スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
出張につき更新が減っております。更新リストやコメントの反映は遅れてしまいますので、ご了承をお願い致します。

サイトの幅とかちょっといじってるので反映されない場合、キャッシュ削除とか更新とか試してみてください。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
2/22
クワトロが天使と交渉するようです
2/21
やる夫は好敵手達と戦い抜くようです
2/18
slip back (k)not
2/14
できない夫達は、愛を探すようです。
1/11
やる夫たちは怪奇現象から街を護るようです!
12/29
やる夫は量産型のようです
不良娘と生徒会長
12/25
暗殺JK ルビー・ローズ 今日も憑かれてます!!
12/20
やる夫は真実を書かない
12/19
JKと呪いと時々オタク
12/7
ゼンイツは七つの宝石を取り戻すようです
12/3
スタンド使いやる夫の社会人生活
11/28
トラブルバスター キョウコ
11/25
さやかの愉快な日常生活
11/23
あんこ時々安価で無人島生活
11/11
山賊王女 第1話
11/3
理想郷の魔女たち ~賢者からの手紙~
11/2
奇跡の東堂
10/31
教えます。恋愛小説の書き方
10/22
勇気とはつまり、10円ぐらいのアレ



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)

Firefox(※AAの表示は大丈夫だと思いますが、あまり確認できていません。)

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
スポンサーリンク
カテゴリ
カウンター

PV


UA



Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ 第40話「ヒゲ集め」(32)

目次 現行スレ

75 : うにー ◆hrPgATdXSI : 2018/12/16(日) 23:22:31 ID:sAqHmON6Sa
.
第40話「ヒゲ集め」(32)

          ギギー
:::::::::::::_______________:::::
::::::::::::|\\        .|:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
::::::::::::|:::::\\ノノノ    ! :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::   「 それじゃあ、大人しくね 」
::::::::::::|:::,、::::\\      |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||\:::::\\    !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
::::::::::::|:::||:::::\:::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::||::::::::::|〔 !lll!     !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::::
::::::::::::|:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|______|:::::|::::
::::::::::::|:::\:: :: |::::|lll|     |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
 ̄  ̄:\:::\::|::::|lll|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::\::::`:::::!lll!     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::: \:::: !lll!     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::\|lll|       ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        :::::::::::::::





          パタン…
:::::::::::::_____________:::::
::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
::::::::::::|:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::i:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|::[|||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i::::
::::::::::::|:::::|______|:::::|:::::|______|:::::|::::
::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.




76 : うにー ◆hrPgATdXSI : 2018/12/16(日) 23:24:31 ID:sAqHmON6Sa
.
                       |i:i:|         r――  、
                       |i:i:|         人::....   \
              ,. ―、           W:i     -―>―‐、 ̄ \__ \
     -――― {   .:',        V:i    (::.....(::..    ',.`\|::    |
    /  \...::{::....}  ....',          Ⅵ>-- .. _ ̄ヽ    V  |::   |
   ′  __} ̄¨¨ノ   ::::',          Ⅵ............   \ }    ヽ-'::    |
   j     ̄ ̄     ..::::::、        Ⅵ>- 、ノ::::..../    ::::..       :、
   {...   ...:::::       ‘,        Ⅵi:l   \/    :::::::.     }
   }::::   ::::::::::.......       ::',         Ⅵi:l .. -‐′    :::::::    /:{
.   { ::::.....   :::::::::...    ::}         |i:i:/   j::::    :::::::    /:::/
    ヽ....  :::....  ::::::::::::::...  ..:|        |i:i(__ノ¨{::::    :::::::   //
     \;;;;::::..   :::::::::::::   :::|       |i:i:i:|  ノ:::    ..::::::::   ∥
       丶;;;:::: -―――<        |i:i:i:| /:::    ::::::::   /
            / 三      _|ヽ       |i:i:i:| ,::::::       -― 、
        /=-       |_| |     |i:i:i:| {      /       > 、
         /=-          | |ニヽ   |i:i:i:i| 、::   /            >
        =-  -―…―- 、i| |__∩) ./三ニ|  \ ::/            ̄  \
       i//::: ̄ ̄ ̄::丶\ |―i |  l三三|     |\/ \   / /:: ̄ ̄ヽ )
       | /:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ V l |--三三/    .八. \ /   / /::::      ``~、、
       V::::::        ::::::::lノ } /U‐{///∥)-――<_   \__/__/::::           ``~、、
         j:::::::::         ::::::|ノ \\ ̄_/ ┬―r‐、 }>   | |::::                   ``~、、
.        j:::::::::         :::::|    ――<ノ―‐>―<''\ | |::::
       j::::::::         :::::|             ̄ ̄       \ \::::::
         j::::::::         ::::|                     ̄\:::::::....
        .:::::::::           ::::|                        \::::::::......
        /:::::::         ::::|                          \:::::::::....
     /::::::::           :::|                            \:::::::....

77 : うにー ◆hrPgATdXSI : 2018/12/16(日) 23:25:13 ID:sAqHmON6Sa
.
                       |i:i:|         r――  、
                       |i:i:|         人::....   \
              ,. ―、           W:i     -―>―‐、 ̄ \__ \
     -――― {   .:',        V:i    (::.....(::..    ',.`\|::    |
    /  \...::{::....}  ....',          Ⅵ>-- .. _ ̄ヽ    V  |::   |
   ′  __} ̄¨¨ノ   ::::',          Ⅵ............   \ }    ヽ-'::    |      …手錠は外さなくていい、薬をどうにかしてくれ
   j     ̄ ̄     ..::::::、        Ⅵ>- 、ノ::::..../    ::::..       :、
   {...   ...:::::       ‘,        Ⅵi:l   \/    :::::::.     }
   }::::   ::::::::::.......       ::',         Ⅵi:l .. -‐′    :::::::    /:{
.   { ::::.....   :::::::::...    ::}         |i:i:/   j::::    :::::::    /:::/
    ヽ....  :::....  ::::::::::::::...  ..:|        |i:i(__ノ¨{::::    :::::::   //
     \;;;;::::..   :::::::::::::   :::|       |i:i:i:|  ノ:::    ..::::::::   ∥
       丶;;;:::: -―――<        |i:i:i:| /:::    ::::::::   /
            / 三      _|ヽ       |i:i:i:| ,::::::       -― 、
        /=-       |_| |     |i:i:i:| {      /       > 、
         /=-          | |ニヽ   |i:i:i:i| 、::   /            >
        =-  -―…―- 、i| |__∩) ./三ニ|  \ ::/            ̄  \
       i//::: ̄ ̄ ̄::丶\ |―i |  l三三|     |\/ \   / /:: ̄ ̄ヽ )
       | /:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ V l |--三三/    .八. \ /   / /::::      ``~、、
       V::::::        ::::::::lノ } /U‐{///∥)-――<_   \__/__/::::           ``~、、
         j:::::::::         ::::::|ノ \\ ̄_/ ┬―r‐、 }>   | |::::                   ``~、、
.        j:::::::::         :::::|    ――<ノ―‐>―<''\ | |::::
       j::::::::         :::::|             ̄ ̄       \ \::::::
         j::::::::         ::::|                     ̄\:::::::....
        .:::::::::           ::::|                        \::::::::......
        /:::::::         ::::|                          \:::::::::....
     /::::::::           :::|                            \:::::::....

78 : うにー ◆hrPgATdXSI : 2018/12/16(日) 23:25:41 ID:sAqHmON6Sa
.
             ‐ '"´ ̄` ー 、
             _ ,. -‐ ´ ̄` ー- 、
         一 ' "´/: : : : : : : : : : : : : :.:.:\
            / /: : : : : :/: : !: i: : ヽ..:.:.:.ヽ
          ,. ' //: : : : :/ :/ : :/:./: :.!: : ;.:.:ヽ:.i
        -‐'´ /:.:/: : :/: /: /!: :/:,イ: :./: : :.}.:.:.:}:.:l
         /: :/!: :.l.|/|:.:/ |:./|/ |: /!: :.l.:.l.:.:从:.l
        ∠ ヘ: /:l人代ナ7'‐l/  'l7十ト|/.:/:/:!::ト、
      /    〈イ.l: :.lイtx=ミ    彳=‐ァri/:/:.∧| \
           /.!:.ト、lハ 廴 }    廴/ノ/r、:/   !   わかった
            /イ|/l:.ト:.トヽ     :.   ///イ/
            /!:!:〉;: ...、  ‐‐ //:.:/:/
             / l/ ! l/トレ>  イ///
               __,. -‐'フ   /}\
             ,. ィ'TT    |--、 ,.--!  `  7ァ、
         < /| |::|     |ニ二ニ!   // /
            `7 l \\   |     |   // ∧
          /:.:.:.:\ fァrr-、     |  // /:.:.:l
          /:.:.:.:.:.:.:「f i ! fl 〉ト、 !  // /!:.:.:.:|
         /:.:.:.:.:.:.:〈 ! '' ' lイ .ll|rl ! //./:.:;.:.:.:;.l
         ト、:.:.:.:.:.:.八   ト、 l l//.:.:.:.;.:.:.:!:!
         }:.:.:.:.:./:.:.:.` ー'"〉 ミ!/,.イ:.:.:.:.:.:.:!:.:.:!.:l
       _//_/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ,.ヘrニ二コ:/:.!:.:.;.:.:|
      ,.'´:.:r〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//,.イ/||T"´:./.:.:!.:.:;.:.:.l
     /:.:ム┤:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:>r,ィュl:.〉:.:.:./.:.:.:!.:.:';:.:..!
     /:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.///┴/イ: : .:.\:.:.:.:.:.:\:ト
.    {:.:.:.:.:.:└- r==ニニ二二ニニ//: :.:.:.:.:.:.\:,:.: : ::.:.}
     \:.:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:./    /. :.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:〉:.:.:/〈
       > ./:.:.:.:.:.:.:/ l/    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:://:.:.  :|
    r-イ/\:.:.:.:./.// ー- イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.'-:.〈:.:.:.:... l
    !     \///   //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉:.:.:.:.:....>
     ヽ     //   / /____ ,.  ィ"´ \:.:.:.:{
     \  //      . . : . : . :/  ! |    \r'
       `ヘく     . : :         :.:l    //
          | ー-  _        :.:l   ,.くr'ノ
          |       「二ニr- 、_「└ '´l
.            |       |   |      |
             |      l    l        l
           l        |   |       |

79 : うにー ◆hrPgATdXSI : 2018/12/16(日) 23:26:35 ID:sAqHmON6Sa
.

   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \    おっと、やっぱいたか
. | ( ●)(● ) |   錬金術ってのは本当やべーよな
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |   今回のは…その指輪か?
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |






             ____
        r= _=RX⌒7ァ    \
       >:/ /7ヽヽ:/:フ/⌒7 ヽ }    そう、これは『ルフトリング』 姿消しの効果がある
      rく:∧ ∨/|ミ彡    / //
      >≫ ≫マ:ハ     / :://     これは私がブレンド調合した物。装備した者についての情報がほぼ完全に認識されなくなる域に達した
.      ム=z/(())ー ´   /  :/'′
     /:::::/ゞ彡}     /   /
.    /:::::/: /   /   /
   /::. / /   /   /
  {: / /   /   /
. 八 、(ト <ゝゝ/
    ヽ三辷彡 ´
.

80 : うにー ◆hrPgATdXSI : 2018/12/16(日) 23:27:01 ID:sAqHmON6Sa
.
        / ̄ ̄\
     /   _ノ   \
     |   ( ●)(●)   いいな、それ
.     |     (__人__)
      |      ` ⌒´)   チョーダイ
        |         }
      ヽ         }
        >       ノ
     /         \  /て⊃
     |  ィ     |\  `´ ゞ _三}
.     |  |      |   \__/.





                       \
          /                \
        ∠ノ〉  /   /        }\〉 、
       '   〈__,_ /      _}\}\\  、
     /∧√ヘ冖 ̄         }       \ > ∧
      〈/  ' /   /  /     }  /  ,       〉
     }   /   /  /   /{ノ{ / ,   /  /   ∨ !
     }      /  /   //  / , /  ,   / /    !
     }       /__/_/ //  /_/_∠ィ7 /}
     }八   、ヘ |/// 7// / ∧ //Ⅵ!  //
  .   \\ { | ┝━━= / // /━━ァ′ //     やだ
      }从\丿  b__ノ    /   b__/  ,人{
        }八    |           厶イ /
           )ヘ |      '     /  }/
          _\|\     -     ィ  /
         _/     |    ┬―< / /
    _//     |    ⊥ ノ! /ハ! ̄\
   ∧ | |      | ̄ ̄ ̄ ̄/    / ∧
  厂\| |      ∨  ̄ ̄∨    / /  \   ガサゴソ
.

81 : うにー ◆hrPgATdXSI : 2018/12/16(日) 23:27:29 ID:sAqHmON6Sa
.
   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │ なにその薬持ってかえんの?
  |   `⌒ ´   |
.  |           |  やる夫には使うなよ
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |





   '、
   ヾ 、             , -‐- 、
    ', ` 、      ,  ' ´      `ヽ、
     \  ` ""゙ ´              ̄ ̄`ヽ 、
      ヽ 、, '                      \
       /                      ヽ  ヽ
      / ´  ., , ' ´       ____       `,   ヽ
    /   /´    ,  ,     ´~   ヾ ー ,__   ',  `,
   / _/ /     ./  ',        、 \  `ヾ, 、 ! 、 `,
  / // /      /!   !        ヽ、 ヽ,ヽ、 \  ヽ ヽ      使う筈がない、こんな粗悪品
 l /  | ,!     , ./ |  l !、 ヽ、 ヽ    ヽ  ヽ ヾ、、ヽ, ', ヽ、
 `  .| |    _!,! ,' | l  ', ,ヽ ヽ  ヽ \  ヽ  ヽ  ヾ、! ',',ヾ     しかし、意味のわからない女だった
    l /|  | `,才ト、| ト  ', ', \ヾ、  ヽ \ ヽヽ ',     ヽヽ'.、
    ヾ ヽ |  !汁ド、トハ  ヽゝ‐-ヾ-'=、__!_ ヽヽヽ ',    / } ',ヽ
       ヽ}', ', ン:::rリヾ\ ヾ -ー‐ヽ ヾ,} ヽ ', ', ゞr,!   /ノ ', !     彼女の考えや手段は非常に雑で唐突。理解が逆に難しい
       .i| ヽヽ` ー´   ``ヾ 斗云弐ミ=!,ヽヾ   ,ヾノ /.//   ',!
       ´', ヾ,ゝ  ノ     リ::::r〃"} ハ ',   ',Y /, {/         あなたには理解できる?何か一欠けらだけでも
        ヽ ヽ         ` ̄´  / } 、   ',.}  ´
         \ |\ ヽ 、        / /.ハ   ',!
           `` \`´     , '´/ /  ',  i,!
               〉ー- ' ´   ´}´    ',! ,!

82 : うにー ◆hrPgATdXSI : 2018/12/16(日) 23:27:56 ID:sAqHmON6Sa
.
.
                       |i:i:|         r――  、
                       |i:i:|         人::....   \
              ,. ―、           W:i     -―>―‐、 ̄ \__ \
     -――― {   .:',        V:i    (::.....(::..    ',.`\|::    |
    /  \...::{::....}  ....',          Ⅵ>-- .. _ ̄ヽ    V  |::   |    やりたいことなら何となくわかる
   ′  __} ̄¨¨ノ   ::::',          Ⅵ............   \ }    ヽ-'::    |
   j     ̄ ̄     ..::::::、        Ⅵ>- 、ノ::::..../    ::::..       :、
   {...   ...:::::       ‘,        Ⅵi:l   \/    :::::::.     }    …同じ立場にしたいんだろう
   }::::   ::::::::::.......       ::',         Ⅵi:l .. -‐′    :::::::    /:{
.   { ::::.....   :::::::::...    ::}         |i:i:/   j::::    :::::::    /:::/
    ヽ....  :::....  ::::::::::::::...  ..:|        |i:i(__ノ¨{::::    :::::::   //
     \;;;;::::..   :::::::::::::   :::|       |i:i:i:|  ノ:::    ..::::::::   ∥
       丶;;;:::: -―――<        |i:i:i:| /:::    ::::::::   /
            / 三      _|ヽ       |i:i:i:| ,::::::       -― 、
        /=-       |_| |     |i:i:i:| {      /       > 、
         /=-          | |ニヽ   |i:i:i:i| 、::   /            >
        =-  -―…―- 、i| |__∩) ./三ニ|  \ ::/            ̄  \
       i//::: ̄ ̄ ̄::丶\ |―i |  l三三|     |\/ \   / /:: ̄ ̄ヽ )
       | /:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ V l |--三三/    .八. \ /   / /::::      ``~、、
       V::::::        ::::::::lノ } /U‐{///∥)-――<_   \__/__/::::           ``~、、
         j:::::::::         ::::::|ノ \\ ̄_/ ┬―r‐、 }>   | |::::                   ``~、、
.        j:::::::::         :::::|    ――<ノ―‐>―<''\ | |::::
       j::::::::         :::::|             ̄ ̄       \ \::::::
         j::::::::         ::::|                     ̄\:::::::....
        .:::::::::           ::::|                        \::::::::......
        /:::::::         ::::|                          \:::::::::....
     /::::::::           :::|                            \:::::::....





   /:.:.:.:.:.:.:.:.:, :.:.:.:.:、:.:\
  ':.:.:.:.:.:. /:.:.:.i:.:.:.:l:.:.:ト :.:.:ト
 /:.:.:.:.:.:.:/:.:/:.:|:.:.:.廾ナ!:.:リ
  7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:|r=ォⅣ}    同じ立場?誰と
  イ:.l:.:.:.:.:/::::( |:.:.:.:l tj '
 ' Ⅵ:.:.:.:.:.:::::::∧:.:.:|""  〉
  jハ:::::::::::::/ ', .:|  -/
    V:::::/′ ',:.|--イ
.     从/    lヾ:川
    イ {   ヽ  ゙㍉℡、
 /    ゝ     ノ  \

83 : うにー ◆hrPgATdXSI : 2018/12/16(日) 23:29:56 ID:sAqHmON6Sa
.

                 , -─‐ 、
               /      \    …貴族の女を踏みにじるように乱暴に扱っていた金持ちのクソ野郎が過去にいた
               /           !
                /        /    俺はそいつを街から追い出した
               /           /
                i        /     あいつは…川内はそいつの宝石店で働いていた女だ、向こうが覚えてるかは知らねえけどな
               ∨ ____r/
               ,「:::::::::::::::::::::::::ヽ;,、_    猫目石とか原石を売りに行った時、店で顔を見たことがある
            __,,./":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ,、
       / ..::ヽ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      / .::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::.`
      l ;ノ:::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: !::::::::::i
     く:::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: イ::::::: {
        l:::::::::::::ヽ;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::
      l :::::::::::::::::.〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: i
        l|::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::: |
      l::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::: i





                    -――--――-
           。: ゚ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :゚: 。
            / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : \
        :゚: : : : : : :.:.:./: : : : : : :.:.:l : : : : : : : \: : \
       。゚: : : : /: : :.:/: : : : : : /:.:.:|: : : : : : ヽ: : : : : : \
       ./: : .:.:.:./ : : :/: /: : : //: :.:.:|: : : :l: : : : : : : : :\:.:.゚。
      //: : : : : .:.:.:./: /: : : //|: : : :|: : : :|: : : :l: : : : : : : : : : \
.     //:/ : : .:.:|: :.:.| /: : : /l|:.:|: : : :|: : /.}: : : :|:l : : :.:.\ : :.: ⌒\ 
   .//:/ .:.:.:.l: :| : : /: : : / |:|: : : :|: / |:|l :.:.|:l:.:.:.| : : :.|l .:.:i
     .:/ : :.:.:.:|: :|: :.┼―ァ - |:.:|: : : :|/ -|:|―l|‐ : :| |.:.:.:|| :l:.|   …つまり貴族の娘である大和をあなたに無理やり抱かせることで
     .i : : :.:.:.:|: :|./:.:|: :/}__, 从|: : : 八 ,ノ八:/|:| : : : : : :|| :| |
     从:.:./:.:.|: :|: : ィ斥云ミx ノ : :/  x云乏ミ:|:| : / | / ||:人!   その権力を利用してあなたを街から追い出したいということ?
.      ∨:.:.人 : : : |{ |::{r'}::| //   |::{r'}::| }|:| / : | .:.八 .|
      .人:.:| |: \ |゚辷,,ツ       .辷,,ツ。从: : : |:|/      無理な展開ではないかもしれない、貴族次第で有り得るかもしれない
          }|: : : : :.:.| |        i      /∧}: : :从
        |:从: : :.:| |               /:.:/:.:./ :|       けれど、大和は手紙であなたへの好意を対外的に示している
        |′}.:.:.:乂>.、    ´`    。く:.:/:.:./人|
          .八: :.:.|:/\}> 。   . 。イ、  } :.:./   .|       あなただけを悪者に仕立て上げるには不都合
            .゚。.:.| /|         .| :\|:/
              ∧:|/ .ノ       八{  |:ム__
       .   /  }| .:{――-  -―‐}  |{ \ \

84 : うにー ◆hrPgATdXSI : 2018/12/16(日) 23:30:29 ID:sAqHmON6Sa
.
                 __
               /    丶
               __|      |- 、         俺も貴族の女も「両方」傷つけたいんだよ。恐らくどちらも憎いんだあの女は
              ノ:::::::::ハ   _ノ、)::::::::`丶、_
           〈::::::::::::::::ハ    /::::::::::::::::::::::`ヽ    大和のお嬢ちゃんは完全にとばっちりだが…
            |::::::::::::::::::::::ーー"::::::::::::::::::::::::::::::|
           }::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::j   俺を死にたくさせるには十分な作戦だったよ
           |:::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::::::::::/
            !::::::::::rヘ::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|   自分の命と後先考えてないことを除けばな
.            |::::::::::| \::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::|
          /:::::::::::l  r::::::::::::::::::::::::::r::::::::::::|





  ':,  \':, \: : !     \:.:ヽ:.:.|:.:.:.i:.:.:.: ト、:.:.:i: !:.:.:.: : i:.:.|:.:.:.Ⅳ
    \  \   >        \i:.:.|:.:.:.|:.:: : l ',:.:|、:',:.: : : |:.:.|:.i: !     やはり理解はできない、恐らく理解する意味もない
         ヽ           !:.:.!:.:. |:.: : :l  i:.l ',:.',:.:. :.|:.:.|: ! |
           i`:..、        |:. ii:.:.:|:.:.:.:.l.  !:l Ⅵ:.:.: |、:.!ハ|     そしてそんな事柄をこれ以上推測しても無意味
           |: ハ: ー、‐     |:.:l l:.:.|:.:.:.:.!   ||   ヽ:.:| Ⅵ :!
          !:{ ヽ:. `:.   l:.l l: |:.:.:./   !     ヽ!  >――‐   本人を捕えて直接問いただせばいいのだから
           ヽ!   :.:. ∧   ll ´|:.:!:.:〈       , . : :´.: : : : : :
           \ i:. i `´  ! . |:.:.: ハ      . : : : : : : : : : : : :   大和をあの女が連れてくればそれで終わる
                  l:.l        !:.:/  i   /: : : : : : : : : : : : : :
               ll      |:/   !/: : : : : : : : : : : : : : : :   川内を泳がせる理由は消える
                 !      |'  /: : : : : : : : : : : : : : : : : :
                    _  /: : : : : : : : : : : : : :-=≦三   生存価値も
                      /:i:i:i:>': : : : : : : : : : ..z≦三三三三
                   ∧i:i:iⅩ : : : : : : : ィ≦/三三三三三
                   ∧i:iⅩ: : : : : : :/三/三三三三三三
                    ∧i:Ⅹ: : :. :.:.:./三 :/三三三三三三三
                    |i:Ⅹ: : : : : /三三/:三:三:三三三三三
               Ⅳ: : : : :/ニ三三/三三三三三三三三

85 : うにー ◆hrPgATdXSI : 2018/12/16(日) 23:31:00 ID:sAqHmON6Sa
.
                       |i:i:|         r――  、
                       |i:i:|         人::....   \
              ,. ―、           W:i     -―>―‐、 ̄ \__ \
     -――― {   .:',        V:i    (::.....(::..    ',.`\|::    |
    /  \...::{::....}  ....',          Ⅵ>-- .. _ ̄ヽ    V  |::   |   
   ′  __} ̄¨¨ノ   ::::',          Ⅵ............   \ }    ヽ-'::    |
   j     ̄ ̄     ..::::::、        Ⅵ>- 、ノ::::..../    ::::..       :、
   {...   ...:::::       ‘,        Ⅵi:l   \/    :::::::.     }     …消すなよ?
   }::::   ::::::::::.......       ::',         Ⅵi:l .. -‐′    :::::::    /:{
.   { ::::.....   :::::::::...    ::}         |i:i:/   j::::    :::::::    /:::/
    ヽ....  :::....  ::::::::::::::...  ..:|        |i:i(__ノ¨{::::    :::::::   //
     \;;;;::::..   :::::::::::::   :::|       |i:i:i:|  ノ:::    ..::::::::   ∥
       丶;;;:::: -―――<        |i:i:i:| /:::    ::::::::   /
            / 三      _|ヽ       |i:i:i:| ,::::::       -― 、
        /=-       |_| |     |i:i:i:| {      /       > 、
         /=-          | |ニヽ   |i:i:i:i| 、::   /            >
        =-  -―…―- 、i| |__∩) ./三ニ|  \ ::/            ̄  \
       i//::: ̄ ̄ ̄::丶\ |―i |  l三三|     |\/ \   / /:: ̄ ̄ヽ )
       | /:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ V l |--三三/    .八. \ /   / /::::      ``~、、
       V::::::        ::::::::lノ } /U‐{///∥)-――<_   \__/__/::::           ``~、、
         j:::::::::         ::::::|ノ \\ ̄_/ ┬―r‐、 }>   | |::::                   ``~、、
.        j:::::::::         :::::|    ――<ノ―‐>―<''\ | |::::
       j::::::::         :::::|             ̄ ̄       \ \::::::
         j::::::::         ::::|                     ̄\:::::::....
        .:::::::::           ::::|                        \::::::::......
        /:::::::         ::::|                          \:::::::::....
     /::::::::           :::|                            \:::::::....

86 : うにー ◆hrPgATdXSI : 2018/12/16(日) 23:31:53 ID:sAqHmON6Sa

          /  // / / / | |! |i   i| i|! i| i|  |!    | i|  \         / 〃
         ./  // / /  {i ii |! ii    | i|! i| i|  !!    | |!丶  \    /  ,′
        /  /  i| │ !|  -―斤`ー≠┼‐+ |! .i|  __}z=ii≡―-ェ-、_ / ./
         i:  |!   | │ !|`ヽ ∧|   /:::::::|  i!::: ! |丶 ̄/ : :|i : :ヽ   丶.i ̄≠
         |i  |i  i! | i !  !|   V : :| / :::::::::!  |: : | | :: :V:::::::::i|:::::::::\  / `,'|!
           |│| | i |  i \ i| : :::V :: :: ̄入 T: :丶'; ., 一';<:i! : : _ \/ ./ .|!     あの女、やる夫の顔も「見て」いた
            .V i| | i│ .{\ i| ,ィ圷丕フ7ョ。 ::\ : : !/:: : ::ィf≦圷丕圻ミミミ   |!
             .∨ ヽ 丶 \  ';ヾ  ,イ冗ハ ㍉ : ::::::::|!:::::::.〃 .,イ冗テハ i i ミミミ.卜、    あなた一人では済まさないという顔をしていた 
                 '; .ヽ ヽ i::.  {i{0}iii|} .   : :::: ノヽ、::   {|i{0}ii| } } i.i . 》》
               .\ ヾ.  }:: 弋圭ツ  ..::::::::::::::::::\:: ヾ辷x 彡 .i.!   i|  /   恐らく川内が憎んでいるのは一人や二人ではない
               | .、\ i : :::.ミ三=彡 :::;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::   ミ=- =彡   〃 /
                Ⅳ  ` ヽ\                    i |  .//i |    あの女が狂っているというのなら
                   ノ∨  ∧ハ、\     く             | ! /  .,′!    私はそれ以上の凶行を働くことができる
                   V / V ゙、      丶           |.i  ./ .//
                  V  ハ \         _             |i //{      今あなたが受けている仕打ちを、あの人がされていたなら
                          ∨ハ>、    `ー`        .才千′/!  /    私は川内を水底に沈めていた
                       ∨///  ヽ             <三{!牛 ./ | /     
                        八ハ   ∨> 、   <ニ三三.|!牛/ . | //
                                   {// ´//';   ̄ ̄   ノ  !′
                                V/////i       〃 / |





                /  ̄ ̄ ヽ
                   /         ヽ
               |         |   落ち着け、確かにやる夫も巻き込んだ。俺が関わらせた
           ,ヘ_   j        /
         __,/   ` <  i     /    川内がどこまで把握しているかはわからんが
       /---‐――--.、ゝ\    ./    俺と仲良くつるんでいるだけで憎む理由にはなるだろう
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ ノ     
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.´.:`ヽ       ただあの男が、今の俺みたいな無様さを見せるか?
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:_ __ヽ-、    あんたをこうやって自分の手足のように使いこなしている奴が
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:_十''''''''"".:.:.:.:.:.:.:.:.:\

88 : うにー ◆hrPgATdXSI : 2018/12/16(日) 23:32:59 ID:sAqHmON6Sa
.
            ,. . : : : :  ̄ ̄ ̄: : : : . .、
           , . : ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : `⌒\
          /: : : : : : : :/: : /: : : : : : : : : : : : : : : :.\
       /, : : : : : : : :/: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : :/:, : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ\
    /'/: : : : : : : : : {/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : :∨: '.
      / : : : : : : : /: : : : : : : : ,: : : : :/: : : : : : : :∧: : : :|: : :|
    ' : /: : : : : /: : : : : : : : :/: : : :/: : : : :/: :/:'⌒{: : : l∧:|
   /: :/: : : : : /: : /:|: /: l: /: : : : :|: : /: /: :/}:イ  V: :/} リ
  /:.イ: : : : :|/: : :/:/:/: : |/:_:|: : : :|: /_:イ: ,____ , イ }:/
    |: : : : : : : : : : }/: : / -,|: : : :∨| }: /   l {:| |十
    |: :/: : : : : : : /: : : |   |: : : : : :|       | J } {      …私が やる夫の手足、それはいい。ナイス発想。ナイス伴侶私。
    /:,イ: |: : : : : : : : : : 乂  ∨: : : : |   , , , 乂_ノ '.
     |:∧: : : :l : : : : : : : `T´V : : : |            }     しかしそれには私が一人しかいないことだけが無念
     |'  V:\}: : / : : : : : |  '.: : : :|          ノ
        }:/ |: /、: l : : 从   ,: : :.|         ,        私があと三体存在すれば両腕両足フルコンプリートできるのに
            |/ }: ∧イ     '.: : |___,. :r ´ コロッ
            |'r--'--、___{\|    |:/    
            /         ∧      /  
              / /⌒>、 / ∧__             いっちゃおっかな、エアフォルクの塔…
           / / /⌒\ \  V==}  
            / / /ニニニ\ \ ∨ |      
         / / /ニニニニニ\ \V|   /ヽ-、
          ,  / /ニニニニニニ\ V _/ニ∧ )
        /__,/ /ニニニニニニニ}ニ\}/ニニニ∧ノ
          {    ∧ニニニニニニニニニ/ニニニニニ〉
        `Tニ´ニ}ニニニニニニニ|/ニニニニ/





   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │  やる夫がかわいそうだから増えるのはやめてやるだろ
  |   `⌒ ´   |
.  |           |   というかお前さん四体でやる夫取り合って街が崩壊する未来しか見えない
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |

89 : うにー ◆hrPgATdXSI : 2018/12/16(日) 23:33:26 ID:sAqHmON6Sa

                 /ィ ,  /  /  / /               ヽ,
                   / / / /  /  / ,.'   │     ヽ        ヽ
                   / / /  l  |   /   |    | ヽ  ヽ.,  、      |
                  │ l  |   | ,∧ /、   |   \. | │ ヽ,    |
                  │ ィ   |   ,ヘ、 |_,| | \  |\, | `'j、│   |   |
                  レ │ ,ヘ  | _ゝ_メ._   \| _ハ,ヒ"_ヽ|   |. ! リ
                 ヽ | _ヽ Y 行ッr`、 _ jl イ:マ丁j>   /ヽ| !    自分の敵は自分…
                       ! _ヽ!、  ト、ン |´  `l.  トヘソ |  !) ルl/
                  /_-、ヽ∧.. ニ  ' ,  ゝ .ニ イ  /ィ′     なるほど、一理ある
                 {/ _ ヽ`l i       _        ! ∧l
                 ヽ L`' ヽ.| \.    `′    , ィ' /!        でも勝つのは私、オリジナル・ユキ
                   \ ヽ  }!    、      / /,ヘリ
                    l    .ヘ     ri ー ´   l/  |        最後に生き残るのは私…!!
                  r'ン   /  , ィ' /j     /   ヽ 
               r ‐' ヽ _jヽイ ::/     ,/      \
               /  三三三三ノ//、 ヽ.. ー /        _\
               | 三三三三/ , 'ヘ \/      , ´ __ ., --ヽ
             /ヽ三三三三 !/    〉′      // ´  ィ´三 !
            / 三三三三三/   /      //   /:: 三三l





   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │  自分増やして何したかったんだっけ?あっ、蟲毒?
  |   `⌒ ´   |
.  |           |  
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |





        
:::::::::::::_____________:::::     「つーか、そろそろ姿隠さなくていいのか?川内が戻ってきたら…」
::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
::::::::::::|:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::i:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::     「大丈夫、彼女が近づいてきたらわかる」
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i::::     「錬金術、こえー」
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::     「違う。私が彼女を覚えただけ。警戒すべき敵性として」
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|::[|||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::     「…女錬金術士、こえー」
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i::::     「そう、錬金術士とは恐ろしい存在。やっとあなたも理解が追い付いたようで何より」
::::::::::::|:::::|______|:::::|:::::|______|:::::|::::
::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                                                   続く

90 : どこかの名無しさん : 2018/12/16(日) 23:35:15 ID:RHuP6Z7k00
おつおつ
やる夫の両手両脚に長門をくっつけて勇者合体だな。錬金勇者

91 : どこかの名無しさん : 2018/12/16(日) 23:44:26 ID:6iLb0uZc00


92 : どこかの名無しさん : 2018/12/16(日) 23:52:44 ID:sL3MlaSs00
重苦しい話題からこのキレッキレのコントへの転換が実にいいでですねぇ

93 : どこかの名無しさん : 2018/12/16(日) 23:59:02 ID:AJOq8x9.00

ない夫より長門の方が深刻なシリアスブレイカーだったw

96 : どこかの名無しさん : 2018/12/17(月) 08:04:35 ID:.Y0ql3i600
なぜやる夫を増やす方向行かないのか、やはりオリジナルにこだわってしまうか
錬金術師が怖いのは普通なんだよな、だからマリーの頃から怪しまれてたわけで

97 : どこかの名無しさん : 2018/12/17(月) 08:53:56 ID:0NFFjez200
おつおつ
やる夫の背筋に冷たい汗が流ますわこんなんw

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • やる夫は量産型のようです Chapter4『量産狂騒曲』 第18話 (04/16)
  • すごく意味のない転生チートを頂いて転生した話 第2部 その4 (04/16)
  • すごく意味のない転生チートを頂いて転生した話 第2部 その3 (04/16)
  • やるテトは、とりあえず結婚しました 第44話 「それぞれの破れ鍋に綴じ蓋」 (04/16)
  • やるテトは、とりあえず結婚しました 第43話 「ディア フレンズ」 (04/16)
  • 読者投稿:中世における言語哲学と唯名論(代表理論について) (04/16)
  • 読者投稿:代替医療について厚生労働省のまとめサイト (04/16)
  • 読者投稿:EVのメリットと生き延びる道 (04/16)
  • 読者投稿:わたしたちのルーツ (04/16)
  • 読者投稿:日本製鉄のUSスチール買収問題 (04/16)
  • 読者投稿:小林製薬の紅麹製品問題について (04/16)
  • だーくねすふぁんたじあ 第24話 (04/16)
  • だーくねすふぁんたじあ 第23話 (04/16)
  • だーくねすふぁんたじあ 第22話 (04/16)
  • だーくねすふぁんたじあ 第21話 (04/16)
  • やる夫は魔導を極めるようです 小ネタ「とある喫茶店での歓談」 (04/16)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第二百五十九話 (04/16)
  • 国内的な小咄 おまけ どおおおおおおおおおおおおおせ翻すやろ、このおっさんの事や (04/16)
  • 国内的な小咄 おまけ 不審者すぎる…… (04/16)
  • 国内的な小咄 おまけ うっわ…… (04/16)
  • 国内的な小咄 おまけ 他にもあるし……さらに…… (04/16)
  • 国内的な小咄 おまけ 尼崎君はね…… (04/16)
  • 国内的な小咄 おまけ いや、それはない (04/16)
  • 国際的な小咄 おまけ 合わないなら無視したほうがいいよ (04/07)
  • 国際的な小咄 おまけ 夜景とGDP (04/07)
  • 国際的な小咄 おまけ ワクチンはねぇ…… (04/07)
  • 国際的な小咄 おまけ 結構ヤバイ (04/07)
  • 国際的な小咄 おまけ 理由は二つ (04/07)
  • 国際的な小咄 おまけ 伝言ゲーム! (04/07)
  • だーくねすふぁんたじあ 第20話 (04/06)
  • だーくねすふぁんたじあ 第19話 (04/06)
  • やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです 番外編9【ピンクと宣伝】 (04/06)
  • とある本の紹介ネタ (04/06)
  • すごく意味のない転生チートを頂いて転生した話 第2部 その2 (04/05)
  • すごく意味のない転生チートを頂いて転生した話 第2部 その1 (04/05)
  • たっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっくさん召喚されてきたお話 その3 (04/05)
  • たっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっくさん召喚されてきたお話 その2 (04/05)
  • たっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっくさん召喚されてきたお話 その1 (04/05)
  • 読者投稿:ダイビングに行こう40:ダイビング中のよくある身体トラブルの話 (04/05)
  • 読者投稿:読者投稿……というか質問「あの本何だっけ?」 (04/05)
  • 読者投稿:国際的な世間話(27):景気のいい理由 (04/05)
  • 読者投稿:小ネタ 地上最強刃牙展ッ!in新潟 (04/05)
  • 読者投稿:特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」 (04/05)
  • 読者投稿:ガエターノ・シレア通り (04/05)
  • ガチャれ! やる夫さん その46 (04/04)
  • ただ、生きるために。 その24 (04/04)
  • 日常が壊れた後で その7 (04/04)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 百四十一話:決着_前編 (04/04)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 雑談 (04/04)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 百四十話:誰も信じられないんじゃないか (04/04)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    代替手段模索中