スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
出張につき更新が減っております。更新リストやコメントの反映は遅れてしまいますので、ご了承をお願い致します。

サイトの幅とかちょっといじってるので反映されない場合、キャッシュ削除とか更新とか試してみてください。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
2/22
クワトロが天使と交渉するようです
2/21
やる夫は好敵手達と戦い抜くようです
2/18
slip back (k)not
2/14
できない夫達は、愛を探すようです。
1/11
やる夫たちは怪奇現象から街を護るようです!
12/29
やる夫は量産型のようです
不良娘と生徒会長
12/25
暗殺JK ルビー・ローズ 今日も憑かれてます!!
12/20
やる夫は真実を書かない
12/19
JKと呪いと時々オタク
12/7
ゼンイツは七つの宝石を取り戻すようです
12/3
スタンド使いやる夫の社会人生活
11/28
トラブルバスター キョウコ
11/25
さやかの愉快な日常生活
11/23
あんこ時々安価で無人島生活
11/11
山賊王女 第1話
11/3
理想郷の魔女たち ~賢者からの手紙~
11/2
奇跡の東堂
10/31
教えます。恋愛小説の書き方
10/22
勇気とはつまり、10円ぐらいのアレ



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)

Firefox(※AAの表示は大丈夫だと思いますが、あまり確認できていません。)

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
スポンサーリンク
カテゴリ
カウンター

PV


UA



Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

やらない夫は、届かない手紙を届けるそうです。 あとがき

目次 現行スレ

429 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 22:33:14 ID:LzppYjpc


【お詫び】


             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)   すみません、私の書いた物語で、
           | U  (___人__)    気分を害された方がいらっしゃったようで…
            .|     ` ⌒´ノ__
            |     _/  ̄\ヽ    本当に、申し訳ございません。
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_γ    |
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ;;;;;;;;;;;;;;;;::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;;;:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ  ヽ、_
          |    ( ●)(●)  題材が題材だけに、
          .| U   (___人__)  人によればやはり、嫌な思いをされる方が
           |     ` ⌒´ノ   いらっしゃるとは理解していたのですが…
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉.  私の認識が甘かった、と反省しております。
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"::::::::::::\::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
/;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ;;;;;;; )
;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;V/..... ̄ ',;;;;|
;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;〈 ;;;;:::::::::::... ',;;i
;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;::::::\::::::::::::::::::::::;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',




430 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 22:33:35 ID:LzppYjpc
                  / ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
                (●)(● )    |   私自身、やらない夫のしたことを肯定はする気はありません。
                  (__人___)    |
                 |      u  |   医療従事者としては、してはいけないことをさせたと思っています。
                    |        .|
                 ヽ 、     ,イ
                 /ヽ,ー-   ト、
          _, 、 -─ '".:.ヽ:.:.\__ /ノ ト、__
   __ ,. ー 、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....
   \ r 、 _ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::'ー、
     } }/ )  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /:ゝ/ ./ __  V ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:.:.:.\
    }:::::ゝ ソ ,Y i::::::/::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:. \


           / ̄ ̄ \
            _,ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)     | ですが、それはひとつのメッセージを伝えたかったからです。
          '、`⌒ ´  u  |
           |        |  言い訳がましくて申し訳ないのですが、
           ヽ 、     イ   少しだけそのメッセージを説明させていただきます。
           ィヽ-ー ≦ノ7
    _, 、 -― ''"....:::::::::::::::::::::::::::ト、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........--、
  丿.:::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::: {
  r :::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,::::i
 /.:::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::i
/.:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V

431 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 22:33:47 ID:LzppYjpc
            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ  ヽ、_
          |    ( ●)(●)    私がこの物語を書いて伝えたかったのは、
          .| U   (___人__)     
           |     ` ⌒´ノ      「病気だから、なに?」
           |        |_,-‐、_ -、  
          .人、      厂丶,丶 v 〉.   
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ     ということでした。
 _, 、 -― ''"::::::::::::\::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
/;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ;;;;;;; )
;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;V/..... ̄ ',;;;;|
;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;〈 ;;;;:::::::::::... ',;;i
;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;::::::\::::::::::::::::::::::;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',



            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |    私自身、実際にそういった病で、
          (__人___)    |    入院されていた方とお話をさせていただいたことがあります。
              |` ⌒´   u. |
           |        |     そのときに、私と話をしてくださった人は、
           ヽ      .イ      本当に、問題を抱えているようには思えませんでした。
          __「ヽー'ーー"/7_
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、    カムアウトされたときに、驚いてしまったほどです。
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: |

432 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 22:33:59 ID:LzppYjpc
                /) ̄ ̄\
              /∠___ ヽ、,_ \
             / / ,-イ)(= )!!! |  ただ、その人はとても純粋でした。
             l / /(__人___)   |
             l   ', `⌒ ´  u |   本当に、純粋すぎるほど純粋で、
             ',    ',      |    何もかもに精一杯な人でした。
              j    ノ      /|_
            _∠⌒ヽ j, _、___ ィ/::\__
        ___/ ...:::::::::::ヽV ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::...´´''' 、、、 _
      /::::/ ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... :::::..\
     | ::/ ...:::::::::::::::::::::::: /;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::: l



                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ   その方は一途に、パートナーを愛していました。
    l              / .,.....、ヽ  何度も傷つけ合って、それでも愛し合っていました。
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く     それは、依存と言えるかもしれません。
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'     ですが、私はそれを、依存とは言いたくなかったのです。
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./

433 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 22:34:12 ID:LzppYjpc

           / ̄ ̄\
         /   _,ノ ヽ、_
          |    ( ●) (●)  そんな体験から感じたことを、
.           |    (___人__)   私は物語にして、伝えたかったのです。
           |     ` ⌒´ノ
            .|        |     純粋すぎて互いを傷つけ合ってしまっても、
            人、       |      狂おしく誰かを求めることの、
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ       儚さと愛おしさのようなものを、伝えたかったのです。
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ
:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::
:::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::
::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:|


                  / ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
                (●)(● )    |    もちろん、やらない夫を医療従事者にしなければ、
                  (__人___)    |     このような不快な思いをさせずに済んだと思います。
                 |      u  |   
                    |        .|     ですが、私の中で、もうひとつ感じたことがあったのです。
                 ヽ 、     ,イ
                 /ヽ,ー-   ト、
          _, 、 -─ '".:.ヽ:.:.\__ /ノ ト、__
   __ ,. ー 、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....
   \ r 、 _ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::'ー、
     } }/ )  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /:ゝ/ ./ __  V ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:.:.:.\
    }:::::ゝ ソ ,Y i::::::/::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:. \

434 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 22:36:42 ID:LzppYjpc
            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ヽ、_
          | U  ( ●)(●)   それは、「困っている人を支えられるのは、同じ立場にいる人だ」
          .|    (___人__)       ということでした。
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉  極論を言ってしまえば、申し訳ありません。
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ   職員では、絶対に触れられない部分があると思ったのです。
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )  そのため、職員から、ただの人になる過程も書きたかったのです。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|   
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',


                     , ´  ̄ ̄ ` 、   当然のことながら、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、 この支える人も、やらない夫である必要はありませんでした。
                  /   (√丶丶´v 〉
                   ノ U   { )     j   いずれ、薔薇水晶が出会う誰かでも、良かったのです。
                ,.イ 、    V     /        
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,

435 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 22:37:13 ID:LzppYjpc
            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ  ヽ、_  ですが、そうして考えていくと、
          |    ( ●)(●)   「やらない夫は誰が助けるんだろう」という、
          .| U   (___人__)    問題に突き当たったのです。
           |     ` ⌒´ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉.
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ   私は、書きながら物語を考えているのですが、
 _, 、 -― ''"::::::::::::\::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、 第一話ですでに、やらない夫に「悩み」を持たせてしまったため、悩みました。
/;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ;;;;;;; )
;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;V/..... ̄ ',;;;;|
;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;〈 ;;;;:::::::::::... ',;;i
;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;::::::\::::::::::::::::::::::;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',




           / ̄ ̄ \
            _,ノ ヽ、,_  \   結果として、やらない夫は悩みを抱えたまま日々を過ごし、
          (●)(● )    |    自身の心をボロボロに壊してしまいます。
          (__人___)     |
          '、`⌒ ´  u  |   なら、それを救えるのは誰か。
           |        |
           ヽ 、     イ     それは、薔薇水晶だけだったのです。
           ィヽ-ー ≦ノ7
    _, 、 -― ''"....:::::::::::::::::::::::::::ト、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........--、
  丿.:::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::: {
  r :::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,::::i
 /.:::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::i
/.:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V

436 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 22:37:36 ID:LzppYjpc
            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |   やらない夫は薔薇水晶を救い、
          (__人___)    |      薔薇水晶がやらない夫を救う。
              |` ⌒´   u. |
           |        |    それは結局のところ、逃げでしかありません。
           ヽ      .イ
          __「ヽー'ーー"/7_
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: |



                  / ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \   ですが、そうすることで二人は生きていけるのです。
                (●)(● )    |
                  (__人___)    |
                 |      u  |   やらない夫は看護師に向いていない人間でした。
                    |        .|    本当は、最初から分かりきっていた話なのです。
                 ヽ 、     ,イ
                 /ヽ,ー-   ト、      
          _, 、 -─ '".:.ヽ:.:.\__ /ノ ト、__     ですが、そんな向いていないやらない夫だからこそ、
   __ ,. ー 、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....     薔薇水晶の心の奥の部分に触れることが出来た…
   \ r 、 _ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::'ー、
     } }/ )  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    ということを書きたかったのです。
    /:ゝ/ ./ __  V ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:.:.:.\
    }:::::ゝ ソ ,Y i::::::/::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:. \

437 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 22:37:51 ID:LzppYjpc

           / ̄ ̄\
         /   _,ノ ヽ、_   一度、すべてをリセットした彼らが得たものは…
          |    ( ●) (●)
.           |    (___人__)   私たちの言うような日常ではないのかも知れません。
           |     ` ⌒´ノ    自立ともいえないものかもしれません。
            .|        |
            人、       |     ですが、私たちの基準を当てはめる必要がないものだと思います。
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ
:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::
:::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::
::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:|



                  / ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \   作中で書かなかったことを、
                (●)(● )    |    あとがき的に書くのは失礼だと思うのですが…
                  (__人___)    |
                 |      u  |    この物語もまた、「喪失と再生」の話のつもりでした。
                    |        .|
                 ヽ 、     ,イ    彼らはまた、再生に向かっているのです。
                 /ヽ,ー-   ト、  
          _, 、 -─ '".:.ヽ:.:.\__ /ノ ト、__
   __ ,. ー 、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....
   \ r 、 _ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::'ー、
     } }/ )  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /:ゝ/ ./ __  V ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:.:.:.\
    }:::::ゝ ソ ,Y i::::::/::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:. \

438 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 22:38:09 ID:LzppYjpc



                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ    そういった部分を書ききれなかったことは、
    '            ー ´  ヽ    とても後悔しています。
    l              / .,.....、ヽ   書ききれなかった自分の技量のなさを悔やむばかりです。
.   l              l {::::::} l    
.    l              冫.ー く     ですが…
   l               l    ノ!   決してミイラとミイラ取りになってしまったわけではないのです。
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /     やらない夫は、誰よりも彼女を人間として扱った結果、
   ,'                   /         同じ人間として、心を痛めていったのです。
 ̄ `ー -               /
        `  、        /        そして、人として前向きに生きるために、
:.:.:.:.:.:...        、      /          ああいった選択をしました。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ          
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ         
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./

439 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 22:39:24 ID:LzppYjpc


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ  ヽ、_   病気だから、というわけではなく、
          |    ( ●)(●)    人々は傷つけ合って生きていく。
          .| U   (___人__)
           |     ` ⌒´ノ      それは当たり前のことで、
           |        |_,-‐、_ -、  それでも求め合う人々は決して、悪いものじゃない。
          .人、      厂丶,丶 v 〉.
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"::::::::::::\::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、   そんなことをテーマに書いた作品でした。
/;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ;;;;;;; )
;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;V/..... ̄ ',;;;;|
;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;〈 ;;;;:::::::::::... ',;;i
;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;::::::\::::::::::::::::::::::;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',


                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ    そういったことを伝えるために、
                      /    _,ノ_ `ヽ-、   不快な思いをさせてしまったのは、
                  /   (√丶丶´v 〉    本当に申し訳御座いませんでした。
                   ノ U   { )     j
                ,.イ 、    V     /     心よりお詫び申し上げます。
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,

440 : ◆gDQ5bE8qg2 : 2012/04/07(土) 22:39:41 ID:LzppYjpc
.                   _______
                 /    \,-、__   ですが…
               /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
               | (● ) (● ) ,.! ┴-'、   これが私の作品でした。
               |  (___人___) 〉-‐‐´ l
               .|       u 〉--‐´ l   精一杯書いた、作品です。
                |        iヽソ   l
               Λ      ∧`;"   '、
              __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
        _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
      ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
    / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}


                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ   少しでも、何かを感じていただけたならば、幸いです。
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'   あらためて、気分を害してしまった方にはお詫び申し上げます。
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /      大変申し訳御座いませんでした。
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´         そして、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ     ◆gDQ5bE8qg2
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./

441 : 名前なんて無いだろ常識的に考えて : 2012/04/07(土) 22:47:15 ID:1Yq.It0U
良くも悪くも反響があるのは胸を張ってもいいんじゃないかな?
気分を害するってことはそれだけ作品を真面目に読んだってことだし、
>>1自身がテーマを伝え切れなかったと思っているのなら次回作でその反省を生かせばいいと思うの。

俺は読み専の人間ですが、この作品を楽しんだ者としてそう思います。

442 : 名前なんて無いだろ常識的に考えて : 2012/04/08(日) 02:51:04 ID:5cYYC0Z6
不快には思わなかったけど、やっぱりミイラ取りになってしまったという感想は否めない
二人の幸せを願うけど、幸せになった姿が想像できない、そんなラストだなあ

443 : 名前なんて無いだろ常識的に考えて : 2012/04/08(日) 02:53:28 ID:wSujA0LQ
60~70過ぎて、人生を終えるころに「悪くなかった」と思えるなら
例え依存する関係でもいいんじゃないかと思う

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • 国内的な小咄 おまけ まぁ、はい (04/21)
  • 国内的な小咄 おまけ いよしゃあああああああああああああああああああああああああああああああ!!! (04/21)
  • 国内的な小咄 おまけ まだまだ甘いぞい (04/21)
  • 国内的な小咄 おまけ やめときんしゃい (04/21)
  • 国内的な小咄 おまけ  都会の方が歩く (04/21)
  • 国内的な小咄 おまけ いいところはたくさんあるし…… (04/21)
  • こういう日だから簡単なお話を。 その3 (04/20)
  • こういう日だから簡単なお話を。 その2 (04/20)
  • こういう日だから簡単なお話を。 その1 (04/20)
  • 超機甲特殊車輛 グランビートル アフターエピソード AI、育ちます (04/20)
  • 不徳のギルド(っぽいもの) 第4話 デンジャラスビースト?!ニャオハ襲来! (04/20)
  • 国際的な小咄 おまけ そりゃそうよ (04/19)
  • 国際的な小咄 おまけ みんな頭がヒッピーセット (04/19)
  • 国際的な小咄 おまけ 特に不思議なことではないですよ (04/19)
  • 国際的な小咄 おまけ ほんとそれな (04/19)
  • 国際的な小咄 おまけ 糞過ぎて草も生えねぇ! (04/19)
  • 国際的な小咄 おまけ マスコミがゴミである理由(By社会学者) (04/19)
  • 異世界転生やる夫君N番煎じ その13 (04/19)
  • 異世界転生やる夫君N番煎じ その12 (04/19)
  • 異世界転生やる夫君N番煎じ その11 (04/19)
  • だーくねすふぁんたじあ 第25話 (04/19)
  • うる夫はだめな狼のようです 第56回 (04/17)
  • カナちゃんのおしながき 第98回 (04/17)
  • 沙英は看板娘のようです 第24回 (04/17)
  • 国際的な小咄 おまけ 教育は大事 (04/17)
  • 国際的な小咄 おまけ 正々堂々とした泥棒 (04/17)
  • 国際的な小咄 おまけ ガンダムSEEDに関わったすべての人に謝れ!!! (04/17)
  • 国際的な小咄 おまけ 畑楽黄梨 ◆K45KsATClcの投稿に出てきたいとこ婚の有名な例 (04/17)
  • 国際的な小咄 おまけ 理系なら使うことも多い――と思いきや (04/17)
  • 国際的な小咄 おまけ 全てコーヒーショップが悪い! (04/17)
  • やる夫は量産型のようです Chapter4『量産狂騒曲』 第18話 (04/16)
  • すごく意味のない転生チートを頂いて転生した話 第2部 その4 (04/16)
  • すごく意味のない転生チートを頂いて転生した話 第2部 その3 (04/16)
  • やるテトは、とりあえず結婚しました 第44話 「それぞれの破れ鍋に綴じ蓋」 (04/16)
  • やるテトは、とりあえず結婚しました 第43話 「ディア フレンズ」 (04/16)
  • 読者投稿:中世における言語哲学と唯名論(代表理論について) (04/16)
  • 読者投稿:代替医療について厚生労働省のまとめサイト (04/16)
  • 読者投稿:EVのメリットと生き延びる道 (04/16)
  • 読者投稿:わたしたちのルーツ (04/16)
  • 読者投稿:日本製鉄のUSスチール買収問題 (04/16)
  • 読者投稿:小林製薬の紅麹製品問題について (04/16)
  • だーくねすふぁんたじあ 第24話 (04/16)
  • だーくねすふぁんたじあ 第23話 (04/16)
  • だーくねすふぁんたじあ 第22話 (04/16)
  • だーくねすふぁんたじあ 第21話 (04/16)
  • やる夫は魔導を極めるようです 小ネタ「とある喫茶店での歓談」 (04/16)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第二百五十九話 (04/16)
  • 国内的な小咄 おまけ どおおおおおおおおおおおおおせ翻すやろ、このおっさんの事や (04/16)
  • 国内的な小咄 おまけ 不審者すぎる…… (04/16)
  • 国内的な小咄 おまけ うっわ…… (04/16)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    代替手段模索中