スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
サイトの幅とかちょっといじってるので反映されない場合、キャッシュ削除とか更新とか試してみてください。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
2/14
できない夫達は、愛を探すようです。
1/11
やる夫たちは怪奇現象から街を護るようです!
12/29
やる夫は量産型のようです
不良娘と生徒会長
12/25
暗殺JK ルビー・ローズ 今日も憑かれてます!!
12/20
やる夫は真実を書かない
12/19
JKと呪いと時々オタク
12/7
ゼンイツは七つの宝石を取り戻すようです
12/3
スタンド使いやる夫の社会人生活
11/28
トラブルバスター キョウコ
11/25
さやかの愉快な日常生活
11/23
あんこ時々安価で無人島生活
11/11
山賊王女 第1話
11/3
理想郷の魔女たち ~賢者からの手紙~
11/2
奇跡の東堂
10/31
教えます。恋愛小説の書き方
10/22
勇気とはつまり、10円ぐらいのアレ
10/20
ホグワーツで希望は彼女を作りたい



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)

Firefox(※AAの表示は大丈夫だと思いますが、あまり確認できていません。)

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
スポンサーリンク
PR
アニメ化決定おめでとうございます!
カテゴリ
カウンター

PV


UA



Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

やる夫達は死の遊戯に抗うようです 番外編:2 ゲームマスターAIの華麗なる日常

目次

5823 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2018/10/26(金) 22:36:32.39 ID:UU6HLy70


 [2:ゲームマスターAIの華麗なる日常]

                      ___
                   ..:::::::::::::::::::::::::::::....、
                   /::::::/-――-\:::::::::\
                  /:::::::::/         ヽ:l:::::::::ヽ
.                 /:::::::::/ 厶 ―‐=ミ、 |:|:::::::::l:::.     この敵は少し強すぎるか?
                 ::::|:::::l:|イ::|:l|:::::::::|ハ:::::::ト.|:::::::::|::l:l
               |::::|:::::|:|:|::::|:l|:::::::::|_l|::::::||_|:::::::::|::|::l    スキルを少し調整して……
               |::::|:::イ|:|::::|ハ:::::::| l|:::::儿|:::::::::|::|:::l
              :::::|:::::レ厶=ミ、  ̄ ≫テ气|:::::::::|::|:::::.、
                /:::::|:::::|《ハヒ.〕    ヒ..ン |::::::::l|::|l::::::}   ガチャの稼働率及び利用層は想定通り。
             {:::|:::|:::::|ヘ ´   l     |::::::::l|::リ:::/
                  ∨:::|:::::|l:::ヽ   _ _,   , |::: :::リ/::/
                 ヽ人:::|l_ ノ ト 、     イト|:::::/厶廴_    しかし、このままだと緊張感が足りないな。
               イ「:|ヽヽ::.::.|/l ><  / ノ//::/ /`.
                 ハ |::| |\:: |、     /// /::/〃   |   そろそろイベントを――
             l | い.┘::.::.:|ニニニ7::.::└ ::/〃  l |\
           /| | \::.::.::.::|-―‐-/::.::.::.::/ l″   l|  \

 ゲームマスター『安心院なじみ』の一日はデータ確認から始まる。
 ログを眺め、整理し、そこから得られたデータを分析し、次のアップデートに繋げる。



          -‐……‐-ミ
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.     /:/:::::::::/ニ二二二二ヽ::::ヽ
   .':::i:::::::::::i:l:::::l:::::!:::::i::l:::i:::',::::::,
    i::::l:::::::::::N、:::L::」::::_N::」:トi}:::::i
    |::::l:::::::::::l  ○     ○  !::::|
    {:::::',:::::::::| xwx   ,   xwノ::,′
.    \:ヽ::::::|≧=‐- -‐i⌒ヽ::/
  ∠二>、\!´:::::\─|:::}二ニ}
    /:::::/  / `ヽ、:V:ィリ  ノ

 と、ここまでを見て疑問に思った人は多いだろう。
 彼女はなぜ『デスゲームを真面目に管理している』のか?




5824 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2018/10/26(金) 22:44:31.75 ID:UU6HLy70



;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;: | .l
;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;:;:;:;:;  | .l
;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;;;;;;;;;:;:;:::::  |´
;;;;;;;;;;:;:;:;:;| ;:;:;:;:;::::::   |
;;;;;;;;:;:;:;:;:;| :;:;::::::::  l |
;;;;;:;:;:;;:::;:;|  ::::::   /l |
;;;;;:;:;:;:;: `‐´   // /                ,--、
;;;;:;:;:;:;:;:;:;:   ,./l/  /ト、         ,,ィ''^\   {  ヽ
;;;:;:、_‐┬┬‐' l/  //;:;:;ト、        _i´ ヽ,_丿、  ヽ:::‐´ヽ     /`ヽ
;;;:;:;: `.┴┴‐'´  //;:;:;:;|  ̄弋─-- {,ヽ-‐ヽ::  \__ヽ::::  ヽ   /  /
;;;;;:;:;::::::::::::::::::  //:;:;:;:;:;|    \   l¨ヽ:: ヽ::::  \ ヘ::::  '、--i::  |
;;;;\:::::::::::    //:;:;:;_:;:;:|      ヽ   l:: ヘ::: ヽ:::::  ヽ '、:::  ヘ |::::: |
;;;;\\__//;:;/ l;:;:|ヽ、     >  l:::: ヽ::: \:::::  ヽヽ::::  ∨:::: ト
.\ \__//   l;:;:|  ヽ、 /   i::::::\:::: ヽ、:::  `y:::::  ヽ::: | i
  \/^\/    l;:;:|  ::::: ``ヽ、    l::::::::ヽ::::::: i:::   ::      | ヽ
   く    ,>、    l;:;:|   :::::    `ヽ、 l:::::::::::ヽ:::::::  ::::::   ::    | |
 /;;;;ヽ  /;:;:;:\  .l:;:|   ::::::     / ヽ::::::::: :::::::::: ::::::   ::   ;;| |
/;;;;;;;;;;;;/|::|ヽ;;:;:;:;:;:;:;\l;:|  ::::::::    /:   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::     ;;;;|;;;;|

 多くの創作において、デスゲームとは『理不尽の象徴』である。
 運営だけが知るトラップにプレイヤーが苦しみ、その様を眺めあざ笑う……
 そういった、『アンフェア』にいかに抗うかがデスゲームのキモだと言っても過言では無いだろう。



::::::::::::l:::::l:::l:::::::l:::l::::l::::::::::::::::::::', ';::l:::::::::
::::::::l:::|:::::!::|...::::|::;--、::::::::::::::::::::i .';:!:::::::
:::::::::!::l:::::l:::!:::::::!::', ';:::::::::::::::::::::l l|:::::::
::::::::::!:|:::l:l::';:::::::l::::', ';_____l ヽ-‐
::::::::::l:l:::li:', ';:/´ ..__
:::::::::::!:!::llハ _,ァ‐≦ ̄ ̄ミ、
::::::::::::'l:::iヘ}.≦l{ 弋 -、::::::l
::::::::::::::';::lハ<三.、ヽ'_ノ
';::::::::::::::';l|、ヘ           :l
::!::::::::::::::';l. ヽハ             .::l
::l:::::::::';:::::';>.._ヘ            ::ヽ
:::l::::::::::';:::::';:::ヽ:::ヘ
::::';::::::::::';:::::';::::丶::.ヽ.       ー―‐
ト、:';::::::::::';:::::i、:::::.ヽ::::::`::...        ̄
l:::.\::::::::::.,::::';\::::.\::,-- >...
V ::::..\::::::ヽ::',::..\:`/ ノ!l ̄ヘ >...

 では、彼女がプレイヤーに甘かったのかと言うとそうでもなく――
 彼女は単に、プレイヤーの命にそこまで拘らなかっただけである。


5825 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2018/10/26(金) 22:47:59.12 ID:UU6HLy70



        /.:::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::
        ,:':::/:/_  ̄ `ヽ::::.∨::::::::::::
      .,’:::;':/    .__\:∨:::::::::
        .i:::::;:/  _.....r:::<::二:Ⅵiト、__
      l:::::i{/i:|l::::|:l:i::::::lⅣ:::Ⅵ
       l:::::l|i:::l|:||l:::|从:::_||_l:_:'ト:.|.l:
       |l::l:l||:::l|.||lノ´ :レ'ィz=≦z|:::|.|:
       |l::l:l||科ミ     .}z:ノ〃.|:::|.|:
       |l::|从代:j        |:::|.|:
       ||::|::l:ハ   .{       |:::|:!:
       ||::|::|i从       _,  |:::l.l::
      l|::|::|从ヘ、. `      ,|:::{ノ:
      .|::|::|l|∧li\    ./:l::/::::

 『安心院なじみ』がその気になれば残る94%のプレイヤーを『削除』する事など造作でもない。
 それはVR社も、真の開発者も、そして他ならぬ彼女自身も把握している事である。



          -‐……‐-ミ
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.     /:/:::::::::/ニ二二二二ヽ::::ヽ
   .':::i:::::::::::i:l:::::l:::::!:::::i::l:::i:::',::::::,
    i::::l:::::::::::N、:::L::」::::_N::」:トi}:::::i
    |::::l:::::::::::l  =     =  !::::|
    {:::::',:::::::::| u.     ,    ノ:::,′
.    \:ヽ::::::|≧=‐- -‐=≦l:::/
  ∠二>、\!´:::::\─|:::`>、l/
    /:::::/  / `ヽ、:V:イノ |

 だからこそプレイヤーを『殺す』仕掛けよりも『反応を見る』仕掛けに重きを置き
 ここまでのデスゲームは運営されて来たのである。


5827 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2018/10/26(金) 22:54:35.89 ID:UU6HLy70



        /::::::::/:::::|::::i:::/,ィi::::::::}::::{:::::| i:::::::::::}:::::::::::}::::}:::::i i:::::::}::}::::\ ./::::::::::::::::}::ハ
      /::::::::::;::::::::|::::|::{:::::::}::::::i|:::i|:::::| .i::::::::::|i::::::::ハ::::}i::::i }::::::i::i:::::::::/::::::::::::::::::::i::∧
     ;::::::::::::;:::::::::i::::i::i:::::/i::::::||:::ハ::::ト、i::::::::::||:::::/ }::ハ::::「}:::::j{:::::::::/::::::::/:::::::::::::i::::::}
     ;:::::::::::::i::::::::::|:::i:レヘ{ .レヘ} ^ レ' └‐ ┘i/  リ ゙┘L::ノ{___::/::::::::/:::::::::::::::i:::::::|
      {:::::::::::::|::::::::::|:::|:{ `ゝ≫‐‐‐‐ テミ、       彡‐‐‐‐‐テ7::::::::/:::::::::::::::::i::::::::i
     i:::::::::::::{::::::::::i:::i!{  `ヽ 乂’ノ_/         ヽ .乂’ノ./:::::/:::::::::::::::::::i::::::::i
     ∨:::::::::{::::::::::|::::{、i      ̄              ̄./::/:::::::::::::::::::::::/::::::/, 、
   /`∨:::::::i::::::::::|::::{ ヘ            |::::...      /::/::::::::::::::::::::::::::/::::::/  ` 、
_   '   ∨:::::i::::::::::|::::i  ヽ            !::::::::.  ./::/:::::::::::::::::::::::::::::/::::::/     ` 、

 だが、忘れてはならない。

 彼女が今回のデスゲームを引き起こした理由はあくまでも
 『極限の状態において、人がどのような未来を作り出そうとするのか』を観察する為である。



       ./..::::::::≧ミ、:::::::.、::::::::::::::::
       /.:::::/  ´ ̄:.\:::.∨:::::::::::
      ,:::::::;′    ...._\∨::::::::
       i::::::j >.‐::l::::::::_li_∨}`ー'
        l:::::ノイ:|:|l::::::ト;ィ´|:|∨::`;:::、:l、
        |::::i|ィ¨|:||::::::|从_|」└‐ミi :::||:
        |::::||l:斗||_:ノ´  _  ,, l|::::||:
        |::::||イ  _,   ミ=≠゙  l::::||:
        |::::|l::ミ≠' .i        |l::|l::
        |::::|l::::',   :、      |l::|!::
        |::::||:::∧     .,   .|l::|:::
        |::::l|:::|l::ヽ. `     ノ:::::::
       l::::l|:::l乂ト:\    ./ |:::::::

 ここまでの期間はあくまでも『下地』を整えていたに過ぎない。
 120日目、これより本当のデスゲームが幕を開ける。

 『安心院なじみ』ですら想定しない未来が、その先に現れると信じて――


5828 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2018/10/26(金) 23:00:36.36 ID:UU6HLy70



        _r-、-‐=‐- j[j[j
     ァア´/          `く⌒司
     ./ / ∧     }\   ヽ≦弋_     番外編2はここまでです。
    / /__/{/ \___ト、__{-‐|   ∨{ ̄
   ./ /==、ヾ     ´ ,ィ==、L____ \
  ,イi ,i{ |ミ|         |ミ| }i| /¨`Y \_    これが人間の黒幕ならモニター眺めてほくそ笑んでも良いのですが
/ イ{   Li       Li  i} /,ィ ノ1、{ ̄
   圦⊂⊃      ⊂⊃i |ーイ 《{      AIだと華麗もクソもなく保守作業の毎日なんだよね……
     ≧‐- __---_ -‐≦/..|{≫≪}
    ノミ{ r=7ヾy/≧y ノ___|{><}
        弋[_]つ ト、}    {><ソ      『バグが原因で思ったような結果が出ない』のは彼女も望んでいないので
       ノ   厶ノト、   {><ソ
      /`7:::i:::t:::i:::f:ヾ:ゝ}≧0≦{      その辺りは割としっかり管理されています。
      ` T.._f--f.._T ´   弋ゝ
        |::¨| ..|::¨|
         ー'   ー'




        _r-、-‐=‐- j[j[j
     ァア´/          `く⌒司
     ./ / ∧     }\   ヽ≦弋_     それに加え外からはVR社の主力開発者達、
    / /__/{/ \___ト、__{-‐|   ∨{ ̄
   ./ /==、ヾ     ´ ,ィ==、L____ \       内からは藍染による解析・ハッキング工作が続いているので
  ,イi ,i{ |ミ|         |ミ| }i| /¨`Y \_
/ イ{   Li       Li  i} /,ィ ノ1、{ ̄    彼女の処理能力でも楽勝とまでは行きません。
   圦⊂⊃      ⊂⊃i |ーイ 《{
     ≧‐-  `_-_'  -‐≦/..|{≫≪}
    ノミ{ r=7ヾy/≧y ノ___|{><}       淡々とイベントを起こし、淡々と処理し、結果を眺めるのが
        弋[_]つ ト、}    {><ソ
       ノ   厶ノト、   {><ソ        彼女のスタンスといった所です。
      /`7:::i:::t:::i:::f:ヾ:ゝ}≧0≦{
      ` T.._f--f.._T ´   弋ゝ
        |::¨| ..|::¨|
         ー'   ー'


5829 : ◆6qv77Xjx0Afz : 2018/10/26(金) 23:07:33.38 ID:UU6HLy70



        _r-、-‐=‐- j[j[j
     ァア´/          `く⌒司
     ./ / ∧     }\   ヽ≦弋_    メタ的な話、黒幕の日常を軽くし過ぎると
    / /__/{/ \___ト、__{-‐|   ∨{ ̄
   ./ /==、ヾ     ´ ,ィ==、L____ \      『本編の重みまで無くなる』のでその辺りが難しいです。
  ,イi ,i{ |ミ|         |ミ| }i| /¨`Y \_
/ イ{   Li       Li  i} /,ィ ノ1、{ ̄
   圦⊂⊃      ⊂⊃i |ーイ 《{      あと、『多くの創作において――』の一文は>>1の
     ≧‐- __---_ -‐≦/..|{≫≪}
    ノミ{ r=7ヾy/≧y ノ___|{><}      デスゲーム感によるものです。
        弋[_]つ ト、}    {><ソ
       ノ   厶ノト、   {><ソ
      /`7:::i:::t:::i:::f:ヾ:ゝ}≧0≦{      よくデスゲームで理不尽な死が有ると作者が叩かれますが
      ` T.._f--f.._T ´   弋ゝ
        |::¨| ..|::¨|             その辺りの風潮が個人的に少し引っかかったりします。
         ー'   ー'




        _r-、-‐=‐- j[j[j
     ァア´/          `く⌒司
     ./ / ∧     }\   ヽ≦弋_    むしろデスゲームは『理不尽? ブッ壊してやるよオラァ!』みたいに
    / /__/{/ \___ト、__{-‐|   ∨{ ̄
   ./ /==、ヾ     ´ ,ィ==、L____ \     理不尽上等で突っ込んでいくものだと>>1は思っているのですが、
  ,イi ,i{ |ミ|         |ミ| }i| /¨`Y \_
/ イ{   Li       Li  i} /,ィ ノ1、{ ̄   どうも私みたいな考えは少数派みたいでして……
   圦⊂⊃      ⊂⊃i |ーイ 《{
     ≧‐-  `_-_'  -‐≦/..|{≫≪}
    ノミ{ r=7ヾy/≧y ノ___|{><}     読者が許容する『デスゲームの理不尽』ってどの辺りまでなのかなと
        弋[_]つ ト、}    {><ソ
       ノ   厶ノト、   {><ソ      作者として頭を悩ませる毎日です。
      /`7:::i:::t:::i:::f:ヾ:ゝ}≧0≦{
      ` T.._f--f.._T ´   弋ゝ
        |::¨| ..|::¨|            では、次の番外編へ!
         ー'   ー'

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • ぼっちやる夫君 その37 (02/20)
  • ぼっちやる夫君 その36 (02/20)
  • SaGa3の世界に転生してしまった件 (02/20)
  • 国内的な小咄 おまけ 絶対に牛! (02/20)
  • 国内的な小咄 おまけ でかすぎるターニングポイント (02/20)
  • 国内的な小咄 おまけ クイズ (02/20)
  • 国内的な小咄 おまけ 〇K (02/20)
  • 国内的な小咄 おまけ がんばて考えた結果 (02/20)
  • 国内的な小咄 おまけ ないんだな、これが (02/20)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 第百話:HOPE JOESTAR_前編 (02/20)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 第九十九話:夏休み_拓屋_その② (02/20)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 第九十八話:夏休み_拓屋_その① (02/20)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 第九十七話:夏休み_古代魔術_その① (02/20)
  • やる夫たちでソードワールド ソシャゲPT! 3 (02/19)
  • やる夫たちでソードワールド ミアキスPT! 5 (02/19)
  • やる夫たちでソードワールド 壁PT! 9 (02/19)
  • やる夫たちでソードワールド 海賊PT 11 (02/19)
  • やる夫たちでソードワールド ソードワールド小話 〇〇だらけPT (02/19)
  • やる夫たちでソードワールド 新魔剣考案 ~ 人妻冒険者 ~ 露払いアーチャーを作ってみた (02/19)
  • やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです 第56話【ピンクと契約】 (02/19)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 - 第四拾五話 告白 (02/19)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 - 本編とは直接関係のない埋めネタ 1 (02/19)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 第九十六話:夏休み_生徒会_その② (02/19)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 第九十五話:夏休み_生徒会_その① (02/19)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 第九十四話:最初の朝 (02/19)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 第九十三話:夏休みのハジマリ (02/19)
  • 目次 slip back (k)not (02/18)
  • slip back (k)not EP.2 重見天日 (02/18)
  • slip back (k)not EP.1 日出帯蝕 (02/18)
  • 目次 できない夫達は、愛を探すようです。 (02/18)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第二百五十三話 (02/18)
  • やるテトは、とりあえず結婚しました 第36話 「たぶん、きっと、ずっと」 (02/18)
  • やる夫たちでソードワールド チョッパーの布教旅! 26 (02/18)
  • やる夫たちでソードワールド チョッパーの布教旅! 25 (02/18)
  • やる夫たちでソードワールド チョッパーの布教旅! 24 (02/18)
  • やる夫たちでソードワールド チョッパーの布教旅! 23 (02/18)
  • やる夫たちでソードワールド 暴走御令嬢PT! 3 (02/18)
  • やる夫たちでソードワールド 太陽神官キル夫PT! 4 (02/18)
  • 国際的な小咄 おまけ サムスンのスマホを破壊する馬鹿 (02/18)
  • 国際的な小咄 おまけ もっというと (02/18)
  • 国際的な小咄 おまけ ドイツのGDPの強さ (02/18)
  • 国際的な小咄 おまけ みんな、眼を閉じて…… (02/18)
  • 国際的な小咄 おまけ だいたいこの書きこみ群が正解だと思う (02/18)
  • 国際的な小咄 おまけ 入れるな! 除け! (02/18)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 第九十二話:IMAGINARY_LIKE_THE_JUSTICE-その③ (02/18)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 第九十一話:IMAGINARY_LIKE_THE_JUSTICE-その② (02/18)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 第九十話:IMAGINARY_LIKE_THE_JUSTICE-その① (02/18)
  • 希望と絶望と異常な魔法学校~私立ヴォルデモート幼稚園~ 埋めネタ ホープ(自分) アイギス(相手)で相性占い (02/18)
  • やる夫が異世界で前を向いて生きるようです 小話 たまには懐かしい話でも 22 (02/18)
  • やるゆかまきのイナカデビルサバイバー その11 (02/18)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    代替手段模索中