / \/ L_{ {──} }    \__ / ̄ ̄\
 (兵士の募集・教育やなどの行政管理を受け持つ規模の部隊)    {    | {      |i  ⌒ヽ.     \         \
                                         _|    | ト      |{     ∨     \         \
 5.5、旅団                                  {│   ∨ 厂} ̄´  ` ̄ ̄ ∨      ヽ       }
                                        |∧   ノ / ∧          ∨               |
 【≒部隊の充実よりも部隊全体の輸送のし易さ優先で        {  ーイ  /   ∧          \                 |
 少しコンパクトに編成した師団】                      \\  ./       〉  ∧       `Yミニニ\      \
 or                                        \\{     /  ./ ∨          \ \      }
 【師団からの補給が、必須な部隊で師団と連隊の中間組織】       } }    {{  厶┬へ            \ \.     |
                                            `Y     \./  辷」}        /´ ̄ ̄` i
 6、師団(戦略的に運用され作戦を行う最小単位)               ∨     /    | |      /     }_.}
                                      .        ∨   /     .| |___/      /  {
 7、軍団

 8、軍(昭和時代の関東軍など、≠陸軍、海軍とかの軍)

 (*注)ダンパー数
 ある個人が、各人のことを知っていて、
 さらに、各人がお互いにどのような関係にあるのかをも知っており
 人間が円滑に安定して維持できる関係の上限数

.


9278 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 23:01:56 ID:dMwsn9jI



> 陸上自衛隊への導入に関わった三原光明 元陸将補は、経験的に本モデルがうまく機能するのは小隊程度までであり、

                                          キ////}
                                          .キ///彡                               /
 そうだな...陸上自衛隊のように現代的な陸軍の           キ///从            ...__        ヽ 人 / 弋 ,、
 部隊運用・想定・戦術なら                          キ/////)        x≦::::::::::::::::`ヽ    ヽー'          ー /
 分隊、小隊までOODAループは使えると言う回答になるのは当然だ  .マ////爪        ∥:::::::::::::::::::::::::::'。     }    よ  み   廴
                                            マ/////\    弋从(乂ハ刈::::::::::}   ノ      く   ん    廴
 俺が、補足するならば、フランス革命以後の国民国家の発生と      マ/////:::\    (::::) γヽリ:::::::::/  イ     .や  な    /
 それによる愛国心や郷土愛によって団結した                .マ///////ミ; ノー{ く _ ゞ ' ノ/ ル'  `ヽ     っ         (
 国民軍かつ散兵の誕生によって                          マ////////k | '。トニヽ γ  ≧x  〈       た         \
                                              マ///////ノ_.| i} ゙ー ' オi!k マ/〉  ノ                 r
 戦場から逃げたら銃で背中を撃つと脅さなくても戦場から逃げず、       寺}  __  ̄¨ `i≧=彡 ㌢ //ヽ ⌒ヽ           ゝ
 自分の意思で敵を殺せる平民出身の兵士が誕生して               マ  |///≧ュ三三/ 廴_ ヾ |≧o。/        γ⌒
                                                 |  |////㌢  /≧x `寸ノ////≧x ⌒ヽ /⌒
 戦場で並ぶ兵士と兵士の間の距離が、                         |  |////   //////≧x `¨</≦:::::.    ∨
 一気に大きくする事ができるようになる           从  人  /|        |  |///   /////////㌢ /////:::::}
 (=1人の兵士が受け持つ面積を一気に大きくできる)    ∨  ー  ーγ     マ マム ///////>¨´ //////〈:::::ヽ
                                           弋       マ 〉//////>¨´  イ////i!///∧::::|
 『よりも前』ならば                          全  お   ≧ーラ   ∨//>¨´ .。o≦///////{////∧:::.
                                    員  前     /   /  x≦////////////∧/////∧::.
 小隊よりも1つ上の部隊である『中隊でのみ』         勇  た   イ     .〈 ζ )>斥  {/////ζ  マ////∧::.
 OODAループを用いた意思決定サイクルは、         者  ち    廴__    ( ≧ー-  O⌒ヾ////{⌒丶 マ////∧:
 機能するはずだぜ                        だ  は   γ´     } `¨ー- ._>¨´::::`ヽ   \/////}
                                             {    γゝ//\// /::::::::::::::::∥::...    |////∥
                                    ≠x         ゝ  ./ゝ.._  `¨ }::::::::::::::::::O:::::   ∥///∥
               代理AA長谷川ナポレオン→   ∨   ヽγ⌒`ヽ(  // ゞーi!`¨气‐|::::::::::::::::::`ヽ;   ∥///∥
                                             //\   j 彡 キ `寸::::::::::::::::廴 ∥///∥
                                            ./ /   ≧〈     .キ  ー:::::::/   ∥///:∥

.


9279 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 23:02:16 ID:dMwsn9jI




         x<  ___......__ `ヽ   f´ ̄ ̄`ヽ
       /' \ `ヾ圭三::::::ヽ    | み   |     >中隊(平均150名、ダンパー数(*注)と同じぐらい)
     x≦{  '。Oヽ  }圭彡:::::::ミ i  | ん    |
  ¨´  __,;廴  `¨  ハ彡:::::::::::ミ |  | な    |     >(*注)ダンパー数
  x≦圭圭ゝ __j  イ彡::::::::::::::ミ |  | い    |     ある個人が、各人のことを知っていて、
  圭圭圭圭圭圭彡:::::::::::::::::::::::ミ |  | い    |     さらに、各人がお互いにどのような関係にあるのかをも知っており
  圭圭圭三二::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ |  | や   |     人間が円滑に安定して維持できる関係の上限数
  三二::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;::::::::::::::: ! | つ    |
  :::::::::::::::::::::≦圭圭圭圭圭ミ::::::::::   | だ    |
  ≦圭圭>¨´::≡二三圭圭ミ:::::::.  乂___ノ
  圭}㌢:::::::::::::::::γ ,;;r斥彡イ圭}::::::. '         中隊の人数が、ダンパー数と一致するのは、偶然じゃない
  ㌢::::/ ヾ:::::::卅={:::::::::::廴 r斥k:::::. '。
   {∥≠x:::::::::::::ゞ ゞ:::::ノ´ 弋リ圭:::::::. '。     中隊とは、元々は、
   圦 廴ζ:::::::トミ      ,;  寸圭ミ::::::..ゝ
  _ 从ゝ `ヽ廴圦     ゝ 孑斧圭圭≧リ `    『隊長が、自分の目で視認して』【Observe(観察)】
  三二≡≠7ー  ヽ xr≦斗  `゙¨寺㌢
 f´ ̄ ̄`ヽ     / |   .,,_ ノ     ゙ー―    『敵の部隊の状態と味方の部隊の状態を
 | 明   |    イ  |   ∥            自分の経験、知識、想像力を基に分析して』【Orient(状況判断)】
 | 日   |   .i!i.  廴   }
 | お    |   .|i!i   ト `ヽ廴___          具体的にどの敵(部隊)を攻撃するかを『選択』【Decide(意思決定)】したり、
 | 前   |   |i!i   i!ミiヽ/// xヽ
 | た    |   イi!j__|iトミ}/// /:: !         前進・後退の速度や方向を『調整』
 | ち    |          |∨/  /:: /         【Observe(観察)】【Orient(状況判断)】【Decide(意思決定)】した上で
 | の   | __.。o≦//| ヽ ∥:: /
 | 何   |  ///////|   |弋 廴          『隊長1人で部下の兵士全員に対して
 | 割   |  圭圭ミ::::|  リ   `ヾ          肉声で命令を出せて』【Decide(意思決定)】
 | か   |  マ圭圭ミ:| イ/≧x   \
 | が   |   マ圭}圭}| }圭///\  \       『動かせる』【Act(行動)】
 | 死   |    マ圭圭|ノ圭圭圭/    /
 | ぬ   |     マ}圭}|圭圭}㌢   。’       部隊で、あるが故に必然的な収束した数だと考えられる
 ヽ___乂  k   マ圭リ圭}㌢    。’ f´ ̄ ̄`ヽ
  圭圭圭圭圭k  マ圭}㌢   。イ   | 残   |  その為、この当時の中隊ならばOODAループを用いた
  圭圭圭圭}圭}k  マ㌢    。’}::|   | 念   |  意思決定サイクルは、機能する。
  圭圭圭圭圭圭k /    。’|㌢〈  | だ    |
  圭圭圭圭圭}圭}Y    ./圭|///:)  乂___ノ
  圭圭圭圭圭圭}/    /}圭}|//彡
  圭圭圭}圭}圭}/    /圭圭|///{

.


9280 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 23:02:48 ID:dMwsn9jI



  >愛国心や郷土愛によって団結した国民軍である散兵の誕生によって

  >戦場から逃げたら銃で背中を撃つと脅さなくても戦場から逃げず、      ≠ =ー-
  >自分の意思で敵を殺せる平民出身の兵士が誕生して             /≠≧ ュx \
                                               r≦::::三( ノ}℡__. ー  x
  >戦場で並ぶ兵士と兵士の間の距離が、                     ゙彡::::::::::::::::::::::::::::::::::イ廴.ュ
  一気に大きくする事ができるようになる                      ノ::::::≦圭圭≧彡γ~´
  (=1人の兵士が受け持つ面積を一気に大きくできる)            イ≦刈}i!㌢tッ リ:::::::}k
                                           廴::  从~゚| _  イ::::::::::::廴
                                                }k゙r≦ .r ==彡z
                                                     rリ圦_  | ト マ彡ー
                                                 乂三:} |}k ¨´ イ≧ー‐x           ∥
          なぜ、これが重要なのか                            ノ .〉 .X/ 从≧イ三三ニニニ℡        ∥
                                              /// 从.__  `寺三三三ニニ〈         ∥
          技術革新による大砲の性能向上や                X./| .∥ニニ㌢  /三三ニニニニニ{      ∥
                                               .《 {㍑| /ニ㌢  イ三三三ニニニニ;.:.       ∥
          大砲を運用する専門家の軍人らが                |k マ:|./ニ㍗ イ三ニニ三三三ニニ;.:.:   ;,    ∥
          大砲の運用を一気に洗練させたからだ             |℡ .∨¨´/三三ニニニ三三三ニ: : ::.. キ      γ
                                             ζ三}  x三三f⌒ヾi´ ノ三㌢~寸:.:. ..::.  '。 ∥ .∥
                                             〉三i! /㌢¨ー圦   ⌒ヾリ   マ:.: .: :.:ミ '  ´
                                               ∥三廴'  -=≠ー-  斥}〉   ,:.:.  ..:三}'
                                              ∥ニ三i~´ー====≠=ー--  ,,;:.:.    ..:.㌢   iト、
                                         _        ∥三三〉≠~¨ ̄>¨´     ;;:.:.:'  .:;/ i!   i/∧
                                  γ≦ ヽ    .r ≠ ⌒寺≦ニ㌢~     ≠ー;.::   .:.:''。 i!  .i!//∧
                                   マム__.マム.__/ 廴 7 ル'¨¨/ /   /   ;:.:.:.   .::.'  。 i!  i!////
                                 。 ’ノ ー'廴 >¨´/////〃/// /   ./   x≦:.: 丶 ..:.::'ヽ  ・  i!/////
                               。’ 〃´   〃         ∥  ∥ : : : .∥::..../圭:.:.:    ::.   i   i!  i!//≠ー
                              ///:.∥:.:.:.:.:.:∥:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∥:.:.:.:.| {:.:.:.:.:||:.:.:.:{圭::.:.:.   :.:.:}: :|:.:.:.:.i .i!㌢
                               ∥//∥/////|:|/////////:|:|////! ::::::::::i!:.:.:.キ圭:.:.:..   ,:,;;ル::;:::::::::} i!
                               {i///γ 刈}k/|:|/////////:|:|////k :.:.:.:.:k.:.:.:.:.:マ圭::.:.:.:.::.:./:.:./:.:.:.:.; . i!k
                             / ̄ ̄{ ::::::|¨¨~ ̄¨T¨¨ `寸∧マ///∧ : : : : :\: : :ゞー  '~   : : : :/ i!ニゝ
                            ./ =≡弋 ::リ  三二i:! O i!/∧マ///∧ ゙'''~´  丶.__  彡_./       i!//}℡
                           ../       ¨      i:!   i!//℡マ////}k、      ̄¨¨   ./i   i!////∧
                           ./三二≡=   = 二三i:! O i!///℡ 寺////≧o。.     __.。<  i   i!////{
                          ┴―‐‐    --  ュ   i:!   i!三三三三三三ニニニニ:| o i! ̄ ̄三二三三 ̄ ̄ ̄
                            二三三   二=|   i:! O i!::::::::::`¨<三三三ニニニ| o i! 三二≡=   =≡

.


9281 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 23:03:09 ID:dMwsn9jI



        性能向上した大砲と洗練された砲撃の専門家による砲撃という
        『兵士が、持つ銃で攻撃できる距離よりも長距離から』

        『一定程度の面積』に存在する兵士を
        『一定の密度・確率』で『確殺』する事の出来る攻撃

        そんな敵の大砲によって狙われてる中で、
        『集団で纏まって兵士や部隊』が敵に向かって突撃した場合、

        長篠の戦いの武田騎馬隊並みに殲滅される


                     _
                   ∠二ミh、                          、Jし
                  >┴、_叨、>――――――――┐――――――t):;  て=-
                / _::」r┴イ゙}´ ̄ ̄ア¨ツ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒ ^Yヽ
                   ∠二ミh、イ^{/ ` ¨´ /´                    、Jし
                  >┴、_叨、>――――――――┐――――――t):;  て=-
                / _::」r┴イ゙}´ ̄ ̄ア¨ツ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒ ^Yヽ
             ∠二ミh、イ^{/ ` ¨´ /´./ー、∠二二ヽ.        、Jし             \Jし
            >┴、_叨、>――――――――┐――――――t):;  て=-二二]ニニニニニニ=):;  て=-
.             /:ヽ::::」r┴イ゙}´ ̄ ̄ア¨ツ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒ ^Yヽ                ^Yヽ
           |ヽ/⌒´/^{/ ` ¨´ /´./ー、∠二二ヾ}⌒                       \Jし
           | { o/}i:「∨ニ=-- ´   { /⌒{ヽ>-或弌二二アヽ二二二二二]ニニニニニニ=):;  て=-
           ∧/ ,/ }i:`、∨. _}   / ,:__. ノ-イ三_二ン⌒^               ^Yヽ
           /\/! / ∧ヽ   W /ー、∠二二ヾ}⌒ヾ 〈___}                  \Jし
             {¨¨ア¨´⌒¨¨ヾ}.  { { /⌒{ヽ>-或弌二二アヽ二二二二二]ニニニニニニ=):;  て=-
             {//ー-=  _}   ,./ ,:::::`´ヽノ-イ三_二ン⌒^ニヽ、            ^Yヽ
             ヾ/\ /ヽ´  W.¨ ヽノ{ `¨゙7´ヽ}⌒ヾ 〈___}.゙ ̄ ̄´^
               〈-ヽ/   ∧  {  / ,[ .:/  ソ〉 ̄ ∨|ニ∨_
               ノ__,/   ∧ ,〉 ヽ/〈/〉 /┘>、- }.|ニニニヽ、
              ′/       「¨ }  .r-{ / ̄ ,.:/  〈___}.゙ ̄ ̄´^
              「ニ′    ∧¨「  / 「\   :{   |ニ∨_
           ノニ{       {ニ{  {/ミh、 \_ ヽ   |ニニニヽ、
          〈_/         └、ヽ     ミh、}_,ノ    ̄ ̄´^
                    ^´
                                            __                  __
                       ドドドドドドドドドドドド!!.       |風|                 __   |風|
                                           |林|  __        .   |風|    |林|
                                           |火|   |風|          |林|    |火|
                                           |山|   |鈴|          |火|    |山|
                                    _∧ ∧(oノヘ| ̄  .|火|          |山|(oノヘ| ̄
                                   (_・ |/(゚∀゚ )|\.  |山| ._∧ ∧(oノヘ|/(∀゚ ) |\
                           _∧ .∧(oノヘ   |\Ю__∧ ∧(oノヘ | ̄ (_・ |/(゚∀゚ )|\ ⊂)_ |√ヽ
                          (_・ |/(゚∀゚ )\ (   (_・ |/(゚∀゚ )|\   |\Ю ⊂)_|√ヽ~∪ )^)ノ (´⌒(´⌒;;
                             |\Ю ⊂)_ √ヽ| ||   |\ Ю ⊂)|√ヽ (  ̄ ~∪ )^)ノ( | ( |(´⌒(´⌒;;
                            (  ̄ ~∪ )^)ノ '~ ~  (  ̄ ~∪ )^)ノ .|| || ~( | (´⌒(´⌒'~ (´´
                             ||` || ( | ( |(´⌒(´   ||` || ( | ( |  (´⌒(´⌒;;  (´⌒ '~ (´⌒(´⌒;;
                            '~ ~(´⌒(´⌒;;  (´⌒(´⌒  (´⌒(´⌒  (´⌒(´⌒;;
                                         (´⌒(´⌒;;

.


9282 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 23:03:30 ID:dMwsn9jI




                   -=ニニニ=-     ∠ニニニニニニニニヽ  ○    /寸二二二\
         ○   ○ ,イ  ノ二二二二ヽ  |二二二二二二ニ|     /ゝイ二二二二ニヽ  ○   ○
     寸二二ニ=-    /二二二二二二二ニl  .|二二二二二二ニ|     .イ二二二二ニニニニニ|    /`寸ニ
     ノ二二二二ニ.Y .l二二二二二二二二| /ニニ ○ ニニ ○ ニ∧    l二二二二二二二 |  /ゝ-イ二
     二二二二二二|  | 二二二二二ニ> 寸二二ニニ=- ニニニニニ ∧   /イニニ.O.ニニニ.Oニニ寸 7ニニニニニ
     二二二二二二| /Vニニニニニニニ ハ_ノ二二二二二ヽニニニ|     //:|ニニニニニニニ}' 7ニニヽ..|二二二二
    -────-=== //二二○二二'二二二二二二二二ムニニ/      ::!ニニニニニニニ|/ニニ|ニ |二二二二
    ○ 二二 ○ニニVム二二二ニニニニ|二二二二二二二ニニ .|ー∧    <二二二ニ=-ニニニ.ハ ハ>-──
    二二二二( / ムVム二二二二二.j二二ニニ====ニニ二二 |/ニ∧  /(_ノ二二二二二ヽ.   /イ |ニ○ニニ
    二二二二二/:::::Vム二二ニニニニ/ハニニ ○ ニニニ ○ ニニVムニニノ≧|二二二二二二二二'.  /ニ.| |二二二
     二二二二イ    .二二二二/ハム二二二二二 -=ニニニ=- ニニ |二二二二二二二二.|ニニ二|二二二二
     |\二ニ/寸二二二ニ=-     ヽ二二二 /  ノ二二二二ヽ.j二二二二二二二二 |二ニニ|二二二二
    圦  /  ノ二二二二二二      |Vニニニ/二二二二二二二ニムイニ ○ .ニニニ><二二ニ=- /⌒ヽ二
    .二Y/≧=≦二二二二二二二   八\二|二二二二二二二二ニ.| ニニニニニ/(  ノ二二二/{   /二
    .二 二二二二二二二二二二|-ー〈 .ニニ\|二二二二二二二二ニ.| ニニニニ/二二二二二 /ニニ≧=≦二
      | 二二二二二二二二二二|     ニニニ ム≧=-────-=ニ{ lハ ニニニ7 二二二二二7二二二二二
      | 二二二二二二二二二ニ人ニニニニニニ//::::lニニ.○.ニニニ.○ニニ.Vハ\二| 二二二二二l 二二二二二
      | ニ-────────- ム    /圦. |二二二二Y  7l |::::V≧.\! 二二二二二| 二二二二二
     ./ イ ニニ ○ ニニニニニ ○ニニニ Vム       N |二二二二.| ノニ| | /二二人7ニニニニニニニ| )二ニ=───
    /∧ハ ニニニニニニニニニT 7ニニニニVム       V二二二二ニニ| |イニニニ/ニ/:| ニニ ○.ニニ|ニ7ニニ ○ ニニニ


    だが、大砲が確殺できる『一定程度の面積よりも』

    兵士や部隊を『広範囲に散らばらせて密度を減らす』と共に

    隊列を組んで『行進させず兵士たちに全速力で走らせれば』

    大砲による砲撃で部隊が全滅する前に部隊の『生き残りの兵士が敵兵を攻撃できる』

    つまり、『なす術もなく殲滅されるはずの兵士が、少し生き残り兵士が敵兵を攻撃できるようになる』

    この差は非常に大きいため
    国民軍化した軍は、兵士を散らばらせて運用する散兵化を志向するようになるのです


9283 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 23:03:53 ID:dMwsn9jI




                                                              {:.:{
                                                              \_/´ ̄ ̄`二ミ 、/7^ヽ
  兵士の数は大きく変わらないのに                                          /: : :.⌒⌒ヽ: : :.\ヒ7.: : : :.\
                                                               /: : :./ : : : : : : : \: : ヽ ∧: : : : :.ヽ
  兵士や部隊をより散らばらせて密度を減らすとなれば当然、                         /: : : {.: : : : : : : :: :: :.}: : :.∨∧: : : : :.}
                                                   .             {: : : : |: :{.: : :.i: :i: : : :|.: :: ::.}:\}.:. :. .:.|
  部隊と兵士がいる筈の面積が広がるので                                  i|: : :i─-、: : :.|: :|: : : :|.: :. .:.|: : ∧: : :.`\
                                                       r-、     ノ:{: : :|芹示  ト、´ ̄`}: : :.乂.:: :.∧: : :.\ ̄´
  1人の隊長が、国民軍の中隊全体と敵部隊を視認しきれず                   ∨ヘ  /∧: :| じ} \{芹示//: :.∧.: : : :.∧\_\
  中隊の部下の兵士全員に対して肉声で命令を出せません                    } }/{/{/: :.ヽ{ "" /   じ} イ}: :厶イ.: : :. :. :.\_
                                                       r<_{八 |: :i: : :.ト、  、__,  ""/../: : :.|: : :.| .人_
  つまり                                                 / ─`Y i从{\ .{乂ヽ _  イ/: :/イ: : /: : 人\ト、
                                                       〈 二ュ} } / ̄{⌒ン、_/`\-ノ/彡イ\≧=-
  『隊長が、自分の目で視認しきれず』【Observe(観察)】                     ∧  Y  /イ  _}//个}}    // ̄ ̄\
                                                   .    ∧ } /   L二二//二ユ´ ̄      \
  『敵の部隊の状態と味方の部隊の状態を                              /  {     / /∧\ \         ≧┐
  自分の経験、知識、想像力を基に分析を十分にできず』【Orient(状況判断)】    .    /   .ト、  / .//二ヘ ∨  \      / //
                                                      /   / \/ L_{ {──} }    \__ / ̄ ̄\
  具体的にどの敵(部隊)を攻撃するかを『選択』【Decide(意思決定)】したり、        {    | {      |i  ⌒ヽ.     \         \
                                                      _|    | ト      |{     ∨     \         \
  前進・後退の速度や方向を『調整』                               {│   ∨ 厂} ̄´  ` ̄ ̄ ∨      ヽ       }
  【Observe(観察)】【Orient(状況判断)】【Decide(意思決定)】した上で            |∧   ノ / ∧          ∨               |
                                                     {  ーイ  /   ∧          \                 |
  『隊長1人の肉声で部下の兵士全員に対して命令を出せず』【Decide(意思決定)】    \\  ./       〉  ∧       `Yミニニ\      \
                                                       \\{     /  ./ ∨          \ \      }
  『動かしきれない』【Act(行動)】                                     } }    {{  厶┬へ            \ \.     |
                                                         `Y     \./  辷」}        /´ ̄ ̄` i
  となるので、国民軍かつ散兵で構成された                               ∨     /    | |      /     }_.}
  中隊レベルでは、OODAループによる意思決定サイクルは、              .        ∨   /     .| |___/      /  {
  機能しきれなくなるのです

.


9284 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 23:04:28 ID:dMwsn9jI




  この為、国民軍化して散兵化しても                               .  ´  ̄ ` メ Y⌒\
  中隊よりも規模の小さい小隊規模程度までならば                     /         ( 〈   ハ
                                                 ト、 /            \乂j     ハ
  『隊長が、自分の目で視認して』【Observe(観察)】                  乂_ フ    \  \ _  ∨ハ     .
                                                  i   i    ヽ /´\ jイ il.Y     i
  『敵の部隊の状態と味方の部隊の状態を                       |   i! 、    !\ ≧r' | }   i l l|
  自分の経験、知識、想像力を基に分析して』【Orient(状況判断)】         |   「´\  | .代. ソ! ll八     l!
                                                  li  i | .ィ=く\j   "" ! l| liヽ  人
  具体的にどの敵(部隊)を攻撃するかを『選択』【Decide(意思決定)】したり、   从j 从《弋ソ       ノ リ 从 !\  ヽ
                                                  //ト、\"" ' __ノ  / い |  )  }
  前進・後退の速度や方向を『調整』                          ノイノ リ\ 〕ト .  ´ . イ 从.八/ ル'
  【Observe(観察)】【Orient(状況判断)】【Decide(意思決定)】した上で         /イ∠二≧= ' て水//\\ \
                                                  「二二二二{  {  /介ヘ  /二ニ= 、
  『隊長1人で部下の兵士全員に対して                        ∧.二二二 入「 ̄二ニ「jニ二」二二 \
  肉声で命令を出せて』【Decide(意思決定)】      r‐ 、  _ __             /ニヘ 二二フ / //| l\ \ 二二二. >
                                r'─</´ / )          /二二寸フ '  //  l i  ∨ハ二二/ハ
  『動かせる』【Act(行動)】                  ̄>i ∨i ∧       . 二二二! /  〈__/     i   ∨」ニ/ 二 i
                                 く/\∧/ ヘ _     i二二二7/   l!       |i     V ハ ニ二!
  部隊足りえると考えられます。                 //∧  「ヽ\   |ニ二二7 !          リ     }i li 二 7
                                    /// ∧ノ  i!ニ\__/二二 7 ∧   !     /     从 リ 二7
                               .    /// / /\_ノ二二 \ ニ二7 i  \ __i!__ _斗く    / /' 二 7
                                  /// / ∧  \二二二ニ二7 八    i!  j i! | ̄ i!  / ニ二7
                                  . // / / /\.  \ ニ二二7/   Y      | i! |   / ニ二7
                               .  i// / / /   \  \二二7 -==/\  i!   | i! |   / ニ二7!
                               .  {/ / / /i     \ ≧= -==.__/   X     ! i! ! __斗 ニ二7 }
                               .  八/ / / l! - = ニ \   /    /   ー テテ七  .'ニニ7 /!
                                  ヽ. / /|          ヽ/    /     ///   /ニニ//∧
                                    \/j  ー== ニ∠ ____        /∧!   i.ニニ/// ∧
                                      \       / // ∧        //,iト、   |=ニ ' / / ∧
                                        \     i // / ∧     /(C)ニヘ  / ニ  / / / ハ
  その為、現代的な軍である陸上自衛隊においては、         \ ー=|'/ / / ∧   //「「 /7/∧/ ニ  / / / / i|\
                                            \  ! / / / ∧/ //| |,' /// 〈 二  ' / / //   \
  『小隊レベルまでならばOODAループが機能する』と考えられます。    \ !.' / / / /> . //l l /// /∧_二ニ斗 <ハ      \
                                               〈 \' ' / 二  >V // // ノ   |二 ミV /∧     ヽ
                                               |\ =ー-==彡 /!ム斗/     !ニ ミ/ / /∧      〉
                                               :::: .  ー -- =彡'/ .:: :::i     V ∨ / //.∧    /
                                               :::: .      .:i!  .:: :: l i     \ / // / i|     /
                                                ::: .       .:|   .::::〈_/| ト.   ト' // / /j   . '
                                                 ::: .      .:|   .:: :::八 j i ! ノ // / / リ /
                                                  ::: .    .:|    .:: :: :::.:::.し  // / / //

.


9285 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 23:04:49 ID:dMwsn9jI




                                              _     . - ‐━‐- .
                                            /:Y⌒  . : :´: : : : : : : : : : : :\
                                           .{: : :{ ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ /⌒ヽ
                                           ゝ、:∨: : : :/: : : : : : : {: : : :V: : :∨∧: : : : : '.
                                             ./: :/: :/{: :/: : : : :ハ: : : :ト : : :V:∧: : : : : }
   日本軍における事例で当初は、適切な時期を見計らって        /: :/: :/ 乂{: : : : : | x≦三\: :}: : 乂: : : :|
   兵士たちに対して敵への一斉射撃を命じる射撃指揮官は、      .′:l{::/≦三': : : : : ! ./ ⌒ヽ }V : ト彡': : 八
   中隊の隊長が担っていましたが、                     ノ:_:.ィV{ ./´   ヽ: : : { { :::・::: }|: : : |Y: : : {ーゝ
                                            ̄ {: :.| { ::::・::: }丶、{ 乂 __ ノ !: : :.}ノ≧=-
   より散兵化の傾向が強まるにつれて                    | : | .ゝ __ ノ 、        .|: : :八: : {
   中隊より1つレベルの低い小隊の隊長                   .从:{      r : : :]    .人:./: :{: : 乂
   もしくは中隊より2つレベルが低い分隊の隊長が、            /∧ゝ . _ __  ー  -=≦  }/、:八 ̄ ̄
   適切な時期を見計らって                           ./: : 人:ト、:/ / ./三三三三()!  V
   一斉射撃を命じる射撃指揮官となりました。                  ̄     .′l{__ __{_/^>‐く{_  .}
                                                     {  ̄ { ;;;;{;; {    } ` |
   陸上自衛隊においても『小隊レベルまでならば                    ゝ _乂_;};;{ゝ-<__.ノ
   OODAループが機能する』という推論の裏付けとなり得ます。            「ニニ「__|   }二」
                                                     ノ ̄ ̄/ ゝr<   >

.


9286 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 23:05:25 ID:dMwsn9jI



  > 師団ではまず無理であると指摘する

  >陸上自衛隊も本理論に注目したものの、戦術作戦・戦闘教範である『野外令』に収録するにあたって検討した結果、
  「ビッグO」の具体的な定義が困難であると結論し、
  最初の2つのOを「I」、すなわち「情報」(information)として統合したIDAサイクルに改訂した

                                         /i
                                         l V   , - '    - . )i
    そりゃそうなりますよ                          ``-/  /  `  `  ` ⌒` 、
                                          /   /    `   `  ` >: 、,
    だって、師団の意思決定と行動は、                  /   i      `  `  ii' ` ,
                                         l    l ,   ト、  l  l  lゝ l
    師団の隊長という『個人』ではなく、                 l   ト、l-`,  l- `- l  i` j `Y l
    師団の隊長をトップとする『組織』で『分業』            レl、 i ィfチv,` _i ,ィi笊l∧ l Y   ト、l
    してやるんですもん                            〉 rl 乂ツ   乂ツl ノ l i  i  `
                                          | l .l  .  `     イ/l l l  l
                                          i .l .l  ` 、 - / l  l ト、| 、 `、
                                          l ` .`, .ノ    , 'l, `′  `V
   *ビッグO                                   `、 _`/ ` v '   Y 、
     OODAの二番目のO【Orient(状況判断)】を指す        v--ニニニニ} /::::V   /ニニ,ニニニニ=、
                                        /ニニニニニニl/l::::::i \ /ニニニiニニニニニl
                                       /ニニニニニニニl, /::::::l、 /ニニ.lニニニニニニl
                                      /ニニニニニニ /'’-'  -'、 /.ニニニニlニニニニニニl
                                      /ニニニニニニ/    --_,/ニニニニニ|ニニニニニl
                                     ./ニニニニ/l    , - 'ニニニニニニ`、ニニニニニl
                                    /ニニニ/ニl l , - ニニニニニニニニニニYニニニニニl
                                    /ニ/ニニニV 〉/ニニニニニニニニニニニI lニニニニニニl

.


9287 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 23:05:47 ID:dMwsn9jI



 > 師団ではまず無理であると指摘する

 >陸上自衛隊も本理論に注目したものの、戦術作戦・戦闘教範である『野外令』に収録するにあたって検討した結果、
 「ビッグO」の具体的な定義が困難であると結論し、
 最初の2つのOを「I」、すなわち「情報」(information)として統合したIDAサイクルに改訂した



師団の隊長は、1万人程度の部下を持つ為、非常に多忙               ,、イ       ________
                                                / .:/   _、+''"~ .: .: .: .: .: .: .: .: ~"''~、、
この為、敵と味方の状況が一目瞭然で分かる                    { .: .:{  / .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \ .:ヽ,- 、
最前線に常にいる訳にもいかず、後方の司令部で指揮を取ります。      \__> .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:\′ /、
                                                 / .: .: .: .: .:| .: .: .: .: .:、 .: .|、 .: \ .: .: .:∧/ .: .:\
この為、師団の隊長が、負うべき仕事を引き受けて                  /.: .: .: .: / |.: .: .:、_.:|\:∧ \.∧ .: .: .∧ .: .: .:∧
補佐・分業を行う『参謀』という存在や                         / .: .:.:.|/ .ニ∨ .: .: .: .:| 、,,\':,zz\| .: .: .:.∧ .: .: .:∧
情報収集機関(情報部隊、情報機材)が、師団の隊長を支援するのです     / .: .: .:. !/ ̄ ∨ .: .: .: |㌢⌒ヽ! ⌒! .: .: .: .∧ .: .: .:∧
                                              /.:| .: .: .: | γ⌒ヽ \.: .:. :| 〃 ̄ ̄ヽ.!:. / .:ト、__> .: .: ∧
                                               ⌒| .: .:∨| .{::::・:::::}..三\.:.|ニ.{::::: ・ ::::::}i / .: ;′!\.: .: .: .: .\
                                                ∨ .:.:Ⅵ 乂__.ノ三三三三乂__ノイ .: .;′/.:∧ ̄ ̄ ̄ ̄
                                                  ヽ:.| ミ三彡    __ ミ三三彡 |:. ./-彳.: .: !
           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ     | 込、     ヤ:::::::ノ      ....:!.:/ .: .: .: .:八
           | 助けてマシュ...                     |     | .∨:≧s。. ____゚_J__,,.、丶´ |//\|⌒ヽ/
           | 私しか出来ない                       |     W \!\!\!/ __} }__/   |
           | レイシフトやらサーバントの召喚で時間が無いんだ  |            /  |ニニ| |ニニニ′ / .|
           |                                  |           /   .!____|_|_./  /  |
           | 私だけでやらなくても済む                 |           /__./|ニニ[ ]/  /  .|
           | バレンタインのチョコ作り手伝って...         |        ,ィ「///////⌒Y  /__.!
           ヽ______________________乂        {__.!//////{_.人/     |

.


9288 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 23:06:17 ID:dMwsn9jI



>>3480
提督 ◆YS5GWdOgOw[sage] SUYUlVXo

>OODAのwikipediaのページにこんな注釈が

> 陸上自衛隊への導入に関わった三原光明 元陸将補は、経験的に本モデルがうまく機能するのは小隊程度までであり、
> 師団ではまず無理であると指摘するとともに、OODAは機動戦、逆に従来から知られているPDCAサイクルは消耗戦など、
> それぞれの得意な分野で適用すべきであると指摘している

>陸自では「OO」を「I(information)」に置き換えたIDAにしているとのこと

>2つ目のOが状況判断なので極めて属人的だなと思っていたらやっぱりだったというオチ


  一般的に参謀が存在する                     .      /⌒   _______   /⌒\   つ
  近代以降の師団における意思決定プロセスは、            |.:.|  /´: : : : : : : : : : :<⌒L: : : : : :\ っ
                                            |_:\ : : : : : : : : : : : : : : \⌒L: : : : : :',
  情報収集機関(情報部隊、情報機材)が、            .      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\⌒}: : : : ::',
  『情報資料を収集』し、                            | :/: : : : : ::/|: : : : : : : : : : : : : ∨: : : : : : :',
                                           |/: : : : : :| |: : : :、__|: : : : : : : : \: : : : : : :\
  情報資料同士のクロスチェックなどより                 /: : : : : : : |_ノ: : : : :.|∨\ : : 厂:「:\ : : : |⌒\
  『洗練され精度の高い情報に加工』                  /⌒|: : : : :.|V|   |/\: : |三三|/.: :..|: : : : : : :|
  【Information(情報)】                               |: : : : :.|三三    \|    '''|: : : :|: : : : : : :|
                                            |: : : : :.|''     丶      |: : Λ: : : : :.|
  師団の隊長の補佐であり分業相手である参謀が、             |八: : :.| U    ―┐   (\ / ∨⌒\|
  上位組織と師団の隊長の命令を噛み砕き命令意図を明らかにし      |\ |〉    ∨   ノ  . : :\\     ノ
  命令意図と情報を基に『命令草案』を作成                    | : |: :.个: .  _    イ : : : 厂  \
                                      .         ノ/\ |\|\|\_/\ノ〈     ヽ
  師団の隊長から承認が『得られれば』、                         /  /ニ\   /\___,/ ̄ ̄ ̄|
  『命令草案』に沿って『命令』が、下され              .            /\/(ニ⌒ニ)\/  /     ――┤
  【Decide(意思決定)】                               ┌<   /  \/  \   ',// ̄ ̄|
                                             |    /    }{     \  ',     |
  師団が、『行動』する                                |   ∨=ニニニニニニニニニニニニ=∨ ',      |
  【Act(行動)】                                     |  //       }{         \}      |

  という形なのです

.


9289 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 23:06:49 ID:dMwsn9jI




                                                    /.: : : :. :. :. :.⌒ー: : :.\: :r: :⌒ミ
                                                    /: : : : :././ : : : : : : : : : \{/{´ ̄`ヽ
                                                  /.: : :. :. :./: :/.: : : : : : : :. :. :. :.∧{.: : : : : :.\
                                              /:/.: : :. :./: :/.: : :. :. :.}: : :.ヽ.: :. .:.∧.: : :. :. :. :.}
                                             /:/.: : :. :./: : {: : : : : : /.:. :. .:.i.: : : :. :.∨.: : : :. :.|
                                              ` ̄i.: : : :./⌒ヽ.: : : : :./{: : :/: :}.: : : : : :.}: : : : : : :|
                                              {.: : :./ {/ {: : : :./ !: /厂`.: : : : : :.|: : : : : : :|
                                         /⌒}  ∧: : i 芹云∨: :.|  |/∧.: : : :. :. :. :.{: : : : : : :}\
 つまり、IDAサイクルとは、特段、特別なことでは無い    .    / `Y_  {/i\{ヘ ゞツ \{ 芹云ト.: :. :. .:./: |.: :. :. :. :.|
                                        /{ソュ  ´ ̄}}: : :./}   ,     ゞツ}.: : :: :./: : |.: : : :. :.人
 プロイセン王国参謀本部の設立以後、             .   /{/´/ /7ノ厶イ人         厶イ: :/.:..:.人.: : : :.{  \
 参謀という存在が運用される様に成ってから変わる事ない    {  ̄´ /   .{  }从:.\ n     /: :/: :/:iト、\: : \
                                      ∧   ィ}i    |      \__  <: :/: :/: : :.{|   \厂 ̄´
 陸軍部隊の意思決定と行動を                    {.∧   八   |     { 〉   /`フ}: :/}/\人
 統一的かつ簡潔に説明する事が、                 |__∧_/  \ノ──  ∨^>厂´/ /      ヽ
 出来るようにしたモデルというだけ                  \ ̄´   / ̄ ̄`丶\{_ノ` ̄´      / ̄ }
                                        \   {      \.\       /    |
 そして、だからこそ陸上自衛隊では、OODAサイクルでは無く、     \  |     /´ ̄\\              |
 IDAサイクルを使用して居ると類推できます。                 \、     /     \\  ∧       .|
                                             `7、 ./       ヽ_>  }      |
                                           /{⌒{∧\        /  /│    │
                                          / 人 \{\\____/  ∧ .|     j
                                         / / .{    \\____// } }     ∧

.


9290 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 23:07:10 ID:dMwsn9jI




                      ,、
        ____        |: \
     >'゙´: : : : : : : : : :~''<-、-:|: : ∧
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : \ソ: : : ノ
  ./: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : \¨´|
  ,:': :/: /: : : _ノ : : : : :.:|:、_: : 、: :\|
  |: :;′|: :/ \/^ヽ : : :.|\ハ: : ',:ト:_>
  |:/: :.:.Ⅵィf干芹ミx∨: /x竓气Ⅵ|:|: :|   ただ、IDA サイクルは、情報の優越を扱う物であることから
 _/: : : :.:.:| ん ::.:ハ レ' ん::..ハ∨:|:八  「IDA サイクルの優越」 という言葉だけで
  | ̄|: :.:.:| 乂___ノ   乂__ノ ∨⌒¨´
  |: : :|: : :|     ___ ′    }:|    相手よりも相対的に迅速、 精密かつ正確な情報を入手することで、
 /: : 人: :|、    乂::::ノ    ./ハ    相手よりも相対的に迅速かつ適切な決心を導き出し、
  ̄ア彡、! |≧=‐-------‐=≦|;/\|    相手よりも相対的に迅速かつ適切な行動を取れるようにしようという
        | i⌒ア¨ ̄>、 |
        |\¨´  /、_/        組織が目指す方向性を構成員が共有できるようになるという事も考えられるので
        |  `¨¨´ |   |
        |三三三[___]三|         一般化して統一的かつ簡潔に説明する事が、
        |           }         出来るようにしたモデルというだけであっても侮れません

.


9291 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 23:07:51 ID:dMwsn9jI




                                                     _____
                                                  . . : : .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: . . _
OODAループによる意思決定サイクルの話となると                 /{ ,.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .ヘ.: .: /i:>ヘ
アメリカ海兵隊には導入できて、なんで陸上自衛隊は、無理なんだ!?    〈.:.V.: .: .: .: .:'.: .: .: .: {.: .: .、.: .: .\{/.: .: .:',
って言う人が居ると思いますが、                             y.: .: /.: .:/.:/.: .: .i八.: .: {\.: .: .:ハ.: .: .: .:.
                                               ,.: .:/.: :ィ.: /{.: .:...:| 〃 ̄ ¨¨V.: .: 八.: .: .: .i
これに対する個人的な推論による回答は、差し控えます。               /.: .:'.: .:斗ミハ .: .: | /.: ̄.:ヽ V.:.:.i.: .\.: .:八
                                     .         _ノ.: .: :{.: /: ̄ヽ八 .: | {::・::::::::::} }.: .:|^Y⌒.: .: .:.\
『アメリカ海兵隊の立ち位置』                           ⌒¨¨i.: V{:::・:::::}  \{ 乂 __ ノ ノィ.: } }.: .: .: .{ ⌒
や『組織構成の特殊性』から説明する必要があり                   |.: :i  ー  ,         |.: .:,_ノ.:\.: 人
                                                |.: .{      _ -┐   .:.}.::/.: .: .: .:{ ⌒
今日のここまでの投稿以上のレスを重ねる必要があると思うんで()         八:人        、_ノ   ィ.:ノ八.: ./⌒
                                     .            人:{:≧=-r‐:r r‐=≦ニハハ⌒)'
一応、端的に言うと                                    ⌒¨⌒}.:.八.::{ | | ̄「 ̄.:|  }
>OODAは機動戦                                            ⌒ | |==r===|  |
これが、カギになります。                                         | }ニ「」ニニ{==|
                                                        |/___ハ ___ L__}
                                                       〈ニニニニニニLノ
                                                          ^「::「 ̄「:::{
                                                        L」   L:」

.


9299 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 23:12:50 ID:dMwsn9jI




  .      /⌒   _______   /⌒\   つ     最後に、OODAループによる意思決定サイクルに
        |.:.|  /´: : : : : : : : : : :<⌒L: : : : : :\ っ     対する私の意見を述べておきます。
        |_:\ : : : : : : : : : : : : : : \⌒L: : : : : :',
  .      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\⌒}: : : : ::',     OODAループは、ジョン・ボイドという名の
       | :/: : : : : ::/|: : : : : : : : : : : : : ∨: : : : : : :',    リアル米空軍版トップガンパイロットが、理論化した
       |/: : : : : :| |: : : :、__|: : : : : : : : \: : : : : : :\
      /: : : : : : : |_ノ: : : : :.|∨\ : : 厂:「:\ : : : |⌒\ 雲や太陽程度しか隠れる物が無く、高度・敵味方の速度などで
     /⌒|: : : : :.|V|   |/\: : |三三|/.: :..|: : : : : : :|     『敵味方の有利不利が、敵味方も自明となる』
         |: : : : :.|三三    \|    '''|: : : :|: : : : : : :|
         |: : : : :.|''     丶      |: : Λ: : : : :.|    空中においての戦闘時の1人のパイロットの
         |八: : :.| U    ―┐   (\ / ∨⌒\|     意思決定サイクルを一般化した物なので
          |\ |〉    ∨   ノ  . : :\\     ノ
          | : |: :.个: .  _    イ : : : 厂  \        Observe(観察)の段階で
  .         ノ/\ |\|\|\_/\ノ〈     ヽ       不正確な情報ばかりが、集まりやすい環境下においては
                /  /ニ\   /\___,/ ̄ ̄ ̄|    情報分析的な観点からもIDAを採用して
  .            /\/(ニ⌒ニ)\/  /     ――┤
         ┌<   /  \/  \   ',// ̄ ̄|    『情報資料収集者』と『情報分析者』、『意思決定者』を分けて
         |    /    }{     \  ',     |    分業して客観的に情報を
         |   ∨=ニニニニニニニニニニニニ=∨ ',      |    分析・活用できる形にした方が、良いと思います。
         |  //       }{         \}      |

.


9294 : リヨ経済学科teaRgggC ◆PU05Auwg6A : 2023/11/01(水) 23:08:40 ID:dMwsn9jI




 おまけ                               ,、イ       ________
                                   / .:/   _、+''"~ .: .: .: .: .: .: .: .: ~"''~、、
 拝啓、イッチ様へ                     { .: .:{  / .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \ .:ヽ,- 、
                                 \__> .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:\′ /、
 ここまで時間をかけて                    / .: .: .: .: .:| .: .: .: .: .:、 .: .|、 .: \ .: .: .:∧/ .: .:\
 丁寧な読者投稿してあげたので                /.: .: .: .: / |.: .: .:、_.:|\:∧ \.∧ .: .: .∧ .: .: .:∧
 多少、情報のおねだりしたいです。          / .: .:.:.|/ .ニ∨ .: .: .: .:| 、,,\':,zz\| .: .: .:.∧ .: .: .:∧
                                  / .: .: .:. !/ ̄ ∨ .: .: .: |㌢⌒ヽ! ⌒! .: .: .: .∧ .: .: .:∧
 卒業旅行で香港もしくは台湾に行く予定が、    /.:| .: .: .: | γ⌒ヽ \.: .:. :| 〃 ̄ ̄ヽ.!:. / .:ト、__> .: .: ∧
 一緒に行く者の親類の仕事が              ⌒| .: .:∨| .{::::・:::::}..三\.:.|ニ.{::::: ・ ::::::}i / .: ;′!\.: .: .: .: .\
 仕事()なので取りやめになって               ∨ .:.:Ⅵ 乂__.ノ三三三三乂__ノイ .: .;′/.:∧ ̄ ̄ ̄ ̄
                                   ヽ:.| ミ三彡    __ ミ三三彡 |:. ./-彳.: .: !
 春に札幌・小樽に行く事になったので           | 込、     ヤ:::::::ノ      ....:!.:/ .: .: .: .:八
 オススメの食事処、観光スポット教えて下さい     | .∨:≧s。. ____゚_J__,,.、丶´ |//\|⌒ヽ/
                                 W \!\!\!/ __} }__/   |
 札幌ビール園には行く予定です。                        /  |ニニ| |ニニニ′ / .|
                                        /   .!____|_|_./  /  |
 ご査収と返信投稿を                              /__./|ニニ[ ]/  /  .|
 よろしくお願い致します。                     ,ィ「///////⌒Y  /__.!
                                     {__.!//////{_.人/     |

 おわり


9295 : 尋常な名無しさん : 2023/11/01(水) 23:09:41 ID:Sdvifgd6

投稿乙ー
面白かった、元々パイロットのための理論だったのか


9296 : 尋常な名無しさん : 2023/11/01(水) 23:10:37 ID:asW.C.TQ

投稿乙

小樽なら余市蒸留所が近いですが、今はいけるのかな?


9300 : 尋常な名無しさん : 2023/11/01(水) 23:13:41 ID:9rYtdEes

おつおつ


9302 : 尋常な名無しさん : 2023/11/01(水) 23:14:24 ID:6cn.KB1E

おつ


関連記事
[ 2023/11/08 23:55 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(4)
184530 :日常の名無しさん:2023/11/09(木) 19:43:57 ID:-[ ]
三十六計逃げるに如かずのころから、
情報の本質は変わってないのがよくわかる。
米軍はベトナム戦争の敗因を情報取得方法及び欺瞞対策の欠如とみなして、
湾岸戦争までの15年で徹底的に変革及びソ連への情報戦の復讐に費やして、
見事、経済圧力で国家破綻へと追い込むことに成功したけど、
そのおまけとして出来上がったのがインターネットなわけで、
ここまでくると情報戦に関するトラウマがどんだけひでえものだったかって話になる。
ま、情報戦における米軍一番の敵はトンキン湾事件の際に偽情報で戦争をおっぱじめた味方その1と、
ペンタゴンペーパーズでアメリカのウソを徹底的に見破った味方その2なんだから当然だけど。
後、現場の判断を重視した結果、世界中からフルボッコになったソンミの虐殺みたいな話を防ぐには、
小隊、中隊規模での判断はなるべくさせたくねえってのもあるか。
結局、総力戦における情報戦ってのはどっちが世界を味方につけるかが重要なわけだし。
184538 :日常の名無しさん:2023/11/09(木) 22:42:08 ID:-[ ]
OODAループだと軍事以外に経済学への適応としての見方もありますね。
その内容は市場の変化に素早く反応することで先手を取り、業界のライバルに対応を強いることで相手に計画的な戦略をとりにくくするというものです。
そのため、OODAループをどうすれば速く回せるのかが重視されていて、そのための「組織の教育」や「暗黙の誘導」が重要であるという話だったという理解です。
組織の教育:知識を持った人員がOを行うことで報告の時点でビッグOが終わっている
暗黙の誘導:ビッグOの時点で最適解が判断できているのでDを飛ばせる
ループ高速化の事例が「トヨタ生産方式」であり、アメリカと日本の自動車業界の盛衰はこうして生まれたという話もありますが、
「なぜアメリカの自動車業界は衰退したのか」とともに語られる話なのでいくらか差し引いてみる必要はあると思います。
ちなみに読んでわかりやすかったのは「OODA LOOP」 チェット・リチャーズ 著 原田勉 訳・注 東洋経済 と、
「〈米軍式〉最強の意思決定」 中村好寿 著 PANDA PUBLISHING あたりです。
184540 :日常の名無しさん:2023/11/09(木) 23:34:12 ID:-[ ]
そもそもボイドがまとまった著作として残してないんだよな
184547 :元空自:2023/11/11(土) 00:32:08 ID:-[ ]
航空自衛隊においては
発見-識別-邀撃-撃破 サイクル
として活用されてる

①問題を発見するために常に仕事を観察
②発見した問題を切り分けて分析
③分析した問題を確実に対処
④対処して正常な状態に戻ったことを報告書に纏めて①の観察に戻る

のループだった(但し私が居たのは十年ほど前なので今は変わってる可能性アリ)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • やる夫は魔導を極めるようです 第二百六十四話 (05/19)
  • だーくねすふぁんたじあ 第32話 (05/19)
  • やる夫で現代ダンジョン その3 (05/19)
  • やる夫で現代ダンジョン その2 (05/19)
  • やる夫で現代ダンジョン その1 (05/19)
  • ガチャれ! やる夫さん その49 (05/19)
  • 読者投稿:小ネタ 宇露戦争 慈悲はない (05/19)
  • 読者投稿:白ワインのすすめ「アメリカ産:ロンジェヴィティ シャルドネ」 (05/19)
  • 読者投稿:現地人(種付けおじさん)に聞いたウマ娘の影響 (05/19)
  • 読者投稿:地方公務員な小咄 建設業許可事務 (05/19)
  • 読者投稿:ハチクマさんに刺激されました。スーツはいいぞ(語彙力) (05/19)
  • 読者投稿大会:自分が最も初心者におすすめしたいガンダム (05/19)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百八十六話 第五試合:沖田総司VSシャア (05/19)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百八十五話 もっと切実な実体験 (05/19)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百八十四話 切実な実体験 (05/19)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百八十三話 第四試合:ベリアルVSデッドプール (05/19)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百八十二話 第三試合:N VSアーク・ウィスリー (05/19)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百八十一話 第二試合:シャアVSネウロ (05/19)
  • 国際的な小咄 おまけ PCに注意 (05/18)
  • 国際的な小咄 おまけ 広い (05/18)
  • 国際的な小咄 おまけ おおいぞ (05/18)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百八十話 第一試合:ノンナVS沖田総司 (05/18)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百七十九話 余興、されど (05/18)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百七十八話 師は弟子から学ぶ (05/18)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百七十七話 闇の魔法使い論 (05/18)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百七十六話 あなたの方がイカれていると思うわ (05/18)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百七十五話 中華魔法族の憂鬱 (05/18)
  • 劣等生やる夫くんのお話 その3 (05/17)
  • ガチャれ! やる夫さん その48 (05/17)
  • ガチャれ! やる夫さん その47 (05/17)
  • だーくねすふぁんたじあ 第31話 (05/15)
  • だーくねすふぁんたじあ 第30話 (05/15)
  • 読者投稿:小ネタ ハンムラビ法典を投げ捨てろ (05/14)
  • 読者投稿:小ネタ 情報の比べ方 (05/14)
  • 読者投稿:単発ネタ:北条司展 鑑賞レポート (05/14)
  • 読者投稿:単発ネタ:仕立て屋でオーダースーツを注文してみました (05/14)
  • 読者投稿:虎やんのスイッチオン!そのご「FateSamurai Remnant」 (05/14)
  • 読者投稿:「すごい空想を考察するぞ!」議題その七「ガリアンソード(蛇腹剣)はどこまで再現可能か」 (05/14)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百七十四話 準備は死ねるんだよぉおお! (05/13)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百七十三話 実に面倒なんだよな (05/13)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百七十二話 赤い彗星拗ねる (05/13)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百七十一話 さっさときめぇや! (05/13)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百七十話 ホグワーツ生から見たタンジェロポッター (05/13)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第二百六十九話 禁じられた森調査 (05/13)
  • 暗殺JK ルビー・ローズ 今日も憑かれてます!! 第7話 I don't care about any job as long as I can sing. Vol.3 (05/13)
  • やるテトは、とりあえず結婚しました 第48話 「ましろ色カンパニー」 (05/13)
  • 目次 桃太郎やる夫の冒険 (05/12)
  • 桃太郎やる夫の冒険 第4話 「桃太郎やる夫と孫悟空(前編)」 (05/12)
  • 桃太郎やる夫の冒険 第3話 「桃太郎やる夫と柿の木」 (05/12)
  • 桃太郎やる夫の冒険 第2話 「桃太郎やる夫と花咲か爺さん」 (05/12)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    代替手段模索中