スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
ちょっとずつでも日常の生活を取り戻さないと

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
3/26
勇者アスランは魔王を倒すようです
1/7
婚約破棄令嬢は告られたい
クランリーダーとして求められる、たった一つの大きな資質
8/16
『ヒーロー』を創りたかった漢達~脚本・監督・主演:僕~ 第一話:僕が来てしまった
8/12
ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~
8/5
できない子はマスターソードを手にするそうです
8/3
やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです
7/9
君ガ知覚ニ



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)

Firefox(※AAの表示は大丈夫だと思いますが、あまり確認できていません。)

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PR
アニメ化決定おめでとうございます!
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

国際的な小咄 おまけ やきもき、というので作ってみた

目次

4308 : 語り人 ◆MlbFIuQyJ6 : 2020/01/05(日) 18:58:51 ID:H9xxbNEg

やきもき、というので作ってみた



        ,r=ミ、
       ((   ,...........--...._, --、_,_
       ィ`:´ ̄__:::::::::.`ヽ、::...\ ゝミ::`ヽ、
     /.:,'.:::::/.::::、::..\:::::::::.ヽ:::::z≧x,)ヽ::::::.
   ,イ/.:/i:::::::i|l::::ハ::::::::ヘ:::::::::ハ:::彡イハ}∧:::::',
  /.::;'.:;':::|:::::::i!.';:::::_∨__:';:::::::::ハ:〃リハイ::ハ:::::
 .,'.::;'i::::i:::l{:::::::ll Ⅵ::ハヽ:::::';:::::::::::::i:::/州}l::::::∧:::,
 ;::::'::|::::!::|_';ト、:l|  ヾミ__\ヽ;i}::::::|!:::}:::::::::::|::::::::::::::::
 i:::l:::';.ィ'´l ` ヾi、   .ィ≦テミiハi:l|::::iハ::::::::l{::::::::::::::{
 |:::ト:ハV|', ‐_.  l '弋;;ソ/ノ::|l::::|リ.::::::;'.Ⅶi:::::::::|     (私は隣の席に奴に恋をしている)
 ',.Ⅵiハ,...;イ示 )⌒ゝ     |::::リ::::|:::::::/ .Ⅶ!:::::::|!
  ヽ.`l::八´`.ゞ'   `       |:::;'.:::リ::::;:'   Ⅶl::::::|!
.     ';::::::ハ             j:/.:::/::イ    Ⅷ!::::|li     (……とおもう)
    ';:::::::::::..、   ' `   イ彡イ从__    Ⅶ!:::|!',
     ';ト、:::::ト、',≧:.....__..イ〃,...-‐'´ ̄',.    Ⅵ::{!. `
     ヽ ヾ≧=-   >'≦- ― -......_ゝ、  .∨l|、
             ,〈Уィ ⌒ヽ         ハ   |リl:|     (不通に話せはするのだが、胸の中に何らかの、奇妙なものが存在する)
          /-,'/     .ヽ       ∧ .,リ リ
            |‐,//     ∧         ',./イノ'
          V ,'     / / /     `ーt'       (こう、ふっと気を抜くと零れ落ちてしまいそうな何かだ)
          j ,′     ,' / /.ィ       .|
         ,'/     ,'./ /イ         .|
         ,'        ,:/ /




                       _ _ __ _
                 ,.  '"´       ``ヽ
              ,.  '´              ``ヽ
            / /  //   /   / ハVハ     ヽ
           /  /    l l  l   / !ミミV彡! l  l ヽ
             /  / ! !  l l  l  /  !   l /  l  l  l
          l  / ! ! __」_l /l / l .!   l_/L__/  l  l
          l: /l  ! !   Nメ、l/  |ヽ|<__l/ l /   l  /
          l/! ヽ ヽ  l: :::〒 \|  〒:::</ l  /l. /
           !/\\\|辷ソ      l:.:.:.:.ノノ l / く/
                l/  \\|   '       ̄   l/ l       それでさー
                 ',   マ ̄ ̄ノ    __ ノ
                  ヽ、  ` ー‐'   / l/
                   `丶、 ___,. '´  L          この間の世界史のテストさー
                    r-ィ´l    ,. -‐┘l
                __,. ィ´/  /  rく     L
            ,. '´    /  ∠__ノ  l    / `ヽ
           /      /__ l/___7    l , ィ´     \




4310 : 語り人 ◆MlbFIuQyJ6 : 2020/01/05(日) 18:59:17 ID:H9xxbNEg

                                _
                          _,r‐v'、:::..\
                   ,....-.―┴--'.、 ハ::::::.ヘ
                 ,.<ィ::`ヽ::::>、:::::::..ヽ{、:::::ハ
               ,イ::〃::|ハ:::.∨.:::::.ヽ:::::::ハ::::::::::
              /.:::::;':!|:::l:::∧::::|::::::::::ハ:::::::::';:::::::::{
              ,'.::;'.::::ハl::::!::::∧::!∨∧:::::';::: :::i:::::::::l   (恐らく、世間一般的に言えばこれは恋なのだろう)
                '::::i::::,' 'ト、';ヘ::∧| ∨∧:::::;:::::::|:::::::::|
             |l:i:|l:::!, --ミヽ\:|!  ̄、>::i:::::l|:::::::::',
             l|:!:l|:::l   \ ` ー`  ``}:l:::::il:::::::::::l   (しかしながら、自分が恋をしていると自覚したとたんに、同時に疑念も沸くのだ)
              .Ⅶl|i人.zィ云,.、 , ィ云ミ=|:l:::::リ::::::::::::.
              .ヾ}li::::::'`.ヾソ.ノ⌒ゝ.ゞ'..'イリ!:::i|!:::::::::::ハ
               ヾ}l:::人   丶   ,从:リリ.:::::::::::::∧   (なぜ自分が恋という感情を得たのか、そして自分が恋をしているとして相手がどう思っているのか)
                Ⅵミx:>:......-_ ..イ彡K__};: ―.、:::::∧
                   `ヾミ _,..ィiレ' ./ l l  ,': ∨::ハ
         _         .イ´ /.,' :〉<  / .',  :::  ∨:::::,
         ゝ.....≧:...  _r v' | ./ lィ´〉.::l ∨  ,! ;::   ∨.::::  (特に問題なのが、相手の感情だ)
            `:...<{::!::しヘーv   _〉__|./   ./  l! ハ.  ∨::i
                  {l !.| }r‐'/ミx< / r―‐〈. , ′.、.'  :l.   ∨!
                ィ|`VYj .,' :}       V   .人、 :|   ':.
            .ノi| `',.|-{  ',        .∨   .ハ l    ',   (我々人類は、その知性を得たがために子孫を残すという本能が薄い)
            爪``ーく .:.ヽ .V   ̄ ̄Y`. ∨x__ ハ:| .:: _ .',
             /i| ヽ_ノ:.、:. \、__≧xヽ、 Vハー=<二三ニ=',
          リ ',!:::::::::::リ :}l 、    |::::::::::::| l:::>/ ∧        .ハ   (その分、番うという行動には何とも不可解な理論が付く)
          / 乂ゝ::>'  ,}ハ.\::..ヽ|::::::::::::| 乂_/  ,':∧       .i
          \ハ    ./ l .',  \::..\:::::::i!  `Tモイ.:/   __,...ノ
           ` < __./ .| ',:.  \::..\:::}!   ∨//.,.ィ' ´        (ただ雌だから、という点では相互に恋をしたことにならないのだ)
                    l:. ',   :|::\__,):}!.    `¨´ l{
                   /   ',   l:::::::::::::::}!   ̄ `ヽム

4311 : 尋常な名無しさん : 2020/01/05(日) 19:00:41 ID:m.Rf0L1.
持って回った言い方が入ってる入ってる

4312 : 尋常な名無しさん : 2020/01/05(日) 19:00:43 ID:4n9oqxBs
おい、初手哲学を止めろ

4314 : 語り人 ◆MlbFIuQyJ6 : 2020/01/05(日) 19:01:28 ID:H9xxbNEg



     l:.:.:.:.:.:.(/::.:.{:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:./l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.い:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      l:.:.:.:.:.:.;j{:.:.:.:.\:.:.:.j:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:./ i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.i:.:i:.:.:.l:.:.:.:.:.:l:.:.:.ハ
      l:.:.:.:.:.:.:l:い:.:.:.:.:.:.:.j:.:.:.:.:.:.:.:.j.:.:.:.:/l:.:.:./ l/l.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.}ハ:.:l:.:.:.:.:.:l:.l:.:l:.l
     l:.:.:.:.:.:.{:.゙、:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:./ {:.:/  l l:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:j:.:l !:.l:.:.:.:.:.:}:.!:.:l:i
      !:.:.:.:.:.:i:.:.\:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:./l:.:./ l:./   l l:.:l:.:.:.:.:.:.:.:/l:ノ l:.}:.:.:.:.:.i:.:}:.:}:}
     }:.:.:.:.八:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.!.:.:.:.:.:l l:./ ̄l:{'''ー- Ll:.ト:.:.:.:.:.:/ ノ/ lハ:.:.:.:.:j:.:j:.j j   (私が彼に思いを寄せる、これはもうクリアしている)
     !:.:.:.:.:.:.:゙、:.:.:.:.:/l:.l:.:.:.:.:.:l { , z  ̄ ̄ >くl「Y:.:.:/ ,x -、 ,}:.:.:.:ノ:ノ}/ノ
      !:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:{ l:.:l:.:.:.:.l:.K( {:::{:::j:::(⌒㍉ }, }// ィ狄 ノ}:::.:.:./イ ノ     (しかしながら、彼が私に思いを寄せているかなど、それこそ私自身にはわからないのだ)
     j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト:.:.ヽ l:.l:.:.:.:.い 代 `ー::シ  rノ==、! {{;;;シ/ /;::/:.:l
    /!:.:.:.:.:l::.:.:.:.ノ \`l:.l:.:.:.:.:ト:゙、  ヽ , _彡"   弋 ー'゙ イ .:.:.:.l:.:.l       (私が問いただしても、その人間の性格によって、本心とは違う答えが出る可能性がある)
    /:l:.:.:.:.:.l:.:.:.:./  /⌒l:.l:.:.:.:.:.l \            ノ   ̄ノ:l:.:.:.:.:.l:.:l
   //l:.{:.:.:.:i:.:.:./     (^l:.l:.:.:.:.:l                   /l::l.:.:.:.:.:}.:i       (他人に聞いてもらっても、そうだ)
   // l:.i:.:.:.:.l:.:.:;     _∧l:.:.:.:.l `丶、    ‐ -  , イ  ハ:l.:.:.:.:j:.j
  // l:.:い:.:l.:.:i   /〈  ヽ:.:.:.i    >x、 __ ィ'"     ノ i:.:.:./j/
  //  l:.:.゙、:.:.:.:.:{  イ   、   \:.l    / \ ー- __     j:.:/ /        (即ち、常に真実を知っているのは彼だけで、他の何人もこの真実に至ることはない)
  j:j  {:.:.:.ヽ:./   l    ゙、   \   {ヽ  \   `丶、 ノ/
  {:{   い/ /  l    ゙、           V  \      }ヽ
  l:.斗‐''"      l       ゙、`'''ー----‐''゙V   }    j }   (これは何とも面倒だ)

4317 : 語り人 ◆MlbFIuQyJ6 : 2020/01/05(日) 19:03:37 ID:H9xxbNEg


        ,r=ミ、
       ((   ,...........--...._, --、_,_
       ィ`:´ ̄__:::::::::.`ヽ、::...\ ゝミ::`ヽ、
     /.:,'.:::::/.::::、::..\:::::::::.ヽ:::::z≧x,)ヽ::::::.
   ,イ/.:/i:::::::i|l::::ハ::::::::ヘ:::::::::ハ:::彡イハ}∧:::::',
  /.::;'.:;':::|:::::::i!.';:::::_∨__:';:::::::::ハ:〃リハイ::ハ:::::    (成程、嘗て文豪たちがどうして恋という感情を題材にしたのかが分かった)
 .,'.::;'i::::i:::l{:::::::ll Ⅵ::ハヽ:::::';:::::::::::::i:::/州}l::::::∧:::,
 ;::::'::|::::!::|_';ト、:l|  ヾミ__\ヽ;i}::::::|!:::}:::::::::::|::::::::::::::::
 i:::l:::';.ィ'´l ` ヾi、   .ィ≦テミiハi:l|::::iハ::::::::l{::::::::::::::{    (この感情は、相互不理解のもとに成り立っているのだ)
 |:::ト:ハV|', ‐_.  l '弋;;ソ/ノ::|l::::|リ.::::::;'.Ⅶi:::::::::|
 ',.Ⅵiハ,...;イ示 )⌒ゝ     |::::リ::::|:::::::/ .Ⅶ!:::::::|!
  ヽ.`l::八´`.ゞ'   `       |:::;'.:::リ::::;:'   Ⅶl::::::|!    (相互不理解、そして私とあなた、その二社の間で常に真実は互いしか知らぬものが揺らいでいる)
.     ';::::::ハ             j:/.:::/::イ    Ⅷ!::::|li
    ';:::::::::::..、   ' `   イ彡イ从__    Ⅶ!:::|!',
     ';ト、:::::ト、',≧:.....__..イ〃,...-‐'´ ̄',.    Ⅵ::{!. `
     ヽ ヾ≧=-   >'≦- ― -......_ゝ、  .∨l|、
             ,〈Уィ ⌒ヽ         ハ   |リl:|    (待てよ、本当にそれは恋なのだろうか)
          /-,'/     .ヽ       ∧ .,リ リ
            |‐,//     ∧         ',./イノ'
          V ,'     / / /     `ーt'
          j ,′     ,' / /.ィ       .|       (私自身が私自身にうそをついているというのも考えられる)
         ,'/     ,'./ /イ         .|
         ,'        ,:/ /




     l:.:.:.:.:.:.(/::.:.{:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:./l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.い:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      l:.:.:.:.:.:.;j{:.:.:.:.\:.:.:.j:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:./ i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.i:.:i:.:.:.l:.:.:.:.:.:l:.:.:.ハ
      l:.:.:.:.:.:.:l:い:.:.:.:.:.:.:.j:.:.:.:.:.:.:.:.j.:.:.:.:/l:.:.:./ l/l.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.}ハ:.:l:.:.:.:.:.:l:.l:.:l:.l
     l:.:.:.:.:.:.{:.゙、:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:./ {:.:/  l l:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:j:.:l !:.l:.:.:.:.:.:}:.!:.:l:i
      !:.:.:.:.:.:i:.:.\:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:./l:.:./ l:./   l l:.:l:.:.:.:.:.:.:.:/l:ノ l:.}:.:.:.:.:.i:.:}:.:}:}
     }:.:.:.:.八:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.!.:.:.:.:.:l l:./ ̄l:{'''ー- Ll:.ト:.:.:.:.:.:/ ノ/ lハ:.:.:.:.:j:.:j:.j j
     !:.:.:.:.:.:.:゙、:.:.:.:.:/l:.l:.:.:.:.:.:l { , z  ̄ ̄ >くl「Y:.:.:/ ,x -、 ,}:.:.:.:ノ:ノ}/ノ
      !:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:{ l:.:l:.:.:.:.l:.K( {:::{:::j:::(⌒㍉ }, }// ィ狄 ノ}:::.:.:./イ ノ
     j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト:.:.ヽ l:.l:.:.:.:.い 代 `ー::シ  rノ==、! {{;;;シ/ /;::/:.:l
    /!:.:.:.:.:l::.:.:.:.ノ \`l:.l:.:.:.:.:ト:゙、  ヽ , _彡"   弋 ー'゙ イ .:.:.:.l:.:.l
    /:l:.:.:.:.:.l:.:.:.:./  /⌒l:.l:.:.:.:.:.l \            ノ   ̄ノ:l:.:.:.:.:.l:.:l      むむむ
   //l:.{:.:.:.:i:.:.:./     (^l:.l:.:.:.:.:l                   /l::l.:.:.:.:.:}.:i
   // l:.i:.:.:.:.l:.:.:;     _∧l:.:.:.:.l `丶、    ‐ -  , イ  ハ:l.:.:.:.:j:.j
  // l:.:い:.:l.:.:i   /〈  ヽ:.:.:.i    >x、 __ ィ'"     ノ i:.:.:./j/
  //  l:.:.゙、:.:.:.:.:{  イ   、   \:.l    / \ ー- __     j:.:/ /
  j:j  {:.:.:.ヽ:./   l    ゙、   \   {ヽ  \   `丶、 ノ/
  {:{   い/ /  l    ゙、           V  \      }ヽ
  l:.斗‐''"      l       ゙、`'''ー----‐''゙V   }    j }

4318 : 語り人 ◆MlbFIuQyJ6 : 2020/01/05(日) 19:04:42 ID:H9xxbNEg



       〃. :/ : / : /     │ .: : : :| ∨ : : : .   l : : :     : : : : : :/ : : :
      / . :/ : /: :/_     │ .: : : :|  ∨ : : :   l : : :     : : : : .:// : : :
     〃. :/ : /: /「  `丶  │ .: : : :|    ∨: : : . l : : :    : : : : /〃 : : :
    / . :/ : /: //| _  ヽ | /| : : :|     ∨ : : . l : : :   : : : :/// : : : :
   〃. :/ : /: :///イ ̄,:'≧、  |ノ | : : :|-─- 、∨ : : l : : :   : : .://〃 : : : :
  / ./| : :|: /// |  ;仁ノト   l : : :|      丶∨.: :l : : :  : : //// : : : : :
 ノ/  | : :|://l  、__弋,_ノ     ∨: :l , ≦ニ=、  ∨: :l : : : : :///〃 : : : : :
      | : :|/: l        ノ    V.:|  '⌒)//ヽ V: l : : : .:///// : : : : : :
      | : :l : l     /       ∨  レ'/じ//∧ ∨l: : : ////〃 : : : : :/   どうしたの?
      / /:/:l      ヽ            `ヾニ彡'´/ Ⅵ : //⌒丶 : : : ://
    〃 /:/ .:l                           l :/ /⌒ヽ l : : :///
    / /:/ .: ,ヘ                             l/ ノ   丿 ノ : :////
  〃 /:/ .: //∧    、                        __/ / : ://///
  / /:/ .: ////∧    ヽニヽ                  、     / / : ://////
   /:/ .: //////∧   丶              _  / |ミ=彡// : :///////
 /:/ .: ////////∧               /「 厂⌒\|////// : :////////




                                _
                          _,r‐v'、:::..\
                   ,....-.―┴--'.、 ハ::::::.ヘ
                 ,.<ィ::`ヽ::::>、:::::::..ヽ{、:::::ハ
               ,イ::〃::|ハ:::.∨.:::::.ヽ:::::::ハ::::::::::
              /.:::::;':!|:::l:::∧::::|::::::::::ハ:::::::::';:::::::::{
              ,'.::;'.::::ハl::::!::::∧::!∨∧:::::';::: :::i:::::::::l
                '::::i::::,' 'ト、';ヘ::∧| ∨∧:::::;:::::::|:::::::::|
             |l:i:|l:::!, --ミヽ\:|!  ̄、>::i:::::l|:::::::::',
             l|:!:l|:::l   \ ` ー`  ``}:l:::::il:::::::::::l
              .Ⅶl|i人.zィ云,.、 , ィ云ミ=|:l:::::リ::::::::::::.
              .ヾ}li::::::'`.ヾソ.ノ⌒ゝ.ゞ'..'イリ!:::i|!:::::::::::ハ    ああ、恋とは難しいなと思ったんだ
               ヾ}l:::人   丶   ,从:リリ.:::::::::::::∧
                Ⅵミx:>:......-_ ..イ彡K__};: ―.、:::::∧
                   `ヾミ _,..ィiレ' ./ l l  ,': ∨::ハ
         _         .イ´ /.,' :〉<  / .',  :::  ∨:::::,
         ゝ.....≧:...  _r v' | ./ lィ´〉.::l ∨  ,! ;::   ∨.::::
            `:...<{::!::しヘーv   _〉__|./   ./  l! ハ.  ∨::i
                  {l !.| }r‐'/ミx< / r―‐〈. , ′.、.'  :l.   ∨!
                ィ|`VYj .,' :}       V   .人、 :|   ':.
            .ノi| `',.|-{  ',        .∨   .ハ l    ',
            爪``ーく .:.ヽ .V   ̄ ̄Y`. ∨x__ ハ:| .:: _ .',
             /i| ヽ_ノ:.、:. \、__≧xヽ、 Vハー=<二三ニ=',
          リ ',!:::::::::::リ :}l 、    |::::::::::::| l:::>/ ∧        .ハ
          / 乂ゝ::>'  ,}ハ.\::..ヽ|::::::::::::| 乂_/  ,':∧       .i
          \ハ    ./ l .',  \::..\:::::::i!  `Tモイ.:/   __,...ノ
           ` < __./ .| ',:.  \::..\:::}!   ∨//.,.ィ' ´
                    l:. ',   :|::\__,):}!.    `¨´ l{
                   /   ',   l:::::::::::::::}!   ̄ `ヽム

4320 : 語り人 ◆MlbFIuQyJ6 : 2020/01/05(日) 19:06:27 ID:H9xxbNEg



                     ___ _
            ,,  '///////////丶、
           //////////////////'\
        .///////////.//////////'ヽ
        ///////////./:////////////∧
         ///////////////////ー∨////∧
       l/////////////////   ∨////;l
        |////////////////     l/////|
       |////////;'≠/ / / ,ィ-‐=l/////!
       |///////ィャ≠=ミ.//   r==、l//、//|     まぁ人間だからね
       ∨/////`弋zソ'/'  r  弋zソノ|://;l//!
       ∨//∧.        |       lイ /l//!
          !//;'ヒヘ              /ー'//lソ
         |////;ヘ           ///// |
        |//////\    ´-`   ィ//////:!      それで死ぬ人間もいるし
        ';////////l>、 _  ィ´|//////ハ!
         ';///:>イエェー、.__,ィェエ7ーヽ/// ノ
          ';::/r―┴==メ__r─┴┴、∨
          ´_.人    -={__}-=    /\
        _., イ/:::〉   // \  ./、::::::\<
    _ .-イ: :/::::/ ヽ / ./    |\/  \::::::\`丶、
 r: : :´: : : : :`ヽ::::::`ヽ、  /     !    /::::::イ〉: : : :`丶、
.∧: : : : : : : : : : :`:>イ\ /、     |   /::::<: : : : : : : : : : ∧




        ,r=ミ、
       ((   ,...........--...._, --、_,_
       ィ`:´ ̄__:::::::::.`ヽ、::...\ ゝミ::`ヽ、
     /.:,'.:::::/.::::、::..\:::::::::.ヽ:::::z≧x,)ヽ::::::.
   ,イ/.:/i:::::::i|l::::ハ::::::::ヘ:::::::::ハ:::彡イハ}∧:::::',
  /.::;'.:;':::|:::::::i!.';:::::_∨__:';:::::::::ハ:〃リハイ::ハ:::::
 .,'.::;'i::::i:::l{:::::::ll Ⅵ::ハヽ:::::';:::::::::::::i:::/州}l::::::∧:::,
 ;::::'::|::::!::|_';ト、:l|  ヾミ__\ヽ;i}::::::|!:::}:::::::::::|::::::::::::::::
 i:::l:::';.ィ'´l ` ヾi、   .ィ≦テミiハi:l|::::iハ::::::::l{::::::::::::::{
 |:::ト:ハV|', ‐_.  l '弋;;ソ/ノ::|l::::|リ.::::::;'.Ⅶi:::::::::|
 ',.Ⅵiハ,...;イ示 )⌒ゝ     |::::リ::::|:::::::/ .Ⅶ!:::::::|!    ああ、結構な数死んでるな
  ヽ.`l::八´`.ゞ'   `       |:::;'.:::リ::::;:'   Ⅶl::::::|!
.     ';::::::ハ             j:/.:::/::イ    Ⅷ!::::|li
    ';:::::::::::..、   ' `   イ彡イ从__    Ⅶ!:::|!',
     ';ト、:::::ト、',≧:.....__..イ〃,...-‐'´ ̄',.    Ⅵ::{!. `
     ヽ ヾ≧=-   >'≦- ― -......_ゝ、  .∨l|、
             ,〈Уィ ⌒ヽ         ハ   |リl:|
          /-,'/     .ヽ       ∧ .,リ リ
            |‐,//     ∧         ',./イノ'
          V ,'     / / /     `ーt'
          j ,′     ,' / /.ィ       .|
         ,'/     ,'./ /イ         .|
         ,'        ,:/ /


おしまい


 頭からーっぽにして作ってみた

4321 : 尋常な名無しさん : 2020/01/05(日) 19:08:07 ID:4n9oqxBs
イッチのこれまでのせいでギャクに見えるのは何故なの?

4322 : 尋常な名無しさん : 2020/01/05(日) 19:09:20 ID:jCo4JK2U
普通の人はそれを頭空っぽにしているとは言わない(真顔)

小難しい話に入るのと落ちに死の文字淡々と使っちゃいかんww

4324 : 尋常な名無しさん : 2020/01/05(日) 19:12:09 ID:zam1UKLQ
イッチは頭葉隠れなの?

4326 : 尋常な名無しさん : 2020/01/05(日) 19:13:04 ID:aJ4xA9UI
強盗にメッタ刺しにされてた頃と比べれば何たる成長ぶりか


今なら2~3箇所で済む

4327 : 尋常な名無しさん : 2020/01/05(日) 19:13:50 ID:F4Lb0xYM
>>4317のむむむにラブコメを感じる

4329 : 尋常な名無しさん : 2020/01/05(日) 19:14:22 ID:UDpY2.G6
>>4327
何がむむむだ

関連記事
90673 :日常の名無しさん:2020/01/07(火) 01:55:28 ID:-[ ]
前々から思ってたんだが、イッチのヒロインは「金剛寺さんは面倒臭い」という漫画のヒロインによく似てるな。
ただあっちの漫画はそこからちゃんとラブコメしてるけどね。
(まあ、ラブコメだけではなくいろいろ規格外な書き方もしてるが)
90678 :日常の名無しさん:2020/01/07(火) 02:18:08 ID:-[ ]
「うるせえ、黙って押し倒せ」と言ってくれる江戸っ子風のキャラがほしくなるなこれ
90687 :日常の名無しさん:2020/01/07(火) 05:08:09 ID:-[ ]
たしかに愛だの恋だのの話をするなら内面描写は不可欠な要素ではある
ラノベ的なものを書いた訳じゃないならこれでもいい
でも、もしこれをラノベ的なものにしたいという思いがあるなら、
もっと表面的な感情の動き、誰もが持つ浅薄な部分にこそ焦点を絞った方がいい
内心でどれだけ深く難しいことを真剣に考えていたとしても、
大した意図もない想い人の一挙手一投足に心を乱されるのがラブコメだろう
90691 :日常の名無しさん:2020/01/07(火) 06:23:23 ID:-[ ]
読者「イッチの話は(必要以上に文章が多くて本題が)わかりにくい」
イッチ「そっか、わからんなら描写を足してわかりやすくしたろ」
みたいな齟齬が発生してるイメージがあるな

内面描写を減らして読者に想像する余地を残すのも手だと思うよ
曖昧な部分は気になって続きが読みたくなったりするものだし
90692 ::2020/01/07(火) 06:33:45 ID:[ ]
このコメントは管理者の承認待ちです
90694 :日常の名無しさん:2020/01/07(火) 07:34:36 ID:-[ ]
このくらいの頭ぐるぐるする女の子は普通にいると思うけど今の若人はこれでも哲学的でややこしいいうんか・・・;
90699 :名前::2020/01/07(火) 08:10:42 ID:-[ ]
なんで死の影が頭を空っぽにすると憑いて回るねんw
恋してる自覚を誤魔化すため以外に
恋愛に変に哲学混ぜ込むんじゃねえw
それで笑いを取りに行くギャグマンガじゃあるまいに
90702 :日常の名無しさん:2020/01/07(火) 08:38:49 ID:-[ ]
頭カラッポで書いた?え?・・・そうか。
90708 :日常の名無しさん:2020/01/07(火) 09:52:12 ID:-[ ]
毎回思うのだが作風に変化をつけたいなら、もっと頭が弱いキャラ、変な信念をもっていないキャラAAをつかい、なりきって書けばいいのに。

横島君とかのび太とか。

90714 :日常の名無しさん:2020/01/07(火) 11:23:26 ID:-[ ]
実際の会話なら迂遠な言い方でも会話の流れ次第で面白いけど
書き物としては最低限伝えるべき要素を踏まえて演出を加えていく感じじゃないと読みにくいと思う

「相互不理解こそが恋愛であり、そこにこそ恋愛小説の題材がある」っていうテーマ自体は面白いと思うのに、余計な情報が多くて読みにくく感じる
もっと要点を残して削っていけばするっと面白く読めるのに

なんというか思索をそのまま文にするのはわかりにくいんだなぁと俺も反面教師になったわ
90718 :日常の名無しさん:2020/01/07(火) 11:50:27 ID:-[ ]
うん、全然駄目だわ、高校生が描けてない
こんれじゃただのイッチの女装コスプレ女子高校生オナニーよ!!!
90723 :日常の名無しさん:2020/01/07(火) 12:07:09 ID:-[ ]
ラストの会話がなければ理屈っぽい人間が恋に戸惑うラブコメといえなくもないが
最後で話してる相手もいきなり死とか言う変人なんでいつものイッチになってるという
……まあ努力のあとは見えるよ
90728 :日常の名無しさん:2020/01/07(火) 14:33:28 ID:195Lvy4Y[ 編集 ]
「理系が恋に落ちたので証明してみた」というラブコメ漫画があるのだが

もう、いっちの場合は「葉隠が恋に落ちたので哲学してみた」ぐらいに
突き抜けてラブコメ化を目指した方が早いのではなかろうか
90786 :日常の名無しさん:2020/01/08(水) 01:03:41 ID:-[ ]
「全ての脳のリソース」→台詞で登場人物の背景を伝えつつラブコメに絞った内容のみへ絞っている、ラブコメラノベと思う。
「きをぬくー」→タイトル通り自制(推敲?)が抜けてもったいぶった言い回しとイッチの恋愛観の根底にありそうな死を連想するキーワードが漏れ始める、
        登場人物のラブコメからちょっと離れた背景情報が台詞内で増加したけどラノベチック。
「やきもき」→タイトル通り内面描写でやきもき感(恋に対してぐるぐる回る思考感)を演出はある程度できてる印象、でも内面描写の量から女主人公の
       青春ものかな?という印象を受けた(ラブコメ/ラノベとはなんか違う)
       しかし、頭からっぽ=自制/推敲/ブレーキがないためか、女性二人の会話シーンで「あ、女イッチ*2だ」で全部塗りつぶされました。

一読者の感想ですが、突然出てくる『死』という言葉が強すぎて他要素(恋愛含む)が霞んでいるかな。
『死』は明治~昭和あたりの話なら自殺や心中ものであっても不思議じゃないけど
現代ものでは戦争や争い、失恋で死にたい、など原因になりそうな要素がなければあまり出てこない印象。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • 読者投稿:ニャル子が薦める今春生まれの歌々 (06/10)
  • 読者投稿:閲覧注意? 第二のアル中カラカラ系動画紹介 (06/10)
  • 読者投稿:ダイビングに行こう38:お見せしよう!本当のシャークネードというものを!! (06/10)
  • 読者投稿:雅虎の映画サロンその6「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」 (06/10)
  • 読者投稿:或る学生のPixivで読める面白漫画紹介その5 職場のペッパーくんが懐かない (06/10)
  • 読者投稿:セネガル料理とフランス植民地帝国 (06/10)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】ボクは野球が出来ない 2 (06/09)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】従者やる夫 8 (06/09)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】ボクは野球が出来ない (06/09)
  • 【あさねこ ◆tC1gMIWp2k】やる夫スレ作者歴10年目到達雑談 (06/08)
  • すごく意味のない転生チートを頂いて転生した話 その30 (06/08)
  • すごく意味のない転生チートを頂いて転生した話 その29 (06/08)
  • 目次 すごく意味のない転生チートを頂いて転生した話 (06/08)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第二百二十六話 (06/07)
  • できない子とSCP 83話 (06/07)
  • ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです 27 (06/07)
  • やる夫の「」 その15 (06/07)
  • すごく意味のない転生チートを頂いて転生した話 その28 (06/07)
  • 魔法少女やる夫 リベンジ その8 (06/07)
  • ゆかマキあか+1でファンタジー 最終話 (06/05)
  • クランリーダーとして求められる、たった一つの大きな資質 第45話 (06/05)
  • ギャンブる冬優子 第7ゲーム チキンゲーム 後編 (06/05)
  • ドルティー・マリー婦人の末路を知る者は誰もいない アディション 第11話 2023年「ドルティー・マリー婦人はアイドルとしても崇拝される」Melda・Marie (06/05)
  • やる夫の「」 その14 (06/05)
  • やる夫の「」 その13 (06/05)
  • すごく意味のない転生チートを頂いて転生した話 その27 (06/05)
  • 転生したらドラクエ4の勇者・・・・・・・・・・・・・知り合いに生まれ変わってた件 その9 (06/04)
  • あかん系異世界転移に巻き込まれたやる夫君のお話 (06/04)
  • すごく意味のない転生チートを頂いて転生した話 その26 (06/04)
  • ゆかマキあか+1でファンタジー その5 (06/04)
  • チートとかなくて、開幕ハードモードだけど頑張って生きているやる夫君のお話 第2部 二等級まで頑張る編 その9 (06/04)
  • 白頭と極点の魔女 第5話 (06/03)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第二百二十五話 (06/03)
  • クランリーダーとして求められる、たった一つの大きな資質 第44話 (06/03)
  • クランリーダーとして求められる、たった一つの大きな資質 第43話 (06/03)
  • 昭和名馬列伝 第13章 キョウエイプロミス伝 第2話 (05/31)
  • 昭和名馬列伝 第13章 キョウエイプロミス伝 第1話 (05/31)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 - 第三拾五話 思惑表裏 (05/30)
  • やる夫とばくだん 34. その2 (05/30)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第二百二十四話 (05/29)
  • やる夫は魔導を極めるようです 小ネタ「やらない夫血風録・逆境編」 (05/29)
  • クランリーダーとして求められる、たった一つの大きな資質 第42話 (05/29)
  • やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです 第45話【ピンクと一石】 (05/29)
  • やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです 第44話【ピンクと戦況】 (05/29)
  • フェイトそん一行がブラック冒険者として生きていくようです・第24話 (05/29)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】従者やる夫 7 (05/29)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】従者やる夫 6 (05/29)
  • クランリーダーとして求められる、たった一つの大きな資質 埋めネタ サイスの現メンバー8人+1人で腕相撲勝負をした結果 (05/25)
  • クランリーダーとして求められる、たった一つの大きな資質 第41話 (05/25)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】従者やる夫 5 (05/20)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    代替手段模索中